ニフクラ Information

このページではニフクラのトラブル・メンテナンス情報をお知らせしていきます。
 « 9月27日 ニフクラサービスに関する重要なお知らせ 脆弱性診断サービス Powered by イエラエセキュリティ リリースのお知らせ » 

平素はニフクラをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2018年9月27日(木)に機能追加・変更したサービスと、今後新規受付終了する
予定のサービスをお知らせいたします。

それぞれ以下の内容をご確認ください。

(1)RDBのMySQL5.5新規受付終了について

 【対象サービス】
  RDB

 【変更内容】
  RDBで提供しております、DBエンジンMySQL 5.5系の新規受付を
  終了させていただきます。
  MySQL 5.5系終了後も以下の操作は継続して可能です。
  ・MySQL 5.5系の現在既に稼動しているDBサーバーの継続利用および、
   コントロールパネル / API操作。
  ・MySQL 5.5系のDBサーバーを元にリードレプリカを作成。
  ・MySQL 5.5系のDBサーバーを元にDBスナップショットを作成。
  ・MySQL 5.5系のDBサーバーを元に作成したDBスナップショットを使用した操作。
    1).当該DBスナップショットを使用したリストア。
    2).当該DBスナップショットのコピー作成。
  ・MySQL 5.5系で冗長構成の場合のフェイルオーバー。
  ・MySQL 5.5系のDBパラメーターグループのコントロールパネル / API操作。

 【新規受付終了日】
  2019年3月27日(水) 新規受付終了予定

(2)ニフクラスクリプトの機能エンハンスについて

 【対象サービス】
  スクリプト

 【変更内容】
  ニフクラスクリプトについて、それぞれ下記の機能追加・変更をいたします。

  1).アクセス元 IP アドレスの公開
   スクリプト実行時のアクセス元 IP を技術仕様ページにて公開します。
   これにより、アクセス制限がかかったリソースについても、
   アクセス元 IP を許可することでアクセスが可能になります。

   技術仕様ページについてはこちらをご確認ください:クラウド技術仕様(スクリプト)

   ※アクセス制限のかかったリソースに対してスクリプトのアクセス元 IPを許可すると、
    スクリプトをご利用中のほかのお客様からもアクセスできるようになります。
    必要に応じて認証機能を設けるなどの対処をご検討ください。

  2).アップロード可能なスクリプトのファイルサイズ上限変更
   アップロード可能なスクリプトのファイルサイズ上限を
   8KBから32KBへ変更いたします。

  3).Node.js利用可能バージョンアップ
   2018年9月13日(木)に別途お知らせいたしましたが、
   Node.js 8.11.3 をスクリプトで利用可能なバージョンに追加いたします。

   2018年9月13日(木)のお知らせについてはこちらをご確認ください。
    ニフクラスクリプト Node.js利用可能バージョンアップのお知らせ

 【変更日】
  2018年9月27日(木)

(3)VMインポートの機能エンハンスについて

 【対象サービス】
  VMインポート

 【変更内容】
  VMインポートについて、それぞれ下記の機能追加・変更をいたします。

  1).エラーメッセージ表示改善
   OVFファイルがVMインポートの制限事項を満たさない場合、
   従来「OVFファイルが不正です。」としか表示されなかったものを、
   APIが返却しているエラーメッセージもあわせて表示されるよう変更いたします。

  2).VMインポート時の超過ディスク容量の表示
   コントロールパネルのサーバー詳細画面より、
   VMインポート時に超過ディスクが発生した場合の
   超過ディスク要領を確認できる項目を追加いたします。

 【変更日】
  2018年9月27日(木)

(4)バックアップ/DRサービス for VMware vSphere®のWeb記載内容変更について

 【対象サービス】
  バックアップ/DRサービス for VMware vSphere®

 【変更内容】
  サービスページ中のクライアント側ソフトとの互換バージョンの
  記載について、実態と異なる記載となっておりましたので、
  修正させていただきます。
  また、本サービスのPDF資料についても、同記載の修正をいたします。

 【変更日】
  2018年9月27日(木)

(5)ニフクラDNSのドメイン移管対応について

 【対象サービス】
  DNS

 【変更内容】
  コントロールパネルより、他ドメイン事業者で取得した
  ドメインのニフクラDNSへの移管が可能になります。

  ※ニフクラDNSで管理しているドメインの他ドメイン事業者への
   移管(転出)については、2019年1月の実装を予定しております。

 【変更日】
  2018年9月27日(木)

(6)Windows Server 2016 Standard
   + Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)
   スタンダードイメージ提供開始について

 【対象サービス】
  OS

 【変更内容】
  Windows Server 2016 Standardシリーズの追加ラインナップとして
  Remote Desktop Services(RDS)対応版スタンダードイメージの
  提供を開始します。

  コントロールパネルの表示は以下となります。
   Windows Server 2016 Std + RDS

  ※本OS特有の制限事項はなく、従来のRDB対応OSと同様の仕様となります。

 【変更日】
  2018年9月27日(木)

(7)バックアップサービスの提供開始について

 【対象サービス】
  バックアップ

 【サービス内容】
  サーバーに対し、定期バックアップ取得を基本とした
  複数世代保持可能なバックアップ機能をリリースいたします。

 【提供ゾーン】
  east-11,east-12

 【提供開始日】
  2018年9月27日(木)

(8)Red Hat Enterprise Linuxのライセンス表記変更について

 【対象サービス】
  OS

 【変更内容】
  Red Hat Enterprise Linuxのライセンス表記について、
  現在の6vCPUベースの表記から、4コアベースの表記へ変更いたします。

  ・変更前(一例)
   6vCPU未満
   6vCPU以上
  ・変更後
   4コア以下(6vCPU未満のサーバー)
   5コア以上(6vCPU以上のサーバー)

  表記変更の対象は以下のページおよび、コントロールパネルの「料金明細」です。
   クラウド料金一覧
   Red Hat Enterprise Linux (サブスクリプション付き)

 【変更日】
  2018年9月27日(木)

ニフクラは、今後もサービス・機能強化をはかり、皆さまに快適かつ
安心・安全にご利用いただけるクラウドサービスの提供に努めてまいります。

今後とも、ニフクラをどうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿者 ニフクラスタッフ 2018年9月27日(木) | 固定リンク
 « 9月27日 ニフクラサービスに関する重要なお知らせ 脆弱性診断サービス Powered by イエラエセキュリティ リリースのお知らせ »