本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドデザインパターン

クラウド トップ>クラウドデザインパターン>【アプリレイヤー編】RDBリードレプリカパターン

【アプリレイヤー編】RDBリードレプリカパターン

RDBのリードレプリカ機能を利用し、データベースサーバーのパフォーマンスを向上させるパターンです。

解決したい課題/要求事項

  • データベースサーバーのパフォーマンスを向上させたい
  • データベースサーバーのリードレプリカ環境構築は要求スキルが高く、作業工程も複雑であり、また運用面でも負荷がかかる

ニフクラでの解決パターン

以下によって、解決したい課題の解決や要求事項を実現します。

  • DBサーバーのリードレプリカを作成し、読み出しの負荷を分散する
  • 上記により、読み出しの負荷が高く1台のDBサーバーでは限界に達してしまうような場合でも、柔軟なスケールアウトを行うことができる

ニフクラでの解決パターン

実装
  • ニフクラRDBは、データベースサーバーのリードレプリカを作成して、読み出しの負荷を分散することができる
    1.対象のRDBを選択し、「選択したDBサーバーの操作」プルダウンメニューから、「リードレプリカの作成」を選択する
    2.リードレプリカ作成画面にて、DBサーバータイプ、ディスクタイプなどを選択し、リードレプリカを作成する
補足
  • DBサーバーのリードレプリカをコントロールパネルから作成することができる
  • リードレプリカを作成することにより読み出しの負荷が高く1台のDBサーバーでは限界に達してしまうような場合でも、柔軟なスケールアウトを行うことができる
  • リードレプリカを一度作成してしまえば、リードレプリカ元のDBサーバーのデータベースを更新すると、リードレプリカにも反映が行われるようになる
  • MySQL、MariaDBの場合は非同期レプリケーション、Postgre、SQLの場合はストリーミングレプリケーションを行う
注意点
  • リードレプリカ作成時は、リードレプリカ元のDBサーバーの自動バックアップをONにしている必要がある
  • 各DBエンジンのレプリケーション機能を利用しリードレプリカを作成しているが、冗長化とは別機能となる
    ※以下、仕様についても併せて確認してください。
    技術仕様:RDB:リードレプリカ

デザインパターンをeBookで無料提供中

ニフクラ Cloud Design Pattern

ニフクラでは、本ページ掲載のデザインパターンをまとめたeBookを無料で提供しています。以下のページより、ダウンロードください。

料金は見積もりシミュレーターで確認可能

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能