本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドデザインパターン

クラウド トップ>クラウドデザインパターン>【アプリレイヤー編】グローバル負荷分散パターン:マルチロードバランサー

【アプリレイヤー編】グローバル負荷分散パターン:マルチロードバランサー

マルチロードバランサーを利用して、グローバルからの通信を負荷分散するパターンです。

解決したい課題/要求事項

  • インターネットへ公開するWEBシステムを構築する際に、複数台のWEBサーバーを配備することで負荷を分散させたい
  • SSLアクセラレーターの機能をWEBサーバー側に持たせたくない

ニフクラでの解決パターン

以下によって、解決したい課題の解決や要求事項を実現します。

  • ニフクラのマルチロードバランサーを利用することで、負荷分散の機能とSSLアクセラレーターの機能を持たせることができる

ニフクラでの解決パターン

実装
  • マルチロードバランサーは、プライベートネットワークにおけるサーバーの負荷分散にも対応したロードバランサーで、L4(レイヤー4)に対応している
    ※主に以下のような用途での利用が想定されています。
    <用途例1>
    • ロードバランサー(L4)の廉価版としての利用
    <用途例2>
    • 割り当てる仮想サーバーにプライベート側インタフェースしか持たせたくない場合(グローバルNICを外す)
注意点
  • グローバル負荷分散パターン(マルチロードバランサー)と同様の事項に注意する必要がある
  • マルチロードバランサーで振り分け対象にできる仮想サーバーは、ニフクラ内のマルチロードバランサーの所属するネットワークと同一のネットワークに所属する仮想サーバーに限定される
    ※その他の注意点制限事項等については、「マルチロードバランサー」の機能サービスページにて確認ください。

デザインパターンをeBookで無料提供中

ニフクラ Cloud Design Pattern

ニフクラでは、本ページ掲載のデザインパターンをまとめたeBookを無料で提供しています。以下のページより、ダウンロードください。

料金は見積もりシミュレーターで確認可能

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能