ニフクラ Information

このページではニフクラのトラブル・メンテナンス情報をお知らせしていきます。
 « [完了]DSaaSメンテナンスのお知らせ【12/15】 2017年2月のSSL証明書メンテナンス予定について » 
2017年1月 1日(日)

重要なお知らせ【再掲】2017年1月1日のうるう秒対応につきまして

うるう秒経過後のニフティクラウドのインフラ基盤動作状況につきまして、問題がないことを確認いたしました。
本年もニフティクラウドをよろしくお願いいたします。

2017年1月1日11時10分 追記
---------------------------------------------------

2017年1月1日に実施されるうるう秒の調整につきまして、確認方法を改めてご連絡させていただきます。
なお、うるう秒経過後のニフティクラウドのインフラ基盤動作状況につきましては、本記事よりご案内を予定しております。

2016年12月1日19時15分 追記
---------------------------------------------------

2017年1月1日に実施されるうるう秒の調整につきまして、ニフティクラウドの対応方針をご案内いたします。  

ニフティクラウドでご提供しているサーバーの初期設定では、VMware Toolsを用いてニフティクラウドの仮想化基盤を構成する物理ホストサーバーと時刻を同期しております。

上記物理ホストサーバーは2017年1月1日(日) 8時59分59秒の後、「8時59分60秒」は刻みません。9時0分0秒以降、徐々に日本標準時と同期をいたします。

【 お客様対応について 】

1.OS作成時からサーバーの時刻同期設定を変更していない場合

「60秒」は刻まず、生じた1秒の誤差はミリ秒単位で徐々に解消いたします。

2.お客様で外部NTPサーバーを参照している場合

お客様サーバーの環境や導入されているソフトウェアにより対応が異なります。

2-1.Windows系OSにて稼働しているサーバーの場合

うるう秒に関する影響はございません。

Microsoft社にうるう秒に関するサポートページが掲載されておりますので、こちらをご覧ください。

2-2.Linux系OS(RHEL,CentOS,Ubuntu)にて稼働しているサーバーの場合

以下の条件の場合、うるう秒の「8時59分60秒」が発生し、対策を行っていただく場合がございます。
  • OSやソフトウェアの参照先外部NTPサーバーがうるう秒を刻む設定かつ、
    OSにうるう秒対策用のHotfixを適用していない場合

対応策としていずれかを実施してください。

  • OSにうるう秒対策Hotfixを適用し、NTPデーモンにてSLEWモードで外部NTPサーバーから時刻を同期する、またはうるう秒を刻まない外部NTPサーバーから時刻を同期する。
  • NTPデーモンでの時刻同期を無効化し、VMware Toolsを使って上記物理ホストサーバーと時刻同期を行う。
  • ※VMware Toolsの再起動やサーバー自体の再起動を行うと強制的にVMware Toolsを使って上記物理ホストサーバーと時刻同期を行います。
  • ※ワンデイスナップショットの作成やリストア時もVMware Toolsを使って上記物理ホストサーバーと時刻同期を行います。

うるう秒の対応について詳しくは以下のPDF資料をご覧ください。

対応についてご不明点がございましたら、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

投稿者 ニフクラスタッフ 2017年1月 1日(日) | 固定リンク
 « [完了]DSaaSメンテナンスのお知らせ【12/15】 2017年2月のSSL証明書メンテナンス予定について »