テレワーク(在宅勤務)に踏み切る
企業様必見!

今こそ知っておきたい!テレワーク普及によるセキュリティ対策の変化とは!? 今こそ知っておきたい!テレワーク普及によるセキュリティ対策の変化とは!?

なぜテレワークでセキュリティ対策が必要か?

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛等の影響に伴い、テレワーク(在宅勤務)に踏み切る企業が増えています。テレワークは、一般的に生産性・効率性の向上などのメリットが挙げられますが、会社支給のパソコンや自前のデバイスで社外から内部ネットワークへのアクセスが増えることで、従来のセキュリティ対策では通用しないというデメリットもあります。
また、これまでテレワークは、セキュリティリスクの低い業務が対象でしたが、終日テレワークを推奨する企業が増えていることで、セキュリティリスクの高い業務を社外で行う場面も増えているのではないでしょうか?

働き方の多様性を受け入れざるを得ない状況下で、セキュリティ対策の見直しは、組織として緊急の課題となります。本サイトでは、クラウドを活用したテレワークに切り替える際のセキュリティ上の注意点と対策サービスをご紹介します。

無料ダウンロード!テレワーク時のセキュリティ対策に役立つeBook無料ダウンロード!テレワーク時のセキュリティ対策に役立つeBook

テレワークの盲点

情報資産が危険にさらされる?!

テレワークを導入することで、これまで、オフィス内に保存していたデータを社外に持ち出す必要があります。つまり、従来ネットワークの内部と外部の間にファイアウォールなどの境界を設けることで守られていた情報資産が危険にさらされるという問題に直面します。在宅勤務により、移動時間の短縮や自由な時間が増える一方で私的環境と混在状態になり、不本意にマルウェアや悪意のあるユーザーの侵入を許してしまう等のリスクが考えられます。

境界防御が不十分となっている今、厳密なアクセス管理やマイクロセグメンテーション化がセキュリティ強化の重要な鍵となります。

img
無料ダウンロード!テレワーク時のセキュリティ対策に役立つeBook無料ダウンロード!テレワーク時のセキュリティ対策に役立つeBook

ニフクラ&Workload Securityなら

テレワークのセキュリティも万全!

POINT1

仮想サーバー単位でファイアウォールを設定

img

ニフクラのファイアウォールの場合、仮想サーバー単位でファイアウォールのルールを設定することができるため、一部の仮想サーバーが万が一、マルウェアに感染してしまった場合も、あらかじめファイアウォールのルールで定義しておくことで異常通信をブロックし、同一セグメント内の別の仮想サーバーへの二次感染を防ぐことが可能です。

POINT2

不要なインターネットからの通信を切断

img

また、プライベート側の通信のみで仮想サーバーを利用する場合は、サーバーの固定グローバルIPを外すことで、インターネット経由で発生するマルウェアやDoS攻撃をはじめとしたサイバー攻撃から仮想サーバーを守ることができます。

POINT3

攻撃をリアルタイム検知、脅威からサーバーを守る

img

それでも、外部からの脅威の侵入を完全に防ぐことはできません。
近年相次ぐサーバーへの攻撃は、様々な攻撃手法を複数組み合わせて実行されることが多いのが特徴です。また、クラウド利用においては、クラウド上にのせるサーバーOSやアプリケーションのセキュリティは一般的にユーザー自身が行う必要があることから、情報資産を守るために十分な対策が求められます。

ニフクラでは、サーバー向けクラウド型セキュリティのTrend Micro Cloud One – Workload Security(以下、Workload Security)を活用することで、ウイルス対策のみならずクラウド上のサーバーOSやアプリケーションの脆弱性保護など、様々な攻撃手法への対策を行うことができ、また、万が一侵入された場合も、Workload Securityの機能で、攻撃をリアルタイムに検知し、被害を最小限に食い止めることが可能です。

無料ダウンロード!テレワーク時のセキュリティ対策に役立つeBook無料ダウンロード!テレワーク時のセキュリティ対策に役立つeBook

テレワーク・働き方改革には

セキュリティ対策が最重要

img

テレワークは、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を実現することができますが、同時にマルウェア攻撃や個人情報の盗難などのセキュリティリスクも持ち合わせています。社員のテレワーク環境の整備を優先し、テレワーク環境のセキュリティ対策までは手が回っていない企業も多いのではないでしょうか?

ニフクラでは、テレワーク環境に必要となるであろうクラウドサービスと併せて、標準提供のファイアウォールやサードベンダーサービスのWorkload Securityなどのセキュリティサービスもまとめて提供可能です。その他のセキュリティサービスもご用意していますので、ぜひご活用ください。

現在、「テレワークに向けてクラウドを導入したいけれど、セキュリティに不安がある」「クラウドの導入にあたり、自社組織内での調整が必要」といった企業様向けに「セキュリティチェックシートよくある質問13選」と題したeBookを提供中です。こちらはクラウドの導入を検討されている方から寄せられるセキュリティ関連の確認事項のうち、主要なものをQ&A方式でまとめたeBookです。

また、クラウド事業者の管理範囲外であるOS・アプリケーション・データに対するクラウドセキュリティのポイントやWorkload Securityの優位点をまとめた「テレワーク普及の今求められる クラウドユーザが行うべきセキュリティ対策とは?」ご用意しましたので、ぜひダウンロードいただき、ご活用ください。

無料ダウンロード!テレワーク時のセキュリティ対策に役立つeBook無料ダウンロード!テレワーク時のセキュリティ対策に役立つeBook