本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドデザインパターン

クラウド トップ>クラウドデザインパターン>【ニフクラ活用応用編】共通サービス利用パターン

【ニフクラ活用応用編】共通サービス利用パターン

ゾーン間接続によって、監視サーバーや踏み台サーバー等を共通化するパターンです。

解決したい課題/要求事項

  • ログ収集サーバー、監視サーバー、WSUS等のリポジトリサーバーなど、複数のシステムに対して提供される共通的なサービスをシステム毎に作り込んだ場合、コストや運用工数が大きくなってしまうため、共通化しコストを抑えたい

ニフクラでの解決パターン

以下によって、解決したい課題の解決や要求事項を実現します。

  • ニフクラのプライベートブリッジを利用し、ひとつのゾーンに構築した監視系システムなどのサービスを各ゾーンのシステムでも使用できるよう、各システムが所属するプライベートLANをL2で接続する

ニフクラでの解決パターン

実装
  • ニフクラのプライベートブリッジを利用して、同一リージョン内のプライベートLAN同士をL2接続する
  • 本パターンのように監視系システムなどをひとつのゾーンに共通サービスとして集約し、その他の各ゾーンからその共通サービスを利用するといった構成もできる
    1.共通サービスを配置するゾーンにプライベートLANを作成する
    2.1で作成したプライベートLANと同じセグメント帯のプライベートLANをサービスA,サービスBに作成する
    3.各ゾーンのプライベートLANをプライベートブリッジで接続する
    4.上記により、全てのプライベートLANをプライベートブリッジを利用してL2接続することで各システムから共通のサービスを提供するサーバー群にアクセスが可能となる
補足
  • 各システム間では通信させたくないといった要望がある場合も、ニフクラファイアウォールを利用して適切にルールを設定することで制御も可能

デザインパターンをeBookで無料提供中

ニフクラ Cloud Design Pattern

ニフクラでは、本ページ掲載のデザインパターンをまとめたeBookを無料で提供しています。以下のページより、ダウンロードください。

料金は見積もりシミュレーターで確認可能

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能