本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

ニフクラ コマンドラインツール

ニフクラでのリソースの作成・起動・停止やステータス参照などの操作を可能にするコマンドラインツールです。
スクリプトを使用し操作の自動化が容易に実現できます。

ニフクラ データ駆動 コマンドラインツール

ニフクラ データ駆動 コマンドラインツールはニフクラの複数サービスに対応しているコマンドラインツールです。
現在対応しているサービスはComputing、RDB、NAS、スクリプト、Kubernetes Service Hatoba、DNS、ESSです。

ニフクラ データ駆動 コマンドラインツールでは下記のコマンドラインツールを提供しております。

ニフクラ CLI ニフクラ CLI(GitHub)
ニフクラ CLI(PyPI)
ご利用方法
実行環境へ最新版をダウンロード

以下のコマンドを実行してダウンロードを実施します。

$ pip install nifcloud-cli
環境変数の設定

以下のコマンドを実行して環境変数を設定します。

$ export NIFCLOUD_ACCESS_KEY_ID=<Your NIFCLOUD Access Key ID>
$ export NIFCLOUD_SECRET_ACCESS_KEY=<Your NIFCLOUD Secret Access Key>
$ export NIFCLOUD_DEFAULT_REGION=jp-east-1
実行

サーバー情報取得のコマンドを実行して動作を確認します。

$ nifcloud computing describe-instances

コマンドの使い方は、ヘルプオプションでも確認できます。

$ nifcloud computing describe-instances help

ニフクラ

ニフクラでは下記のコマンドラインツールを提供しております。

ニフクラ コマンドラインツール ニフクラ CLI 8.0.2
ニフクラ CLI コマンド一覧
共通オプション
ご利用方法
実行環境へ最新版をダウンロード

任意のフォルダまたはディレクトリへzipファイルを保存し、解凍します。
コマンドファイル(bin配下のファイル)には適宜実行権を付与してご利用ください。

環境変数の設定

コマンドラインツールの動作には、環境変数を設定する必要があります。
以下のページより、環境変数と設定方法をご確認ください。

コマンドラインツール認証方式と環境変数

実行

サーバー情報取得のコマンドを実行して動作を確認します。

$ nifty-describe-instances
GROUP  fwgroup01
INSTANCE server01 i-0000usn7 68 stopped sshkey01 mini 2019-01-01T09:00:00+09:00 east-11 disabled disk 1 1 static static memo x86_64 centos STANDARD default 2
NETWORK_INTERFACE  net-COMMON_GLOBAL    in-use
NETWORK_INTERFACE_ATTACHMENT  0  attached  true
NETWORK_INTERFACE_ASSOCIATION
NETWORK_INTERFACE  net-COMMON_PRIVATE    in-use
NETWORK_INTERFACE_ATTACHMENT  0  attached  true

コマンドの使い方は、ヘルプオプションでも確認できます。

$ nifty-describe-instances --help

ニフクラ サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年10月20日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上