本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドデザインパターン

CI/CDパターン

DevOps環境を提供するニフクラ DevOps(β)サービスを利用して、CI/CDの環境を構成するパターンです。CIは継続的インテグレーション、CDは継続的デリバリーまたは継続的デプロイメントを意味します。

解決したい課題/要求事項

  • CI/CDに取り組みたいが、環境構築や運用作業に時間とコストがかかるのを何とかしたい
  • ビルド、テスト、デプロイを自動化し、品質と開発速度の向上を図りたい。

ニフクラでの解決パターン

以下によって、解決したい課題の解決や要求事項を実現します。

  • ニフクラ DevOps(β)とニフクラ Kubernetes Service Hatoba(以下 ニフクラ Hatoba)を利用することで、CI/CDの環境の構築、DevOps環境の運用(設定、ネットワーク管理)を容易に実行でき、サーバーの管理を不要にすることにより、利用者の運用負担を軽減することができます。
  • ニフクラ DevOps(β)の機能と連携して、ソースコードのビルド、テスト、デプロイ、セキュリティチェックなどを自動化することができます。また、リアルタイムでその結果を開発者に通知することもできます。

ニフクラでの解決パターン

ニフクラでの解決パターン

実装
  • ニフクラ DevOps(β)、ニフクラ Hatobaを利用すると、今まで大変だったDevOps環境の構築、運用、規模拡大の作業を、わかりやすいUIから簡単に行うことができます。
  • コードの管理、プロジェクトの管理、可視化、デプロイメント、DevOpsサーバーの運用に必要な機能が一通り揃っており、これらを活用することで運用工数を大幅に削減できます。
  • なお、DevOpsの設定が簡単にできる分、利用者自身でDevOps環境やKubernetesをカスタマイズ・管理するよりも制約が多くなります。ニフクラ DevOps(β)、ニフクラ Hatobaの制約条件や留意事項と、利用者自身で環境を運用/構築する場合のメリット・デメリットとを勘案して、ニフクラ DevOps(β)、ニフクラ Hatobaの利用について検討してください。
  • CIとCD用のサーバーについては、利用者自身で構築する必要があります。同じGitLab環境で揃えるには、GitLab Runner のご利用がおすすめです。
補足
  • コントロールパネル操作で大半の機能がご利用可能です。
  • DevOpsの機能を全て活用するには、GitLab EE ライセンスの購入が必要です。
  • オンプレ環境で自前のコードを管理したい場合は、GitLab EE ライセンスをオンプレの環境に適用してください。GitLab EE ライセンス詳細につきましては、以下のページにご確認ください。
注意点
  • ニフクラ DevOps(β)で選択可能なサーバータイプ、ディスク容量には制限があります。詳細につきましては、以下のページをご確認ください。
  • ニフクラ Kubernetes Service Hatoba(以下 ニフクラ Hatoba)で選択可能サーバータイプや制限については、こちらをご確認ください。
  • GitLab Runnerのインストールと設定方法については、Gitlab Docを参照してください。

デザインパターンをeBookで無料提供中

ニフクラ Cloud Design Pattern

ニフクラでは、本ページ掲載のデザインパターンをまとめたeBookを無料で提供しています。以下のページより、ダウンロードください。

料金は見積もりシミュレーターで確認可能

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能