本文へジャンプします。

TOP

ニフクラ機能・サービス

クラウド トップ>機能・サービス>統合ネットワークサービス(IPCOM VE2シリーズ)

統合ネットワークサービス(IPCOM VE2シリーズ)

富士通株式会社

ニフクラパートナーのソフトウェアを利用したソリューションサービスです。

提供:富士通株式会社

統合ネットワークサービス(IPCOM VE2シリーズ)は、富士通が提供する仮想アプライアンスソフトウェア 「FUJITSU Network IPCOM VE2シリーズ」を利用したサービスです。
長年に渡り企業のネットワーク基盤を支えてきた同製品がニフクラ基盤に対応し、ニフクラ上の仮想マシンに対して高度なネットワーク機能を提供します。これによりお客様は、クラウドシステムへ求められる多くの機能を一元的に管理し活用することにより、セキュリティ対策や可用性向上の課題を解決することが可能です。

統合ネットワークサービス(IPCOM VE2シリーズ)は、セキュリティ対策機能(ファイアウォール、IPS、VPNなど)を提供するSCシリーズと、ネットワーク最適化機能(帯域制御、サーバー負荷分散、SSLアクセラレータ―、WAFなど)を提供するLSシリーズで構成されます。

IPCOM

特長

統合ネットワークサービス

クラウドシステムで求められる多くの機能を統合、一元的に管理しながら解決することが可能です。

オンプレミスからの移行が容易

オンプレミスの仮想アプライアンスソフトウェア 「FUJITSU Network IPCOM VE2シリーズ」と同一機能を提供し、クラウドサービスへの移行が容易です。

安心の国産

国内で開発し、サポートも開発メンバーが実施しているため、安心してご利用いただけます。

仕様

本サービスは、4つの機能シリーズ(SC、SC PLUS、LS、LS PLUS)と、3つのスペック(220/200/100)の、合計12種類で構成されます。
※詳細は、スタートガイド(ニフクラIDとパスワードが必要です)をご確認ください。

IPCOM
機能タイプ
シリーズ 機能
SC ファイアウォール、アノマリ型IPS、IPsec-VPN
SC PLUS ファイアウォール、アノマリ型IPS、IPsec-VPN、SSLアクセラレーター、L2TP/IPsec-VPN、帯域制御
LS サーバー負荷分散、帯域制御、ファイアウォール、アノマリ型IPS、SSLアクセラレーター
LS PLUS サーバー負荷分散、帯域制御、ファイアウォール、アノマリ型IPS、SSLアクセラレーター、WAF
タイプ別仕様
スペック サポートサーバー
スペック※1
最大インタフェース数※2 最大同時コネクション数 サポートサーバー
タイプ※4
220 4vCPU
メモリ8GB
8 1,000,000 large8/e-large8/
c-large8
200 1vCPU
メモリ8GB
8 1,000,000 small8/e-small8
100 1vCPU
メモリ4GB
8 200,000[100,000]※3 small4/e-small4/
c-small4
  • ※1 別途100GBの増設ディスクをご利用いただく必要があります。
  • ※2 仮想マシン作成時には2ポート利用可能。それ以上利用する場合は、追加NICをご利用頂く必要があります。
  • ※3 LS PLUSの場合のみ、100,000
  • ※4 本サービスで利用するニフクラサーバーは、各ライセンスのサポートサーバータイプの中からご選択ください。
    スケールアップ(メモリ数・コア数の追加)スケールダウン(メモリ数・コア数の削減)はサポートされていません。
    メモリ数・コア数の変更を伴わない、Type-c↔Type-e↔Type-hのサーバータイプ変更が可能です
機能仕様

詳細は、マニュアル(ニフクラIDとパスワードが必要です)をご確認ください。
各機能の詳細は、データシートをご確認ください。

●:標準搭載機能  ○:PLUSサービス機能

機能 SCシリーズ LSシリーズ
ファイアウォール
アノマリ型IPS
サーバー負荷分散
SSLアクセラレーター
HTTP/HTTPS圧縮
WAF
帯域制御
IPsec-VPN
L2TP/IPsec-VPN
ルーター
アドレス変換
ホットスタンバイ※
運用保守機能 WebUI, CLI, SNMP, NTP, syslog
  • ※プライベートネットワークで二重化構成が可能
  • ※ホットスタンバイ機能の一部にてグローバルIPを利用する場合非サポートとなりますのでご注意ください

性能

パブリッククラウドにおける仮想マシンの性能は、基盤環境により大きく変動します。
以下に記載する値は、参考値としてご利用ください。

サイジング性能
IPCOM
IPCOM
最大性能
サーバータイプとIPCOMのスペック組み合わせ VE2-220(large8) VE2-200(small8) VE2-100(small4)
ファイアウォール機能 最大スループット 4.8Gbps 3.3Gbps 3.3Gbps
最大セッション処理性能 29000セッション/秒 28000セッション/秒 28000セッション/秒
サーバー負荷分散機能 最大スループット 2.9Gbps 2.8Gbps 2.8Gbps
最大セッション処理性能 26000セッション/秒 25000セッション/秒 25000セッション/秒
  • ※プライベートLAN利用時の参考測定結果となります。
  • ※サイジング性能は、2つの仮想マシン(クライアントとHTTPサーバー)の間にIPCOM VE2を配置し、IPCOM VE2でファイアウォール機能、サーバー負荷分散機能を有効にした際、128Kbyteのファイルのget処理を仮想マシン間で処理できるスループット(bps)です。
  • ※最大性能は、2つの仮想マシン(クライアントとHTTPサーバー)の間にIPCOM VE2を配置し、IPCOM VE2でファイアウォール機能、サーバー負荷分散機能を有効にした際、IPCOMの性能が最も出る条件で測定した結果です。
  • ※性能測定はIPCOM VE2の最大性能が出るパターンを想定して実施しております。実際にお客様が想定するファイルサイズやアクセスパターンでの検証をお薦めいたします。
  • ※IPCOM VE2の各種システムリソースの上限値、および定義可能な最大数はIPCOM VE2 の3つのスペック(220/200/100)毎に定義されており変更できません。
  • ※Type-c、Type-eのサーバータイプは、Type-hに比べて性能が低い為、検証環境または、導入時の一次環境に適しています。本番環境ではType-hの利用を推奨します。Type-c、Type-eの性能値が必要な場合は、個別にお問い合わせ下さい。
  • ※SSLアクセラレーター機能を利用する処理にてVE2-220が優位になる設計となります。お客様の要件に合わせてご選択ください。

料金

SCシリーズ
サービス名 年額(税抜)
平日サポート 24時間サポート
IPCOM VE2-100 SC
ライセンス料金
175,500円 181,000円
IPCOM VE2-100 SC PLUS
ライセンス料金
438,400円 452,300円
IPCOM VE2-200 SC
ライセンス料金
365,400円 377,000円
IPCOM VE2-200 SC PLUS
ライセンス料金
628,400円 648,300円
IPCOM VE2-220 SC
ライセンス料金
555,400円 573,000円
IPCOM VE2-220 SC PLUS
ライセンス料金
818,400円 844,300円
LSシリーズ
サービス名 年額(税抜)
平日サポート 24時間サポート
IPCOM VE2-100 LS
ライセンス料金
672,300円 693,500円
IPCOM VE2-100 LS PLUS
ライセンス料金
993,800円 1,025,100円
IPCOM VE2-200 LS
ライセンス料金
847,600円 874,400円
IPCOM VE2-200 LS PLUS
ライセンス料金
1,169,100円 1,206,000円
IPCOM VE2-220 LS
ライセンス料金
1,023,000円 1,055,200円
IPCOM VE2-220 LS PLUS
ライセンス料金
1,344,600円 1,387,000円
  • ※上記は1ライセンス分の料金です。
  • ※本サービスは1年契約のサービスです。
  • ※本サービスのご利用には別途サーバーおよび増設ディスクのお申し込みが必要です。
  • ※IPCOM VE2シリーズのサポートはFUJITSU Managed Infrastructure Servive SupportDeskが実施します。
  • ※平日サポートの対応時間は⽉曜から⾦曜⽇(祝⽇および12⽉30⽇から1⽉3⽇までを除く)8:30-19:00です。
  • ※導入ライセンス(試用利用)は、無料でご利用いただけます。
  • ※導入ライセンス(試用利用)をお申し込み・ご利用いただいた後に運用ライセンス(本番利用)をお申し込みいただく必要があります。
  • ※運用ライセンス(本番利用)をお申し込みいただいてからご利用開始まで約15営業日かかります。
  • ※ご利用料金は、20日までにライセンスキーの通知が完了した場合は、当月度分としてご請求いたします。21日以降に完了した場合は、翌月度分としてご請求いたします。
  • ※ライセンス有効期間中に別の種類のライセンスに変更する場合、再購入が必要となりますのでご注意ください。(詳細は注意事項の「スペック変更に関して」をご覧ください。)
  • ※ライセンス有効期間中に別の種類のライセンスに変更する場合や、利用を停止する場合でも残期間の精算などは行いません。
  • ※利用開始月・解除月の日割り・月割り計算による割引はいたしません。

ご利用方法

1)導入ライセンス(試用利用)を申請し、送付される導入ライセンスを投入してお使いください。(有効期限:30日)
2)購入申請後、送付される運用ライセンス(本番利用)を投入ください。(有効期限:1年)

  • ※運用ライセンス(本番利用)をご利用いただくには、事前に導入ライセンス(試用利用)をご利用いただく必要がございます。
  • ※運用ライセンスへの切り替えを検討される方は、導入ライセンスが無効になる前に運用ライセンスをお申込みください。
  • ※詳細は、スタートガイド(ニフクラIDとパスワードが必要です)をご確認ください。
ご利用までの流れ

導入ライセンス(試用利用)のお申し込み

本製品の導入ライセンスの発行は、下記フォームよりお申し込みください。

  • ※ニフクラIDとパスワードの入力が必要です。
  • ※お申し込み時にログインされたニフクラIDでのご登録となります。

導入ライセンス(試用利用)発行

WEBフォームにご記入いただいたご担当者様のメールアドレス宛に導入ライセンス(試用利用)をメールで送付いたします。

サーバー作成と導入ライセンス(試用利用)適用

メールをお受け取り後、お客様にてニフクラのコントロールパネルよりIPCOM VE2を作成してください。
導入ライセンスを入力し、試用利用を開始します。

運用ライセンス(本番利用)のお申し込み

本サービスの運用ライセンスの発行は、下記フォームよりお申し込みください。

  • ※申請する台数の数だけ「IPCOM仮想マシン識別子」をお手元にご用意の上、ご記入ください。
  • ※ニフクラIDとパスワードの入力が必要です。
  • ※お申し込み時にログインされたニフクラIDでのご登録となります。
  • ※IPCOM VE2シリーズのサポートはFUJITSU Managed Infrastructure Servive SupportDeskにて行うため、利用登録に必要な情報等もこちらのフォームでご入力いただきます。
  • ※運用ライセンスへの切り替えを検討される方は、導入ライセンスが無効になる前に運用ライセンスをお申し込みください。

ライセンスキーの受領

ご利用開始時に必要となる運用ライセンスキーが書かれた通知書が、メールにて通知されます。

ご利用開始

IPCOM VE2の管理画面へアクセスし、運用ライセンスを入力して利用を開始します。
マニュアル(ニフクラIDとパスワードが必要です)をご確認ください。

注意事項

  • 本サービスは、ニフクラ内での利用に限定されます。
  • ニフクラ品質保証制度(SLA)利用規約に基づく保証の対象外です。
  • 本サービスで利用するニフクラサーバーをスペックの異なるサーバータイプへ変更する場合、サーバーの再作成およびライセンスの再購入が必要です。
  • IPCOM VE2シリーズは、パスワード認証によるSSHアクセスのみサポートしています。IPCOM VE2を作成する際、ニフクラのコントロールパネル下では、SSHキーの指定が必須の為、キーを生成・指定する必要がありますが、このSSHキーを使ってIPCOM VE2シリーズにログインする事は出来ないのでご注意下さい。
  • 本サービスの種類(シリーズ(SC/SC PLUS/LS/LS PLUS)、スペック(100/200/220))を変更する際はサービスを再度購入していただく必要があります。
  • 本ページ記載の性能目安は参考値となります。ニフクラではリソースを共有しているため、実際にお客様が作成されるリージョン/ゾーン及び時間帯などにより性能の上下が発生する可能性がございます。
  • サポートサーバータイプ以外のニフクラサーバーをご利用になった場合、サポートは致しかねますのでご注意ください。
スペック変更について
パターン1:ニフクラサーバータイプのメモリ数・vCPU数は固定、 Type-c↔Type-e↔Type-hのみ変更する場合

コントロールパネルよりニフクラサーバーをご希望のサーバータイプへ変更してください。変更の際はIPCOMを停止した上で実施して下さい。

  • ※各ライセンスのサポートサーバータイプの中からご選択ください。本サービスのライセンスはそのままご利用いただけます。
パターン2:本サービスのシリーズを変更する場合

本サービスのシリーズ(SC/SC PLUS/LS/LS PLUS)変更をご希望される場合、ライセンスの再購入が必要となります。導入ライセンス(試用利用)をお申し込みいただいた後、運用ライセンス申請フォームの新規お申し込みを選択しお申し込みください。
また、IPCOMの変更に伴いニフクラサーバーの再作成が必要となります。コントロールパネルより再作成を行ってください。

  • ※これまでご利用いただいていたライセンスの返金・有効期限残期間の清算は行えませんのでご注意ください。
パターン3:本サービスのスペックを変更する場合

本サービスのスペックの変更をご希望される場合、ライセンスの再購入が必要となります。導入ライセンスをお申し込みいただいた後、運用ライセンス申請フォームの新規お申し込みを選択しお申し込みください。
また、本サービスの変更に伴いニフクラサーバーの再作成が必要となります。サポートサーバータイプをご確認の上、コントロールパネルより作成してください。

  • ※これまでご利用いただいていたライセンスの返金・有効期限残期間の清算は行えませんのでご注意ください。
ご利用までの流れ
機能に関してのご注意
  • IPCOM VE2の追加サービスである「シグネチャー型IPS機能、アンチウイルス機能」は、現在ニフクラでの提供はしておりません。ご利用をご検討の場合は別途お問い合わせください。
  • LAN二重化・電源冗長化は本サービスでは構成できません。
  • SSL-VPN機能はご利用できません。
制限事項
  • 本サービスの利用にはプライベートLANの利用が必須となる機能がございます。(L2中継機能、高信頼性機能、ブリッジモードで動作する機能など) 詳細はスタートガイド(ニフクラIDとパスワードが必要です)をご確認ください。
  • 本サービスの利用にはマルチIPの利用が必須となる機能がございます。詳細はデータシートをご確認下さい。
  • 以下のニフクラコントロールパネル機能はサポート対象外となります。
    • サーバーコピー
    • バックアップ
    • カスタマイズイメージ/イメージ配布
    • オートスケール
統合ネットワークサービス(IPCOM VE2シリーズ)に関するお問い合わせ
ご利用中のお客様窓口

本サービス本番利用中のご利用方法や障害・トラブル時のお問い合わせはFUJITSU Managed Infrastructure Servive SupportDeskまでご連絡ください。

お問い合わせ
フォーム
受付内容 サポートプラン お問い合わせ方法 お問い合わせ
受付時間
回答対応時間
▶SupportDesk-Web ○本サービスのご利用全般に関するサポート
○本サービスのトラブルに関するサポート
(問題解決支援)
〇平日サポート 電話 平日(※1)
8:30-19:00
平日(※1)
8:30-19:00
メール/SDK-Web 24時間365日
〇24時間サポート 電話/メール/
SDK-Web
24時間365日 24時間365日
  • ※1 月曜から金曜日(祝日および12月30日から1月3日までを除く)
ご利用前・試用期間中のお客様窓口

導入相談窓口では、ニフクラの仕様・機能や料金、導入相談などのお問い合わせやお見積もりなどのご依頼を承ります。
詳しくは以下ページをご確認ください。

ニフクラに関するお問い合わせ

ベーシックサポート(トラブル窓口)では、当社運用・責任範囲であるニフクラ仮想化基盤(VMware)までの範囲を対象とします。
詳しくは以下ページをご確認ください。

  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2020年10月22日時点の情報です。

ニフクラ 機能・サービス一覧

ストレージ・NASサービス
DRサービス
コンテナ

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能