本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドナビ

クラウド トップ>クラウドナビ>クラウド初心者向け>困難な「サイジング」問題はクラウドの利用で解決が可能

困難な「サイジング」問題はクラウドの利用で解決が可能

システムを構築する際に、サーバーや回線などのスペックを決める作業は「サイジング」と呼ばれています。オンプレミス環境では、容易に機器の増強などを実施することができないケースが大半のため、想定されるピークを見越して余裕を持たせたサイジングを行う必要がありました。

リソースの増減を柔軟かつ迅速、容易に行えるクラウドの利用が主流となった今では、サイジングに対する考え方に変化が生まれています。

サイジングでは何を決めるのか?

サイジングでは何を決めるのか?

既存の環境を新しいハードウェアやクラウド環境にリプレースしたり新規に環境構築したりする際に、見積もりや設計段階でサイジングが実施されます。

サイジングは、CPUやメモリ、ハードディスクの性能、また利用するネットワークの速度や帯域など、システム構築やサービス提供を行う際に求められる要件からシステムの負荷を見積もる必要があります。

サイジングを失敗すると、実際の運用時の負荷にシステムが耐えられず、パフォーマンスが劣化してしまうことがあります。最悪の場合、システムダウンなどの重大な問題が生じる可能性もあるため、サイジングの役割は重要と言えます。

サイジングはどのように行うのか?

例えば、既存のシステムをリプレースする場合、すでに実績値があるのでこれらの数値を精度良く見積もることが可能ですが、新しいサービスでは難しいのが実情です。

一般的には、定常トラフィックとピークトラフィックなどいくつかのシステム利用状況を想定して各スペックを見積り、ユーザー数の増加や長期的な利用計画も考慮しつつ、データベースやファイルサーバーなどの容量を決めていきます。

ここで難しいのはピーク時の対応についてです。

基本的にシステムの能力は、ピーク時に対応できることを前提にサイジングする必要がありますが、オンプレミスではトラブル発生時の弾力的な対処が難しいため、スペックが過大に見積もられる傾向にあります。

また、不測の事態に対応するためのバックアップ用サーバーの用意、レイド構成によるデータの保護、ネットワークの冗長化などは、システムやサービスの安定運用には不可欠な要素です。可用性に関しても、サイジングの際に見積もっておく必要があります。

サイジングの最適化がクラウドのメリット

このようにオンプレミスの場合、余裕を持ってサイジングを見積もる必要があるため、過剰スペックがしばしば問題になります。サイジングの課題を解決するには、柔軟かつ迅速に弾力的なリソースの追加が可能なクラウドの利用が有効です。

新規システムの立ち上げ時も運用実績に合わせてスケールアップ・スケールアウトできるほか、ピーク時に増やしすぎたリソースのダウンサイジングも簡単に実行できますので、サイジングの失敗による過剰投資や過小な見積による障害も避けることが可能です。

こうした試行錯誤を繰り返してサイジングの最適化が図れる点が、オンプレミスとの大きな違いであり、クラウドの大きなメリットです。少し割高に感じてもサイジングの調整期間はリソース変更の自由度が高い契約にしておき、落ち着いた段階で安価な長期契約を結べば、利用料金を抑えることも可能でしょう。

また、IaaSであれば、API経由でサーバーの増減やスケールアップ・スケールアウトを動的にコントロールできるため、負荷に追随したサーバーリソースの増減を自動化し、コストを追求できます。

クラウド移行のポイントを徹底解説無料ebookをダウンロード

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00~17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能