本文へジャンプします。

ニフクラ APIリファレンス

nifty-delete-ssl-certificate

処理概要

API「DeleteSslCertificate」が実行されます。

指定したSSL証明書を削除します。

指定したSSL証明書のステータスが「期限切れ」「失効」「発行エラー」以外の場合は、エラーが返されます。またアップロードしたSSL証明書は、ステータスに関わらず削除できます。

SSL証明書を指定するためには、SSL証明書の発行識別子(fqdnId)が必要です。削除済みのSSL証明書を指定した、管理外のSSL証明書を指定したなど、無効なSSL証明書を指定した場合は、エラーが返されます。

コマンド構文

nifty-delete-ssl-certificate  SSL証明書の発行識別子

オプション

なし

出力要素

※ニフクラAPIの応答フィールド名を記述します。

  • CERTIFICATE / fqdnId

実行サンプル

PROMPT>nifty-delete-ssl-certificate 112
CERTIFICATE 112

ニフクラ サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2020年11月25日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上