本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドデザインパターン

クラウド トップ>クラウドデザインパターン>【アプリレイヤー編】Oracle利用パターン:シングル構成

【アプリレイヤー編】Oracle利用パターン:シングル構成

OVMサービスを利用して、ニフクラにOracleデータベースライセンスを持ち込み、構築するパターンです。

解決したい課題/要求事項

  • Oracleをオンプレミスに配置し、ニフクラ上サーバーとのハイブリッドクラウドを検討しているが、ネットワークレイテンシーの低下によりパフォーマンスへの影響が懸念される
  • オンプレミスで利用しているOracleデータベースライセンスをクラウド上でも利用したい
  • オンプレミスのOracleデータベースをクラウドに構築し、定期的に繰り返されるハードウェアリプレースから脱却したい

ニフクラでの解決パターン

以下によって、解決したい課題の解決や要求事項を実現します。

  • OVMサービスでは、仮想基盤としてOracle VMを採用したマルチテナント型パブリッククラウドサービスであり、利用者がオンプレミスで利用しているOracleデータベースライセンスがBYOLできる
  • 二フクラ(パブリック)環境にあるサーバーとOracleデータベース間の通信はプライベートLAN経由となり、ネットワークレイテンシーも低くパフォーマンスへの影響を最小限に抑えることができる

ニフクラでの解決パターン

実装
  • OVMスタートアップガイドを参照し、所定のWeb申請フォームよりサーバー新規作成の申請をしてください。
  • 申請後、約15営業日でサーバーが払い出される
  • サーバー払い出し後のOracle データベースインストール、セキュリティ対策などを含めたシステム構築は利用者自身で設計・構築が必要となる
補足
  • OVM環境基盤障害にてハイパーバイザである物理サーバーに障害が発生した際、仮想マシンは別物理サーバーにて自動で起動する(HA)
  • OVMサービスはeast-1リージョンでのみ利用できる
    ※OVMサービスで利用可能なOS、およびその他仕様/制限事項はサービス仕様書を参照とする
    ニフクラ OVM(Oracle Database 利用環境)サービス仕様書
注意点
  • HA発動後には、仮想サーバーを元の物理サーバーへ戻すために、サーバーの停止を伴うメンテナンス作業が発生する

デザインパターンをeBookで無料提供中

ニフクラ Cloud Design Pattern

ニフクラでは、本ページ掲載のデザインパターンをまとめたeBookを無料で提供しています。以下のページより、ダウンロードください。

料金は見積もりシミュレーターで確認可能

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能