本文へジャンプします。

TOP

ニフクラ仕様・機能

クラウド トップ>機能・サービス>サーバータイプ・仕様

ニフクラ サーバータイプ・仕様

ニフクラが提供するサーバー(共有)のタイプ・仕様をご案内します。
用途に合わせて必要なサービスを組み合わせ、ベストな環境を構築できます。

DBサーバーについては下記ページをご覧ください。

サーバータイプ

性能、コストパフォーマンスなどお客様のニーズに合わせて2種類のサーバーご用意しております。
状況に応じて、Type-eからのスケールアップ、Type-hからのスケールダウンも可能です。

【参考】Type-eとType-hの性能比較を当社のパートナー企業である株式会社ディーネットが実施いたしました。詳細につきましては、以下をご確認ください。

タイプe
Type-e
高コストパフォーマンスモデル

一般的な業務システムなど多くのシステムでご利用いただける、コストパフォーマンスと汎用性の高いサーバープランです。

タイプh
Type-h
高スペックモデル

高いパフォーマンスが求められるシステムでの利用を想定したサーバープランです。

  Type-e Type-h
推奨する用途・利用シーン 汎用的なシステム 高速処理が必要となるシステム
コントロールパネル あり(両タイプ同一画面で各種操作が可能)
API提供 あり
SLA 99.99%
HA機能 標準提供
ネットワーク転送量 10TBまで無料
サポート 電話・メールにて24時間365日対応(無料)
ディスク Linux系 OS:30GB/Windows系 OS:80GB
OS(選択可能)
  • CentOS 6.6 プレーンインストール(64bit)
  • CentOS 6.10 プレーンインストール(64bit)
  • CentOS 7.5 プレーンインストール(64bit)
  • CentOS 7.6 プレーンインストール(64bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6.10(64bit)サブスクリプション付き
  • Red Hat Enterprise Linux 7.5(64bit)サブスクリプション付き
  • Red Hat Enterprise Linux 7.6(64bit)サブスクリプション付き
  • ※お客様保有のOSイメージのお持ち込みついては、下記ページをご覧ください。
  • Ubuntu 16.04(64bit)
  • Ubuntu 18.04(64bit)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Edition(64bit)※1 ※2 ※7
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Edition(64bit)
    + Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)※1 ※2 ※4 ※7
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Edition(64bit)
    + Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)
    + Office 2013 Standard※1 ※2 ※4 ※7
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Edition(64bit)
    + SQL Server 2012 Standard Edition SP1※1 ※2 ※3 ※7 ※8
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Edition(64bit)
    + SQL Server 2014 Standard Edition SP1※1 ※2 ※3 ※7 ※8
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Edition(64bit)
    + SQL Server 2016 Standard Edition※1 ※2 ※3 ※7 ※8
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition(64bit)※1 ※2 ※7
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition(64bit)
    + Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)※1 ※2 ※4 ※7
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition(64bit)
    + Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)
    + Office 2016 Standard※1 ※2 ※4 ※7
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition(64bit)
    + SQL Server 2016 Standard Edition SP2※1 ※2 ※3 ※7 ※8
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard Edition(64bit)
    + SQL Server 2017 Standard Edition※1 ※2 ※3 ※7 ※8
  • Microsoft Windows Server 2019 Standard Edition(64bit)※1 ※2 ※7 ※9
作成可能数 計20台まで※5
サーバーの新規作成について

「qlarge256」「slarge256」のサーバータイプは、ほかのサーバータイプで一度サーバーを新規作成いただいた後にサーバータイプ変更にて、ご選択いただけます。

サーバータイプ変更について

サーバータイプを変更(スペックアップ)するとき、一部のOSは起動中でも再起動せずに変更が可能です(ホットスケールアップ)。
サーバータイプを変更(スペックアップ)するとき、再起動オプションが選択できずデフォルトで「再起動する」となっている場合、ホットスケールアップは行えません。

スケールダウンの場合は、すべてのOS・サーバータイプ間で再起動が必要となります。また、停止中のサーバーは、OSに関わらず即時反映されます。

一部のサーバータイプについては、作成台数の上限があり、サーバータイプの変更ができない場合があります。

ホットスケールアップ制限事項
  • 一部サーバーについては、ホットスケールアップを実行する前に、一度、サーバーの停止と起動を行う必要があります。
    再起動ではなく、停止後の起動となりますのでご注意ください。
  • 下記のスタンダードイメージOSは、ホットスケールアップの対象外です。サーバータイプの変更を行うときには再起動が必要となります。
    • Ubuntu 16.04(64bit)
  • 下記のサーバーは、ホットスケールアップの対象外です。サーバータイプの変更を行うときには再起動が必要となります。
    • VMインポートにて作成されたサーバー
    • お客様持ち込みによるMicrosoft SQL Serverライセンスを使用しているサーバー
    • お客様持ち込みによるMicrosoft Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)やMicrosoft Officeなどのライセンスを使用しているサーバー
  • Ubuntu 18.04(64bit)とWindows系のスタンダードイメージOSは、メモリのみホットスケールアップが可能です。
    例)「large16 → large24」のホットスケールアップ可能ですが、「large16 → xlarge16」のホットスケールアップはできません。
  • 変更前のサーバータイプのメモリの、16倍以内のサーバータイプまでホットスケールアップすることができます。
    例)メモリ1GBのサーバー(smallなど)からホットスケールアップ可能なサーバータイプは、メモリ16GBのサーバータイプ(large16など)まで
  • Linux系64bitOSを使用している場合、メモリサイズが3GB以下のサーバータイプから、3GB以上のサーバータイプへのホットスケールアップはできません。
  • 変更元サーバーのCPU負荷が高い場合は、ホットスケールアップができません。
  • 変更元のサーバータイプが「e-mini」の場合は、CPU性能の都合、ホットスケールアップができません。
  • Type-eのサーバーへはホットスケールアップできません。
    • Type-eのサーバーからType-eのサーバーへのホットスケールアップはできません。
    • Type-hのサーバーからType-eのサーバーへのホットスケールアップはできません。
VMware-Toolsのバージョンについて
  • 最新バージョンのVMware-Tools/open-vm-toolsでのご利用を推奨いたします。
  • VMware-Tools/open-vm-toolsはバージョン9.4以上が必須です(2018年7月20日現在)。必須バージョンに満たないVMware-Tools/open-vm-toolsをご利用いただいた場合、コントロールパネルおよびニフクラ APIは正常に動作しない場合がございます。
  • VMware-Toolsのバージョンアップは、お客様にて手動で実施いただく必要がございます。事前に十分な動作確認のうえお客様で実施いただくようお願いいたします。ご利用いただいているOSよっては、open-vm-toolsのバージョン は、10.x 以降 (2018年9月時点)へのアップデートをご案内しております。
  • なお、2017年8月以降、ニフクラ上で作成されたサーバーは、サーバー再起動を起因としたバージョンアップが行われない動作に変更いたしました。
  • VMware-Tools Operating System Specific Packages(OSP)、またはopen-vm-toolsがインストールされているサーバーにつきましても、手動でのバージョンアップが必要となります。
21台以上のサーバーを作成する場合

21台以上のサーバーをご利用いただく場合は別途お申し込みが必要です。
下記フォームからお申し込みください。

  • ※お申し込みの台数、リソース全体の状況によって別ゾーン/リージョンをご提案させていただく場合もございます。導入相談窓口または弊社営業までご相談ください。
  • ※サービス提供上の当社都合により、ご要望に添えない場合がございます。
  • ※必要書類の提出をお願いする場合がございます。
一部サーバータイプの作成台数上限について
  • qlarge256, slarge256は、ニフクラのゾーン毎にお客様全体で作成できる台数に上限がございます。
  • 上限に達した場合はコントロールパネル/APIで「エラーが発生しました。サポートまでお問い合わせください。」と表示されますので、その場合は他のゾーンでの作成をご検討いただくか、サポート窓口までお問い合わせください。
  • なお、サポート窓口までお問い合わせをいただいた際は、可能な範囲で調整いたしますが、お時間を要する場合やご希望に添えず他のゾーンで作成いただくようご案内する場合がございます。
注意事項
  • サーバータイプの変更は、何度でも行えます。
  • サーバーを停止しても、サーバー内に保存されているデータは消去されません(不揮発性)。
  • 32bit OSを選択した場合、2GBを超えるメモリは選択できません。
  • ニフクラの仮想化環境には、VMware社の製品を採用しており、仮想サーバーの挙動についてはすべてVMwareの仕様に準じます。
  • お客様がサーバー環境を変更されたことによる不具合などの問題についてはサポート対象外となります。(カーネルアップデートなど)
  • 各OSにインストールするソフトウエアに制限はありませんが、ソフトウエアに起因する動作上の問題については保障いたしません。
  • Microsoft SQL Serverは、サポート対象外となります。
  • Microsoft SQL Server + Windows Serverを選択した場合、 Microsoft SQL Serverのご利用料金とは別に、Microsoft Windows ServerのOS利用料金がvCPUごとに発生します。
  • Microsoft Windows Server の場合、small2以上(メモリ2GB以上)のサーバータイプを推奨いたします。
  • SSHキーを作成するときは、リージョンを選択して作成します。
  • 以下のサーバーは、ローカルディスクがフラッシュに対応した基盤へ移行いたしました。
    • 2017年4月17日以前にeast-11で作成したサーバー
    • 2017年9月4日以前にeast-12で作成したサーバー
  • 2017年4月17日以前にeast-11で作成したOSがUbuntuのサーバーは、2017年4月17日以降に作成したサーバーと共通プライベートネットワークで通信するために再起動が必要となります。
  • 2017年9月4日以前にeast-12で作成したOSがUbuntuのサーバーは、2017年9月4日以降に作成したサーバーと共通プライベートネットワークで通信するために再起動が必要となります。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2019年4月10日時点の情報です。

ニフクラ 機能・サービス一覧

ストレージ・NASサービス
コンテナ

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:平日9:00~17:45
※携帯電話・PHSからもご利用可能