本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドデザインパターン

クラウド トップ>クラウドデザインパターン>【ニフクラ活用応用編】サーバーセパレートパターン

【ニフクラ活用応用編】サーバーセパレートパターン

複数のサーバーを、確実に別々の物理サーバー上に配備するパターンです。

解決したい課題/要求事項

  • 並列に並べている仮想サーバーが利用している物理ホストがすべて同じ筐体で稼働している可能性がある
  • 仮想サーバーが稼働しているハードウェアが障害に陥るとすべての仮想サーバーが同時に障害に陥る可能性がある

ニフクラでの解決パターン

以下によって、解決したい課題の解決や要求事項を実現します。

  • 二フクラのサーバーセパレートを利用する
  • サーバーセパレートの指定した2台の仮想サーバーを異なる物理ホスト上に分離的に配置する機能を利用し、仮想サーバーが稼働する物理ホストを意図して分けることができる

ニフクラでの解決パターン

実装
  • ニフクラのサーバーセパレートは同一物理ホストに仮想サーバーが搭載されないように配置することで、サービスの継続性を向上することができる
    ※本パターンでは3台の仮想サーバー、A・B・Cを構築した場合となります。
    1,3台の並列した仮想サーバー、A・B・Cを構築する
    2.AとBをセパレートルール1、BとCをセパレートルール2、CとAをセパレートルール3とする、3つのサーバーセパレートを作成する
    3.ロードバランサー(L4)に、1で構築した仮想サーバーを割り当てる
補足
  • サーバーセパレートは2つの仮想サーバーを異なるホストに配置できるルールが設定できる
  • A、B、Cのいずれか1台が乗っている物理ホストが障害に陥ったとしても、他の2台の仮想サーバーが乗っている物理ホストは障害が発生した物理ホストとは異なるため、ロードバランサー(L4)配下のサービスは継続稼働できる
  • 同様に、仮に2台の仮想サーバーが乗っている物理ホストが同時に障害に陥ったとしても、残りの1台の物理ホストとは無関係の障害のため、1台の仮想サーバーは稼働したままとなる
注意点
  • サーバーセパレートはゾーンを跨ぐことができない
    ※ゾーン障害も考慮しさらに可用性を向上させたい場合、マルチゾーンパターンやマルチリージョンパターンも併せて検討してください。

デザインパターンをeBookで無料提供中

ニフクラ Cloud Design Pattern

ニフクラでは、本ページ掲載のデザインパターンをまとめたeBookを無料で提供しています。以下のページより、ダウンロードください。

料金は見積もりシミュレーターで確認可能

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能