本文へジャンプします。

TOP

ニフクラ機能・サービス

RDB

ニフクラRDBを使うと、今まで大変だったDBサーバーの構築・運用・規模拡大の作業を、分かりやすいUIから簡単に行うことができます。

スタンドアローンのDBサーバーから始めて、2台の冗長化構成に変更したりリードレプリカを追加したりもできるので、ビジネスに合わせた柔軟なスケールアウトが可能です。

さらに、自動バックアップ・リソース監視・DBログ取得など、DBサーバーの運用に必要な機能は一通り揃っており、運用工数を大幅に削減することができます。

RDB利用イメージ

特長

冗長化

2台のDBサーバーを異なるホストへ配置し、アクティブ・スタンバイ構成を構築することができます。単ホストに障害が起きた場合でも待機系のDBサーバーが自動昇格し、DBサービスを継続します。冗長化のタイプはデータ優先のみ選択することができます。

リードレプリカ

DBサーバーのリードレプリカを作成して、読み出しの負荷を分散することができます。MySQLの場合は非同期レプリケーション、PostgreSQLの場合はストリーミングレプリケーション(非同期レプリケーション)を行います。

外部レプリケーション

ゾーンやリージョンをまたいだレプリケーションや、ニフクラ外部のDBサーバーとのレプリケーションを行えます。プライベート通信を利用したセキュアなレプリケーション設定が可能です。
※現在はDBエンジンがMySQLのDBサーバーにのみ対応しています。

自動バックアップ

面倒だったDBサーバーのデータバックアップ設定が自動で行えます。バックアップ期間やバックアップを行う時間帯を設定することもできます。

ポイントインタイムリカバリー

DBサーバーのある時点の状態を元に、ポイントインタイムリカバリーによって新しいDBサーバーを作成できます。万が一オペレーションミスで大事なデータを削除してしまった場合でも復元可能なので安心です。

ディスク割り当て

DBサーバーにディスクを割り当てたり、ニーズに合わせてあとから増設したりすることができます。高速なニフクラのフラッシュドライブも利用可能です。

ネットワーク・セキュリティ

さまざまなネットワーク機能やセキュリティオプションを利用可能です。DBファイアウォールによるアクセス制御に加えて、プライベートLANやMySQL・PostgreSQLのSSL接続なども対応しています。

ドキュメント

料金

ニフクラRDBのご利用料金は、料金一覧をご覧ください。

ご利用方法

コントロールパネルおよびニフクラAPIからご利用いただけます。

よくある質問(FAQ)

RDBについてのよくある質問(FAQ)につきましては、以下をご確認ください。

  • ※本ページ記載の金額は、すべて税込表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2024年5月7日時点の情報です。

ニフクラ 機能・サービス一覧

ストレージ・NASサービス

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能