本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドデザインパターン

クラウド トップ>クラウドデザインパターン>【ニフクラ活用応用編】マルチゾーンパターン

【ニフクラ活用応用編】マルチゾーンパターン

ゾーン障害を考慮し、プライベートブリッジを利用して、異なるゾーンへサーバーを配備するパターンです。

解決したい課題/要求事項

  • ニフクラのデータセンター内のゾーンには、ネットワークを束ねている物理的なネットワーク機器があるが、このすべてが障害に陥った場合に、その配下にあるサーバー群が全て利用できなくなるため、システムの可用性をゾーンレベルで維持させたい

ニフクラでの解決パターン

以下によって、解決したい課題の解決や要求事項を実現します。

  • ロードバランサー(L4)を使ってインターネットからのアクセスをグローバルネットワークを介して複数ゾーンで冗長構成とする
  • 2つの異なるゾーンに配置したデータベースを同期させるために、ニフクラの「プライベートブリッジ」を利用し、異なるゾーンでのプライベートネットワークを1つにまとめる

ニフクラでの解決パターン

実装
  • 複数ゾーンに仮想サーバーを配置して可用性を向上させた、マルチゾーン構成を作る
    1.複数の各ゾーンに仮想サーバーとプライベートLANを作成する
    2.各ゾーンのプライベートLANに「コネクター」を作成する
    3.各ゾーンの「コネクター」同士を関連づける「プライベートブリッジ」を作成する
    4.プライベートブリッジに各ゾーンの「コネクター」を接続する
    5.ロードバランサー(L4)を作成し、各ゾーンの仮想サーバーを割り当てる
補足
  • プライベートブリッジを経由してプライベートな通信経路で、ゾーン間のデータの同期等を行うことが可能となる
  • ロードバランサー(L4)はリージョン内の各ゾーンの仮想サーバーを負荷分散対象に指定することが可能

デザインパターンをeBookで無料提供中

ニフクラ Cloud Design Pattern

ニフクラでは、本ページ掲載のデザインパターンをまとめたeBookを無料で提供しています。以下のページより、ダウンロードください。

料金は見積もりシミュレーターで確認可能

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能