本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドデザインパターン

クラウド トップ>クラウドデザインパターン>【ニフクラ活用基本編】ルーター(NAT)利用パターン

【ニフクラ活用基本編】ルーター(NAT)利用パターン

ルーターのNAT機能を利用して、インターネットを参照できるようにするパターンです。

解決したい課題/要求事項

  • セキュリティを考慮し、インターネットヘは一切接続できなくなるが、サーバーにグローバルIPアドレスを付与したくない
  • プロトコルに縛られず、外部に通信を行いたい
  • 外部から対象のサーバーにアクセスしたい

ニフクラでの解決パターン

以下によって、解決したい課題の解決や要求事項を実現します。

  • ニフクラで提供するルーターの「NAT」機能を利用する

ニフクラでの解決パターン

実装
  • ニフクラでは、ルーターのNAT(SourceNAT、DestinationNAT)機能により、ネットワークの内側と外側のサーバー間で通信することが可能になる
    1.NATルールを追加したNATテーブルを作成し、ルーターへ適用する
    2.仮想サーバーはグローバルNICを外す
    3.仮想サーバー内にインターネットへ接続するためのルーティング設定を行う
補足
  • Webプロキシ機能では対応していないHTTPSが443以外で利用されるソフトウェアなどの場合、NATを利用することでインターネットへ接続することができるようになる
  • 例えば、ニフクラで提供しているクラウド型バックアップサービス(Acronis Backup Cloud for ニフクラ )での利用はNAT機能を用いることにより、グローバルIPアドレスを持たないサーバーでもAcronis Cloudに対してアクセスが可能
注意点
  • ルーターに割り当てが可能なグローバルIPアドレスは1つとなる

デザインパターンをeBookで無料提供中

ニフクラ Cloud Design Pattern

ニフクラでは、本ページ掲載のデザインパターンをまとめたeBookを無料で提供しています。以下のページより、ダウンロードください。

料金は見積もりシミュレーターで確認可能

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能