本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>コンピューティング>リモートアクセスVPNゲートウェイ:Windows 10のリモートアクセスVPNゲートウェイ利用方法

リモートアクセスVPNゲートウェイ:Windows 10のリモートアクセスVPNゲートウェイ利用方法

Windows 10からリモートアクセスVPNゲートウェイを利用する手順です。

構成

クライアント端末がWindows 10の場合の利用手順です。

手順環境
Windows 10 (1709)
リモートアクセスVPNゲートウェイの構成
プライベートLAN CIDR 192.168.0.0/24
プライベートLAN IPアドレス 192.168.0.254
ネットワークプール CIDR 10.0.0.0/24
ネットワークプール GW IPアドレス 10.0.0.254

セットアップ

クライアント証明書のインポート

リモートアクセスVPNゲートウェイにCA証明書を設定している場合には、端末にクライアント証明書をインポートする必要があります。
(リモートアクセスVPNゲートウェイにCA証明書を設定していない場合には、 クライアントソフトウェアのセットアップ へ進んでください)

端末上で作成した クライアント証明書(PKCS #12形式) をダブルクリックし、証明書のインポートウィザードでクライアント証明書をインポートします。

次へ

証明書のインポートウィザード

ファイル名を確認し、次へ

証明書のインポートウィザード

クライアント証明書作成時にExportパスワードを設定している場合には、パスワードを入力します。

証明書のインポートウィザード

次へ 証明書のインポートウィザード

インポートする内容を確認します。 証明書のインポートウィザード

正常にインポートが完了すると以下の画面が表示されます。 証明書のインポートウィザード

クライアントソフトウェアのセットアップ
  1. クライアントソフトウェアのダウンロード
    ニフクラ コントロールパネル上に表示される、リモートアクセスVPNゲートウェイの クライアントダウンロードURL へアクセスします。
    ※Internet Explorer または Google Chromeのブラウザでアクセスしてください。
    クライアントソフトウェアのダウンロード
    リモートアクセスVPNゲートウェイ: 基本情報
    リモートアクセスVPNゲートウェイに設定したユーザー名、パスワードを入力しログインします。
    クライアントソフトウェアのダウンロード
    ログイン後、ダウンロードリンクをクリックしクライアントソフトウェアをダウンロードします。
    クライアントソフトウェアのダウンロード
  2. クライアントソフトウェアのインストール
    ダウンロード完了後、zipファイルを展開し、installer.exe を実行します。(管理者権限が必要です)
    クライアントソフトウェアのダウンロード
    インストーラーが起動し、インストールが完了するとクライアントソフトウェアが起動します。
    クライアントソフトウェアのダウンロード

接続

  1. クライアントソフトウェアの起動
    デスクトップ上のVMwareTrayアイコンをダブルクリック、またはタスクトレイからログインを選択しクライアントソフトウェアを起動します。

    接続 接続

  2. プロキシの設定
    プロキシサーバー配下のネットワークの場合、設定からプロキシ設定タブを選択し、プロキシサーバーを設定します。

    接続 接続

  3. ログイン
    接続するネットワークを選択し、ログインボタンを押します。
    接続
    プロキシサーバー配下のネットワークかつ、認証プロキシをご利用の場合、プロキシサーバーの認証情報を入力します。
    接続
    リモートアクセスVPNゲートウェイにCA証明書を設定している場合、クライアント証明書認証によるログインが行われます。
    端末にインポートしたクライアント証明書を選択します。
    接続
    リモートアクセスVPNゲートウェイのユーザー認証を行います。
    設定したユーザー名、パスワードを入力します。
    接続
    ログインが成功すると以下の画面が表示されます。
    接続

確認手順

クライアントソフトウェアで状態を確認

デスクトップ上のVMwareTray アイコン、またはタスクトレイのアイコンをダブルクリックする事で、クライアントソフトウェアの接続状態を確認する事が出来ます。
ステータスが接続中である事を確認します。

状態

pingコマンドによる疎通確認

リモートアクセスVPNゲートウェイのネットワークプールのGW IPアドレスにpingコマンドで疎通確認を行います。

ping 10.0.0.1

10.0.0.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
10.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
10.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 =1ms TTL=128
10.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 =1ms TTL=128
10.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 =1ms TTL=128

10.0.0.1 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 0ms、最大 = 1ms、平均 = 0ms

次にリモートアクセスVPNゲートウェイのプライベートLAN IPアドレスへpingコマンドで疎通確認を行います。

ping 192.168.0.254

192.168.0.254 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.0.254 からの応答: バイト数 =32 時間 =41ms TTL=64
192.168.0.254 からの応答: バイト数 =32 時間 =21ms TTL=64
192.168.0.254 からの応答: バイト数 =32 時間 =22ms TTL=64
192.168.0.254 からの応答: バイト数 =32 時間 =22ms TTL=64

192.168.0.254 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 21ms、最大 = 41ms、平均 = 26ms

リモートアクセスVPNゲートウェイのプライベートLAN IPアドレスへの疎通が確認出来れば、SSL-VPNを経由したプライベートLANへの通信が可能な状態です。

切断

タスクトレイのログアウト、またはデスクトップ上のVMwareTray アイコンをダブルクリックし、ログアウトボタンを押します。

切断 切断

確認ダイアログではいを選択します。

切断

アンインストール

タスクトレイからアンインストールを選択します。

アンインストール

アンインストールを実行するか確認画面が表示されます。はいを選択します。

アンインストール

アンインストール後にはシステムの再起動が必要になります。

アンインストール

ニフティクラウド サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上