ニフクラ Information

このページではニフクラのトラブル・メンテナンス情報をお知らせしていきます。
 « クラウド基盤改修作業の状況 ニフクラトラブル窓口の初回応答目標時間についてのお知らせ » 

ニフクラにて提供しているスタンダードイメージにつきまして、2018年10月1日時点で提供している以下のスタンダードイメージについてはすべてルートゾーンKSKロールオーバーに対して対応可能な状態もしくは対策済みの状態となっておりますので、以下内容を更新しご連絡いたします。(★が更新箇所)


■影響サービス
ニフクラにおいては、以下の通り影響がないことを確認しております。


▼ニフティクラウドDNS
 ルートゾーンKSKロールオーバーに対して対応可能な状態となっていることを確認済みです。

▼OSイメージ
 [対応可能スタンダードイメージ]★
 CentOS 6.6 64bit Plain
 Ubuntu 14.04 Plain
 Ubuntu 16.04 Plain

 [対策済みスタンダードイメージ]★
 Ubuntu 16.04 Plain (2018年3月29日以降に新規サーバー作成した場合)
 CentOS 6.6 64bit Plain (2018年3月29日以降に新規サーバー作成した場合)
 CentOS 6.9 64bit Plain
 CentOS 7.4 64bit Plain
 Red hat Enterprise Linux 6.9 64bit
 Red hat Enterprise Linux 7.4 64bit
 ※対策済みとは「bindまたはunboundのアップグレードによるトラストアンカーの更新済み」
  を指します。

なお、お客様がご利用中のサーバーにて、名前解決ができないなどの問題が発生した場合は以下の対処をお試しください。
・名前解決のために利用しているパッケージ(bindまたはunboundなど)のアップグレード
・DNSSEC検証の無効化

■参考情報

2018年10月1日追記:ルートゾーンKSKロールオーバーにおける新KSKでの署名開始の日程が以下のページにて公開されております。

▼JPRS - ■ICANNが新KSKでの署名開始の日程を決定

----------------------------------------------------
▼JPRS - ICANNがルートゾーンKSKロールオーバーに関するアップデートを公開


▼JPRS - ルートゾーンKSKロールオーバーについてのご質問とその回答


▼JPRS - ルートゾーンKSKロールオーバーによる影響とその確認方法について

投稿者 ニフクラスタッフ 2018年10月 1日(月) | 固定リンク
 « クラウド基盤改修作業の状況 ニフクラトラブル窓口の初回応答目標時間についてのお知らせ »