本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

nifty-delete-image

処理概要

API「DeleteImage」が実行されます。

指定したカスタマイズイメージを削除します。

削除中のカスタマイズイメージを指定してサーバー作成を行った場合は、サーバー作成からエラーが返されます。
カスタマイズイメージを選択して作成されたサーバーのOSイメージ名は、カスタマイズイメージの削除が完了すると、イメージ化したサーバーのOS名が返されます。

コマンド構文

nifty-delete-image OSイメージID

オプション

なし

出力要素

※ニフクラAPIの応答フィールド名を記述します。

  • IMAGE / imageId

実行サンプル

PROMPT>nifty-delete-image customimage
IMAGE 10022

ニフクラ サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2020年12月16日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上