本文へジャンプします。

TOP

クラウドデザインパターン

クラウド トップ>クラウドデザインパターン

クラウドデザインパターン

クラウド上にシステムを設計・構築する際の典型的な問題を解決するための設計パターンを「クラウドデザインパターン」と呼びます。ニフクラでお客様からのお問い合わせが多い要件について、ニフクラ上での構築方法をデザインパターン形式でご紹介します。
※本内容は2024年4月末時点の機能をもとに作成しております。機能は順次エンハンスされますので、検討時にはニフクラのWebサイトにて最新情報を確認ください。

ニフクラ活用基本編

パターン

概要

主要利用機能・サービス

インターネットから参照できるようにサーバーを配備するパターン

既存のサーバーに、ディスクを増設するパターン

ファイアウォールでアクセス制御するパターン

インターネットへ接続可能なネットワークとインターネットへ接続しないセキュアなネットワークを構築するパターン

追加NICを利用し、複数のプライベートLANを利用するパターン

ユーザーが専有で利用できる高性能・多機能なネットワーク機器を導入し、ニフクラパブリック環境とハイブリット構成を組むパターン

ユーザーが専有で利用できる大容量・高性能なストレージ機器を導入し、ニフクラパブリック環境とハイブリット構成を組むパターン

ルーターのWebプロキシ機能を利用して、インターネットを参照できるようにするパターン

ルーターのNAT機能を利用して、インターネットを参照できるようにするパターン

共有コンテンツを利用するパターン

NAS

ニフクラ活用応用編

パターン

概要

主要利用機能・サービス

バックアップ/セキュリティサービス(Acronis Cyber Protect Cloud)でルーターのNAT機能を利用してバックアップを取得するパターンです。

VPNを利用し、オンプレミス環境と接続するパターン

ダイレクトポートを利用し、オンプレミス環境と接続するパターン

物理ポート(コロケーションプラン)を利用し、オンプレミス環境と通信キャリアのネットワークを用いて接続するパターン

物理ポート(コロケーションプラン)を利用し、オンプレミス環境と通信キャリアのネットワークを用いて接続するパターン

各プライベートアクセスをプライベートブリッジと組み合わせて使用し、利用範囲を拡げるパターン

拠点間VPNゲートウェイを利用して、東西リージョン間をVPN接続するパターン

プライベートブリッジを利用して、東西リージョン間を接続するパターン

プライベートブリッジを、複数のニフクラID間で利用するパターン

サーバーのスペックをアップ/ダウンするパターン

仮想サーバーを複数台並べ、クラウドサービスとして提供されるロードバランサー(L4)を用いて適宜負荷を振り分けるパターン

監視によって、一定条件を満たした場合にスケールするパターン

複数のサーバーを、確実に別々の物理サーバー上に配備するパターン

仮想サーバーの増設ディスクを物理筐体が別々の領域へ配備するパターン

ゾーン障害を考慮し、プライベートブリッジを利用して、異なるゾーンへサーバーを配備するパターン

東西リージョンを組み合わせたホットスタンバイでのDR構成のパターン

東西リージョンを組み合わせたウォームスタンバイでのDR構成のパターン

東西リージョンを組み合わせたコールドスタンバイでのDR構成のパターン

オンプレミスとクラウドを利用したDR構成のパターン

ニフクラのバックアップ機能を利用し、バックアップデータを取得するパターン

サーバーのスナップショットを取得するパターン

既存のサーバーを効率的に複製するパターン

既存のサーバーからイメージを作成して、サーバーを複製するパターン

ゾーン間接続によって、監視サーバーや踏み台サーバー等を共通化するパターン

オンプレミス環境からニフクラの「オブジェクトストレージサービス」にバックアップするパターン

ニフクラのリージョン間でバックアップを取得するパターン

ニフクラの同一リージョン内で1次バックアップを取得し、2次バックアップを別リージョンに取得するパターン

メンテナンス用に、セキュリティグループや踏み台サーバーを設定するパターン

メンテナンス用に、リモートアクセスVPNゲートウェイを設定するパターン

Acronis Cyber Protect Cloudを利用するDR構成のパターン

※1 ニフクラ自体にDR機能は存在しておりません。DR対策をする場合は、本クラウドデザインパターン等を参考にニフクラの機能/サービスや他社製品などを組み合わせることで構築が可能となります。

アプリレイヤー編

パターン

概要

主要利用機能・サービス

データベースサーバーはアクセスが集中するうえ、サーバー分割も難しいので、あらかじめ高スペックのサーバータイプを選択しておくパターン

RDB環境を提供するデータベースサービスを利用してRDBを構成するパターン

RDB

RDBの冗長化機能を利用し、データベースサーバーの可用性を向上させるパターン

RDB

RDBのリードレプリカ機能を利用し、データベースサーバーのパフォーマンスを向上させるパターン

OVMサービスを利用して、ニフクラにOracleデータベースライセンスを持ち込み、構築するパターン

OVMサービスを利用して、ニフクラにOracleデータベースライセンスを持ち込み、Oracle RACを構築するパターン

サーバー異常時に、負荷分散機能の設定で Sorry Pageを表示または、代替コンテンツを表示させるパターン

オブジェクトストレージサービスにコンテンツを配置し、配布するパターン

CDNを利用し配信元サーバーの負荷を下げ、高速にデータを配信可能なパターン

マルチロードバランサーを利用して、グローバルからの通信を負荷分散するパターン

マルチロードバランサーを利用して、プライベート側で通信を負荷分散するパターン

DevOps編

パターン

概要

主要利用機能・サービス

DevOps環境を提供するニフクラ DevOps with GitLabサービスを利用して、CI/CDの環境を構成するパターン

DevOps環境を提供するニフクラ DevOps with GitLabサービスを利用して、KubernetesでのBlue/Green デプロイメントを構成するパターン

DevOps環境を提供するニフクラ DevOps with GitLabサービスを利用して、Infrastructure as Code(IaC)を実現する環境を構成するパターン

terraform

一部のクラウドデザインパターンについてterraformで作成可能なサンプルをGitHubで公開しています。
ご参考にしてください。
> GitHub Project nifcloud-sample

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。
> 見積もりシミュレーター

ご利用時の注意事項

  1. 当社は、本ドキュメントに関していかなる保証もいたしません。また、本ドキュメントを利用したこと及び利用できなかったことに起因する利用者の損害、第三者との紛争に関して、当社は一切責任を負いません。

  2. 本ドキュメントに記載されている会社名、製品名等の固有名詞は各社の商号、登録商標または商標です。


アンケートフォーム

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能