本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>Hatoba(β)>プライベートLANにクラスターを作成する

Hatoba(β):プライベートLANにクラスターを作成する

ここでは、お客様のプライベートLANに接続された Kubernetesクラスターを作成する方法を説明します。

ステップ1:プライベートLAN作成

クラスターを接続するプライベートLANを作成します。 既にご利用のプライベートLANにクラスターを作成する場合は本ステップはスキップします。 Hatoba(β)が利用できるゾーンにプライベートLANを作成して下さい。

  1. コンパネ左上のプルダウンメニューから「ネットワーク」を選択します

    コンパネ-ビッグメニュー-ネットワーク

  2. ネットワーク図左上プルダウンから、利用するゾーンを選択します。(ここでは、 east-12 ゾーンを選択します)

    コンパネ-ネットワーク-ゾーン選択

  3. ネットワーク図左上「ネットワーク上での操作」プルダウンメニューから、「プライベートLAN作成」を選択します。

    コンパネ-ネットワーク-プライベートLAN作成

  4. プライベートLAN名、ゾーン、CIDR、料金プランを入力し、「確認へ」をクリックします。

    コンパネ-ネットワーク-プライベートLAN情報入力

  5. 入力内容を確認し、「作成する」をクリックします。

    コンパネ-ネットワーク-プライベートLAN情報確認

ステップ2:DHCPサーバー(ニフクラルーターを利用)作成

Hatoba(β)で作成される Kubernetes クラスターノードにユーザーのプライベートLANのIPアドレスを割り振るために、ニフクラのルーターを利用します。

  1. 左メニューから「DHCPコンフィグ」を選択し、「DHCPコンフィグ作成」をクリックします。

    コンパネ-ネットワーク-DHCPコンフィグ画面

  2. 「自動割当IPアドレス」欄に、開始IPアドレス、終了IPアドレス、メモを入力し、「作成する」をクリックします。

    • 開始IPアドレス:プライベートLANに設定したIPアドレス帯から選択します。
    • 終了IPアドレス:プライベートLANに設定したIPアドレス帯から選択します。開始IPアドレスよりも値の大きいアドレスを設定します。
    • メモ:必要に応じてメモを設定します。

    作成されたdhcpコンフィグIDを控えておきます。

    コンパネ-ネットワーク-DHCPコンフィグ情報入力

  3. 左メニューから「ネットワーク」を選択し、ネットワーク図左上「ネットワーク上での操作」プルダウンメニューから、「ルーターLAN作成」を選択します。

    コンパネ-ネットワーク-ルーター作成

  4. ルーター名、ゾーン、タイプ、料金プランを入力し、「ネットワーク選択へ」をクリックします。

    • ルーター名:任意のルーター名を設定します。
    • ゾーン:先の手順で作成したプライベートLANまたは既存のプライベートLANと同一のゾーンを選択します。

    コンパネ-ネットワーク-ルーター情報入力

  5. 「ネットワーク追加」をクリックし作成された欄に、ネットワーク、IPアドレス、DHCP、DHCPコンフィグ、DHCPオプションを入力して「ファイアウォール設定へ」をクリックします。

    • ネットワーク:先の手順で作成したプライベートLAN名、もしくは既存のプライベートLANを選択します。
    • IPアドレス:プライベートLANに設定したIPアドレスの中で利用可能なIPアドレスを設定します。ここでは、10.0.0.1 を設定します。
    • DHCP:DHCPサーバーとして構築するため、「有効」を設定します。
    • DHCPコンフィグ:先の手順で作成したDHCPコンフィグを設定します。

    コンパネ-ネットワーク-ルーターネットワーク入力

  6. ファイアウォールを設定し、「確認へ」をクリックします。

    • ファイアウォール:必要に応じて設定します。ここでは「適用しない」を設定します。

    コンパネ-ネットワーク-ルーターFW入力

  7. 設定内容を確認し、「作成する」をクリックします。

    コンパネ-ネットワーク-ルーター情報確認

ステップ3:クラスター作成

  1. 左メニューから「クラスター」を選択します。

  2. 左上の「クラスター作成」を選択します。

    クラスター

  3. 「01 基本設定」タブでクラスター全体の設定を行い、「ノードプール設定へ」をクリックします。

    01 基本設定

  4. 「02 ノードプール設定」タブでノードプールの設定を行い、「確認へ」をクリックします。

    02 ノードプール設定

  5. 「03 確認」タブで設定内容を確認し「作成する」をクリックします。

    03 確認

  6. 作成したクラスターのステータスが「作成中」から「稼働中」になれば、クラスターを利用することができます。 作成するノード数やサーバータイプによって、クラスターが「稼働中」となるまでに時間のかかる場合があります。

    クラスター稼働中

推奨画面サイズ 1024×768 以上