本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

クラウドサービスとは

クラウドという言葉も一般的なものになりました。しかし、言葉の指す範囲が広いため、具体的にどのようなものなのか、理解が曖昧なままの方も多いのではないでしょうか。

ここではクラウドの特長やメリットといった、押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

そもそもクラウドサービスとは?

クラウドってなに?

ユーザーがインターネットなどのネットワーク越しにサーバー、ストレージなどのコンピューター資源や、アプリケーションソフトウェアなどのITリソースを利用するサービス形態を「クラウド」と呼びます。

何らかのアプリケーションを利用する際、従来であれば手元のPCやサーバーにインストールして、データはストレージに保存するのが一般的でした。

それに対してクラウドでは、アプリケーションを動作させるITリソースはすべてインターネット上にあります。ユーザーはアクセスに必要な端末を用意するだけで、ネットワーク越しにオンデマンドでサービスを利用できます。

インターネット上に用意されたリソースやサービスを、いつでも、どこでも、必要な時に必要な分だけ利用できるのがクラウドサービスの特長です。

クラウドサービスの種類にはどのようなものがあるのか

クラウドサービスはその利用形態によって「Iaas」「PaaS」「SaaS」の3つに分けられます。「Iaas」と「PaaS」は開発者がサービスを動かす土台として利用するもので、「SaaS」はエンドユーザーが利用するアプリケーションにあたります。

IaaSとは

IaaSとは「Infrastructure as a Service」の略で、ネットワーク越しにストレージ、ネットワーク、サーバーといったインフラストラクチャそのものを提供するクラウドサービスです。例としてAmazonのAmazon Web Services(AWS)やGoogleのGoogle Cloud Platform(GCP)があり、ニフクラもここに含まれます。

IaaSはその性質上、エンドユーザーではなくサービス開発者向けのサービスです。この点は後述のPaaSと同様ですが、IaaSではPaaSよりも低レイヤー(サーバーOS、ネットワーク、ストレージなど)を開発者が自由に設計できます。

PaaSとは

PaaSとは「Platform as a Service」の略で、アプリケーションの開発/実行環境をネットワーク越しに提供するサービスです。有名なサービスにGoogle App EngineやHerokuがあり、ニフクラにはスマートフォンアプリでよく使われるバックエンド機能を提供する「mBaaS」があります。

IaaSではネットワーク設計やサーバー構築もユーザーであるサービス開発者が自分で行う必要がありましたが、PaaSではこうした低レイヤーのインフラはクラウドベンダーが管理しているため、ユーザーはアプリケーションの開発のみに集中することができます。

SaaSとは

SaaSとは「Software as a Service」の略で、ネットワーク越しにアプリケーションの機能が提供されるサービスです。Webブラウザから利用するアプリケーションはSaaSの一種で、例としてはGmailやTwitterなどが該当します。PCに専用のアプリケーションをインストールしなくてもよく、利用場所やデータの保存場所を意識せずに使えるのが特長です。

プライベートクラウドとパブリッククラウド

クラウドは前述の利用形態とは別に、サービスの提供形態によって「プライベートクラウド」と「パブリッククラウド」に分類されます。

AWS、GCP、ニフクラなどはパブリッククラウドに分類されます。ベンダーが用意したITリソースを、インターネットを介して世界中の不特定多数のユーザーが共有する形態です。パブリッククラウドは他者と環境を共有するため、プライベートクラウドに比べてコストが安く済むという特長があります。しかし、ベースとなる環境がベンダーの管理下にあるため、ユーザー自身では手が出せない部分が存在します。

対して、特定のユーザー向けに構築されたクラウド環境をプライベートクラウドと呼びます。プライベートクラウドには自社内にオンプレミスで構築するタイプと、クラウド事業者が提供するパブリッククラウド環境を区切って占有するホスティングタイプがあります。オンプレミスタイプであれば、ユーザーの要望に合わせたクラウド環境を構築できますし、ホスティングタイプであれば、ベンダーが提供するリソースを利用しつつ、第三者とは隔離された環境を構築できます。しかし専用の環境を確保するため、プラットフォームを運用するコストが高くついてしまうデメリットもあります。

基本的にはベンダーの提供するパブリッククラウドを利用し、企業のデータ管理ポリシーなどの事情で環境を占有したい場合は、プライベートクラウドの構築を検討するのがよいでしょう。

クラウドサービスを使うメリット

従来のオンプレミス環境に比べ、クラウドサービスにはさまざまなメリットがあります。

まずは、場所や端末を意識しないという点です。クラウドではシステムやデータがネットワーク上に存在するため、ユーザーの使用端末や使用場所に関係なく、同じサービスを利用できます。例えば使用しているPCが故障してしまい、新しいものに交換したとしても、データがクラウド上にあればすぐに業務を再開できます。社内のPCで作成したデータに、外出先からスマートフォンでアクセスするような使い方も可能です。

次にスピードです。従来のオンプレミス環境では、データセンターの確保やサーバーの購入を行う必要があり、サービス立ち上げまでにかかる時間が無視できませんでした。クラウドであればこうした調達にかかるリードタイムがほぼゼロのため、サービスを立ち上げるまでの時間が飛躍的に短くなりました。特にPaaSを利用すれば、思いついたらすぐにコードを書いて、プロトタイプを動かすことも可能です。

クラウド最大のメリットが、動的なリソース確保です。オンプレミスではITリソースが不足しても、調達の都合上、すぐにサーバーやネットワークを増設することは困難でした。しかし、クラウドであれば、プランを変更するだけでサーバーのスペックを増強したり(スケールアップ)、サーバー台数を増やす(スケールアウト)ことも可能なため、ビジネスの機会を失いません。特に負荷に波のあるスマホゲームの運用のような、今時のサービスとの相性も抜群です。

リソースを動的に確保できるということは、コストの最適化も容易になるということです。動的なリソース確保ができないオンプレミスでは、最初にある程度の規模のITリソースを確保する必要があります。そのため、スモールスタートができず、結果として初期コストが大きくかかってしまいます。また、サーバーという資産を抱えることになるため、サービスの縮小が難しく、無駄な維持費がかかり続けてしまうケースもあります。クラウドは不要になったリソースをすぐに解放できるので、無駄なコストを省け、原価償却も不要です。

最後が、運用にかかる手間の軽減です。クラウドベンダーでは、さまざまなマネージドサービスが提供されています。例えば、データベースを自分で構築、運用しようとすると、障害に供えた冗長化、毎日のバックアップ、リソースの監視、セキュリティ対策など、多くの手間がかかってしまいます。しかし、ベンダーが提供するマネージドDBサービスを利用すれば、こうした運用部分をベンダーに任せられるため、運用工数を大幅に削減できます。例えばニフクラでは、マネージドのデータベースサービスとしてRDBを提供しています。

クラウドファーストでビジネスはどう変わったのか

世に出た当初は「そういう選択肢もある」という存在であったクラウドですが、ここ数年は、まず最初にクラウドの利用を検討する「クラウドファースト」が当たり前になってきました。どこからでも利用できるアクセス性、立ち上げに必要なスピード、コスト最適化といったクラウドの特長により、ビジネスのスピード感とスタイルは大きく変化してきています。

IaaSやPaaSを使えばアイデアをすぐに形にすることができるようになりました。小規模なベンチャー企業や、それこそ個人でも、大きなイニシャルコストを支払うことなくサービスを立ち上げることができます。例えば、SNSで流行った話題が即日アプリ化されたりすることがありますが、こうしたことが個人レベルで可能なのも、クラウドサービスがあるが故です。

クラウドサービスはどこからでもアクセスが可能なため、働く場所を選びません。データもクラウド上で一元管理できるため、オフィスではPCで、外出先ではスマートフォンで対応といったスタイルも容易に実現できます。また、データの分散や消失といったリスクにも対応しやすく、現在各方面で進められている「働き方改革」を実現するためには必要不可欠と言ってよいでしょう。

これからのクラウドとの付き合い方

もはやクラウドは「使うのが当たり前」になっています。特にビジネスのスピードを上げていくには、すべてのインフラ/サービスを自前で運用していては間に合いませんし、コスト的にも不利です。しかし、単にクラウドを採用すればコストが安く済むわけではありません。オンプレミスよりもクラウドが低コストなのは、動的なリソース確保によって、状況の変化に応じた最適化ができるからに他なりません。そのためにはクラウドならではの最適な見積り、設計を行えることが重要になります。

ただ、クラウドファーストの時代とはいえ、セキュリティ的な理由や運用の都合上から、オンプレミス環境を手放せない場合もあるでしょう。そのような場合には、オンプレミスとクラウドを組み合わせる「ハイブリッドクラウド」を視野に入れて検討を行う必要があります。

クラウド移行のポイントを徹底解説無料ebookをダウンロード

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00~17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能