本文へジャンプします。

TOP

ニフクラ機能・サービス

クラウド トップ>機能・サービス>Liveマイグレーション

Liveマイグレーション

Liveマイグレーションはお客様のvSphere環境上にある仮想マシンを無停止切替、バルク切替の2つのプランでニフクラへ移行できるサービスです。お客様にお選びいただいたデータ転送経路で、複数の仮想マシンを同時に移行することができます。
VMware HCXを採用した移行により、「Replication Assisted vMotion (RAV)で多くのVMを無停止移行」「Network Extensionにより、IPアドレス変更なしでの移行を実現」「WAN Optimizationによるレプリケーショントラフィックの最適化」など、既存アプリケーションのスムーズなクラウド移行が実現出来ます。

Liveマイグレーション

特長

仮想マシンを無停止でニフクラに移行可能

「無停止データ抽出」「L2延伸」「無停止仮想マシン切替」のすべてに対応し、お客様の仮想マシンを無停止でニフクラに移行できます。

インターネットを介さないデータ転送経路も利用可能

データ転送経路は、インターネット経由に加え、ニフクラデータセンター内の構内接続もお選びいただけます。

移行時間が予測可能

移行に必要な時間を移行実施前に予測でき、仮想マシン台数が多い場合でも計画的に移行できます。

移行元環境チェックが容易

提供するチェックツールによりニフクラへの移行可否をチェックでき、変更が必要な場合はサジェストを受けることが可能です。

緩和された移行要件で移行可能

VMインポートやディスク受取サービスに比べ、移行要件(※)が緩和されています。
※ディスク本数、ディスクサイズ、ネットワーク本数などの、ニフクラに移行する際に満たすべき要件

仕様

マイグレーションHub

Liveマイグレーション

本サービスを用いてニフクラへ移行するためには、一度中継環境となるマイグレーションHubに仮想マシンを転送する必要があります。
マイグレーションHubは移行可能な台数により、small,mediumの2種類からお選びいただけます。

作成上限 1個/ゾーン
タイプ 移行可能VM数
migrationhub.medium 100VM/月/Hub
migrationhub.small 10VM/月/Hub

マイグレーションHubのリソース

マイグレーションHubは以下の製品、リソースで構成されます。

バージョン リソース
VMware vCenter 6.5.0 -
VMWare ESXi 4台 6.5.0 16 CPU, 96GB メモリ × 4
このうち管理用割り当てリソースで約 46 vCPU, 87GB メモリ使用します。
VMware NSX Manager 6.4.5 -
VMware HCX Cloud Manager 構築時の最新バージョン -
Network - 10Gbps
Datastore - 10TB(10,000GB)
プロビジョニング容量の総量。
このうち管理用割り当てリソースで 124 GB使用します。

マイグレーションHubへの転送方法

マイグレーションHubへのデータ転送は、VMware HCXを用いた移行として行う必要があります。

種類 説明 VMware HCXの移行方法
無停止切替 無停止での移行となり、要件が厳しい仮想マシン移行が可能です。
オンプレミス仮想マシンのデータ抽出後、移行対象VMの電源断無く、数回の通信断で切り替えます。
※移行元に仮想マシンは残りません。
Replication Assisted vMotion(RAV)
バルク切替 切替に数分は要しますが、要件が緩和された仮想マシン移行が可能です。
オンプレミス仮想マシンのデータ抽出後、移行対象VMの再起動と数回の通信断で切り替えます。
※移行元に仮想マシンは残ります。
Bulk Migration

移行可能な環境

Liveマイグレーションでは以下の移行元から移行先環境への移行が可能です。

移行元 移行先
お客様オンプレミス環境

ニフクラ

プライベートリージョン

※一部移行出来ないゾーンがあります。詳しくはニフクラ ゾーン別機能対応表をご確認ください。

仮想マシンの移行要件

本サービスを用いて移行する仮想マシン、並びに移行元のvSphere環境は、以下の要件を満たしている必要があります。
なお、お客様の仮想マシンが要件を満たしているか確認を行うチェックツールも提供しておりますので、併せてご利用ください。

移行時に設定可能なサーバータイプ Type-hのみ,smallからtlarge64まで
(最大12 vCPU, 64GBメモリまで)
無停止切替 バルク切替
移行元環境のvSphereバージョン 5.5~6.5
※2022年4月以降は6.0~6.5に変更となります
5.5~6.5
※2022年4月以降は6.0~6.5に変更となります
移行元環境のvSphereエディション Enterprise Plus Standard
移行元環境のNSX-vバージョン
※移行元環境にNSXがインストールされている場合のみ
NSX-v 6.4.4以降 同左
仮想マシンハードウェアバージョン vHW9~vHW13 vHW7~vHW13
データ転送時の最大並列実行数 仮想マシン100台以下 かつ ディスク プロビジョニングサイズ(仮想マシン全台の合計サイズ)10TB(10,000GB)以下
※60台程度を推奨
※60台程度を推奨
移行元仮想マシンの最大サイズ(単体) 12vCPU/64GBメモリ/ディスク プロビジョニングサイズ10TB(10,000GB)以下
※選択可能なvCPU/メモリ/ストレージは移行先ゾーンに準拠
同左
マイグレーションHubへのデータ転送に利用可能なネットワーク インターネット回線, 構内接続 同左
移行元仮想マシンの最大ディスク本数 15本(OS領域を含む)
※ローカルディスク(OS領域)1本+増設ディスク14本の計15本
同左
移行元仮想マシンの最大単一ディスクサイズ ローカル:2TB(2,000GB)/ディスク
増設ディスク:2TB(2,000GB)/ディスク
※実サイズと割当サイズともに2TB(2,000GB)まで
同左
移行元仮想マシンのBIOS選択肢 BIOS
※BIOS以外(uEFI等)未サポート
同左
移行元仮想マシンの仮想ディスクアダプタータイプ選択肢 SCSI
※SCSI以外(IDR, SATA, NVMe等)は未サポート。
同左
移行元サーバーのBIOS選択肢 BIOS
※BIOS以外(uEFI等)未サポート。
同左
移行元サーバーの仮想ディスクアダプタータイプ選択肢 SCSI
※SCSI以外(IDR, SATA, NVMe等)は未サポート。
同左
移行元サーバーのCDおよびDVDドライブ移行可否 不可
※移行実行時にマウントを取り外す必要があります。
同左
移行元仮想マシンのISOイメージマウント移行可否 不可
※移行実行時にISOマウントを外す必要があります。
同左
移行元仮想マシンのスナップショット移行可否 不可
※移行実行時にスナップショットを削除する必要があります。
同左
移行元仮想マシンでサポートされないAttribute 共有VMDK なし
移行元仮想マシンの独立型ディスクサポート可否 不可
※独立型ディスクの削除が必要です。
同左
移行元仮想マシンの物理互換RDMサポート可否 不可
※RDMデバイスの削除が必要です。
同左
移行元サーバーのDirectPath I/Oが構成されている場合の移行可否 不可
※DirectPathデバイスの削除が必要です。
同左
移行元仮想マシンがVMDK共有(Multi-Writer or FT-enabled)の場合の移行可否 不可
※FT/マルチライターの無効化が必要です。
同左
移行元仮想マシンの物理共有SCSIバスが設定されている場合の移行可否 不可
※物理共有SCSIパスの削除が必要です。
同左
移行元仮想マシンでGracefulパワーオフが実行できない場合の移行可否 不可
※Force Power-offオプションの利用で対応可
移行元仮想マシンのNSX Security tagや仮想マシンに関する設定 不可
※移行元サーバーの個別設定は移行されません。
同左
移行元仮想マシンがCBT有効状態での移行可否
※移行の際にVMware HCXがCBTを自動的に無効にします。
移行元仮想マシンの仮想ネットワークアダプタ選択肢 VMXNET3
E1000
E1000E
同左
移行元仮想マシンの追加デバイス対応可否 不可
※移行実行時にUSBディバイス等は取り外す必要があります。
同左
移行元仮想マシンのリソースリミット設定可否 不可
※移行実行時にリソースリミット設定(CPUやメモリの予約等)を解除する必要があります。
同左
移行元仮想マシンのMACアドレス継続利用 可能
※既存サーバーと重複した場合は移行元サーバー側が変更されます。
同左
移行元仮想マシンのIPアドレス継続利用 プライベートIPアドレスのみ可能
※「プライベートLAN」のサービス仕様に準じます。
同左
移行元仮想マシンのVMwareToolsインストール要否 必要
VMware Toolsバージョンについて
同左
移行元仮想マシンの対応OSタイプ選択肢 ニフクラのサービス仕様に準ずる。
※サービス仕様外のOSについてもお客様動作確認の上持ち込み可能です。
同左
ネットワークの最低帯域 100Mbps以上
※1Gbps(実測800Mbps)程度がマイグレーション帯域として利用可能であれば理論上の最大速度となります。
同左
ネットワークの最低帯域 100Mbps以上
※1Gbps(実測800Mbps程度)程度がマイグレーション帯域として利用可能であれば理論上の最大速度
同左
vMotion暗号化モード 「任意」モードで実行
※暗号化モードが「必須」で設定されている場合、VMware HCXによる移行時に暗号化モードを「任意」に変更してください。
同左

詳細はクラウド技術仕様(ニフクラ Liveマイグレーション:チェックツール)をご確認ください。

L2延伸

本サービスでは、VMware HCX Network Extensionを用いたL2延伸が可能です。
移行元環境とプライベートLANをL2延伸する事で、無停止での仮想マシン移行が可能です。

L2延伸可能数 7個/ゾーン
移行元環境の仮想スイッチ vSphere Distributed Switch(vDS) 5.5~6.5
(※2022年4月以降は6.0~6.5に変更となります)
vSphere Standard Switch(vSS)は不可

移行サイクルについて

  • VMware HCXを用いてマイグレーションHubに移行する際、仮想マシンのデータは専用のDatastoreに格納されます。
    マイグレーションHubから移行先環境となるニフクラに対しては、別途DatastoreからのStorage vMotionを行う必要があります。このVMware HCXによる移行からStorage vMotion完了までを「移行サイクル」と呼びます。
  • 移行サイクル1回につき、マイグレーションHub専用Datastoreのプロビジョニング容量上限まで転送が可能です。
    容量上限に到達した場合、Storage vMotionが完了するまでマイグレーションHubのDatastoreの空き容量は増加しません。
  • Storage vMotionは当社で実施するため、マイグレーションパートナーを通じて当社へご依頼ください。
    Storage vMotion作業開始後、作業完了まで12営業日程度かかります。
  • 当社のStorage vMotion実施中は、VMware HCXによるマイグレーションHubへの移行が実施できません。マイグレーションパートナーとともに、移行サイクルに応じた移行計画の策定をお願いいたします。
  • 移行サイクル内において、マイグレーションHubのタイプ毎に設定された移行可能VM数の上限に達した場合、それ以上の仮想マシン移行は出来ません。
    移行可能VM数上限に達した場合は、タイプ変更、または翌月以降に再度移行を実施して下さい。

VMware HCXのアップグレードについて

  • VMware HCX Connector, HCX Cloud Managerは定期的なアップグレードが行われます。
    アップグレードは、VMware HCXのリリース日から最低12か月後のサポート期間内に実施する必要があります。移行タイミングや移行期間によっては、移行計画の中でアップグレードが必要となる場合がございます。
    VMware HCXのサポート期間の詳細は、VMware Product Lifecycle Matrixをご確認ください。
  • アップグレードと移行期間が重なる場合、一時的に移行を中断する必要があります。
    またVMware HCXのアップグレードの際に、マイグレーションHubとの接続、L2延伸、無停止データ抽出の同期が切断されます。
    移行期間が半年から1年など長期間にわたる場合は、移行期間の間にVMware HCXのアップグレードを行ってください。
  • アップグレードが行われ、移行期間が計画より伸びた場合も、当該期間分のサービス費用が発生します。あらかじめご了承ください。
  • vSphere 5.5環境からの移行の場合、VMware HCX R147のみのサポートとなり、VMware HCXをアップグレードされた場合はvSphere 5.5環境からの移行はサポートされません。

料金

税抜料金は、以下からご確認いただけます。

マイグレーションHub費用

マイグレーション時に利用する中継環境であるHub自体の費用となります。

タイプ 月額(税込)
マイグレーションHub費用(small) 1,760,000円/月
マイグレーションHub費用(medium) 3,190,000円/月

マイグレーション転送費用

VMware HCXのライセンス費用となります。

タイプ 月額(税込)
マイグレーション転送費用(small) 484,000円/月
マイグレーション転送費用(medium) 2,475,000円/月

キャンペーン価格

マイグレーションHub費用、マイグレーション転送費用ともに、2022年3月末までキャンペーン価格でご利用いただけます。

【キャンペーン価格の適用条件】

弊社所定の申告方法により、事前にお伝えいただいた検証目的の利用期間にのみ適用となります。

詳細についてはご利用の流れを確認いただき、お問い合わせください。

     
  通常月額料金(税込)キャンペーン適用時の月額料金(税込)
マイグレーションHub費用(small) 1,760,000円/月440,000円/月
マイグレーション転送費用(small) 484,000円/月121,000円/月

ご利用の流れ

お問い合わせ

本サービスのご利用を検討中のお客様は以下のフォームよりお問い合わせください。

マイグレーションパートナー決定

お問い合わせ後、移行検討を進める場合には移行対応の経験豊富な当社指定のマイグレーションパートナーをご紹介いたします。以後の移行対応については、マイグレーションパートナーと共に進めていただきます。

移行計画の策定

移行支援の内容や、本サービスでお申込みいただくメニューをマイグレーションパートナーと調整いただき、移行支援の契約を行ってください。

マイグレーションHubお申込み

マイグレーションパートナーと調整した内容に従い、コントロールパネルからマイグレーションHubをお申込みください。

※お申し込み後、マイグレーションHubをお引き渡しするまでの期間の目安は以下の通りです。

  • ・各月15日までのお申し込み:翌々月の5営業日を目途にお引き渡し
  • ・各月16日以降のお申し込み:翌翌々月の5営業日を目途にお引き渡し

お申込み審査・マイグレーションHub構築

当社にてお申込み内容に不備がないか確認し、審査を行います。
審査完了後、当社にてマイグレーションHubの構築を行い、お引き渡しいたします。
お引き渡し後は、コントロールパネルからマイグレーションHubの操作が可能となります。

移行検証

マイグレーションパートナーと共に移行検証を実施します。

実移行

移行計画に則り、マイグレーションパートナーと共に本番移行を実施します。

※必要に応じて、マイグレーションHubのスペックを変更してください。

本サービスの解約およびニフクラ新環境の利用開始

実移行完了後にコントロールパネルからマイグレーションHubを削除し、本サービスを解約します。
移行後のニフクラ環境で各種サービスがご利用可能となります

ご利用方法

注意事項(免責事項)

  • ニフクラのゾーン毎にマイグレーションHubをご利用いただける上限がございます。上限に到達している場合、コントロールパネルからお申込後にご利用開始までお時間を要する場合や、ご希望に添えず他のゾーンでお申込みをいただくようご案内する場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ニフクラへの移行時に指定するサーバータイプは、Type-hのみ選択いただけます。Type-c,Type-eのご利用を希望される場合は、移行後にコントロールパネルよりタイプ変更を行ってください。
  • 移行する仮想マシンのCPU、メモリの設定がマイグレーション実行時に指定されたニフクラのサーバータイプに満たない場合、仮想マシンのリソース設定は変更されずに指定されたサーバータイプの課金が発生します。
    (例:3CPU、メモリ3GBの仮想マシンの場合に、マイグレーション実行時にlargeのサーバータイプを指定するとCPU、メモリの設定は変わらずlargeの課金が発生)
    ニフクラのサーバータイプに応じたリソース設定にする場合、移行前に仮想マシンのCPU,メモリ設定を変更するか、移行後、コントロールパネルよりタイプ変更を行ってください。
  • 仮想マシンを移行開始すると、完了するまで削除できません。事前に移行対象をご確認の上、移行を実施してください。
  • ニフクラへ移行する仮想マシンがMicrosoft製品を利用している場合、以下の注意点をご確認ください。
  • ニフクラへ移行する仮想マシンに、お客様が保有する「Red Hat Enterprise Linux サブスクリプション」が適用されている場合、以下のページをご確認ください。
  • Oracle Databaseがインストールされた仮想マシンは移行できません。Oracle Databaseを利用できる環境として、ライセンスのBYOL(Bring Your Own License)が可能なニフクラOVMをご利用ください。
  • マイグレーションHubのDatastore容量は、お客様の移行操作により増減します。空き容量はお客様にて管理してください。
  • マイグレーションHubのDatastore容量の10TB(10,000GB)を超えるプロビジョニング(オーバーコミット)はしないで下さい。 マイグレーションHubのDatastoreの空き容量が無くなり、動作の停止や移行に失敗する可能性があります。
  • マイグレーションHubのDatastoreの空き容量が無くなった場合、VMware HCXのReverse Migrationにより空き容量を増加させる必要があります。 Reverse Migrationの操作に失敗する場合は、マイグレーションパートナーにご相談下さい。
  • 移行元となるVMware vSphere®環境、並びにご利用いただくVMware HCXにバージョンアップが行われた場合、ご利用いただいているマイグレーションHubとの接続検証が再度必要になります。
  • ネットワークループを防ぐため、LiveマイグレーションのL2延伸はプライベートLANへのL2接続サービスと併用して利用することは出来ません。
一部併用制限サービス
  • プライベートアクセス for Digital enhanced EXchange(DEX)
  • プライベートアクセス for SINET
  • 拠点間VPNゲートウェイ
  • ※マイグレーションHubは移行先ニフクラ環境に属しており、移行先ニフクラ環境で障害が発生した場合にはマイグレーションHubへの「無停止データ抽出」「L2延伸」「無停止仮想マシン切替」に失敗する場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税込表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年10月1日時点の情報です。

ニフクラ 機能・サービス一覧

ストレージ・NASサービス
DRサービス

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能