本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドデザインパターン

クラウド トップ>クラウドデザインパターン>【ニフクラ活用応用編】サーバー冗長化パターン

【ニフクラ活用応用編】サーバー冗長化パターン

仮想サーバーを複数台並べ、クラウドサービスとして提供されるロードバランサー(L4)を用いて適宜負荷を振り分けるパターンです。

解決したい課題/要求事項

  • ニフクラで作成した仮想サーバーには、標準で自動フェイルオーバー(HA機能)が付与されているが、フェイルオーバーが発生した場合、約5分間サーバーとの通信ができなくなる
    • フェイルオーバーが発生した場合でもサービスを途切れず継続させたい
    • 自動フェイルオーバー(HA機能)だけでは対応できない

ニフクラでの解決パターン

以下によって、解決したい課題の解決や要求事項を実現します。

  • ニフクラでは、可用性向上と性能向上のための負荷分散機能として、ロードバランサー(L4)サービスを提供している
  • ロードバランサー(L4)をグローバルネットワーク側に配置し、インターネットからのアクセスを外部ネットワークに接続された複数台の仮想サーバーへ負荷分散する
  • 上記により、処理性能の高いサーバー1台構成から、可用性を考慮し処理能力が少し低いサーバーを複数配置する冗長構成に切り替えることができる

ニフクラでの解決パターン

実装
  • ロードバランサ―(L4)を利用する
  • フロントエンドサーバー群が受ける通信をロードバランサー(L4)が最初に受け取り、ロードバランサー(L4)配下に配置された仮想サーバーに振り分けられる
  • ロードバランサー(L4)にはヘルスチェック機能(仮想サーバーが正常に稼働しているかどうかを確認する機能)があり、正常に稼働していない仮想サーバーには処理を振り分けない
  • 仮に一つの仮想サーバーに障害が起きると残りの仮想サーバーに通信を割り振り、サービスを継続できる
    1.仮想サーバーを作成し、OSなどを設定する
    2.サーバーコピー(サーバーの複製)パターンを参考に、仮想サーバーを複数作成する
    3.ロードバランサー(L4)を作成し、負荷分散対象に複数の仮想サーバーを割り当てる
    4.ヘルスチェック機能を利用し、負荷分散対象として割り当てた仮想サーバーの状態確認を行うように設定する
補足
  • ロードバランサー自体が障害に陥る場合も考慮する必要がある
    • ロードバランサー(L4)であれば1分程度の障害復旧時間が必要
    • マルチロードバランサーであれば5分程度の障害復旧時間が必要

デザインパターンをeBookで無料提供中

ニフクラ Cloud Design Pattern

ニフクラでは、本ページ掲載のデザインパターンをまとめたeBookを無料で提供しています。以下のページより、ダウンロードください。

料金は見積もりシミュレーターで確認可能

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能