本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドデザインパターン

クラウド トップ>クラウドデザインパターン>【アプリレイヤー編】RDB冗長化パターン

【アプリレイヤー編】RDB冗長化パターン

RDBの冗長化機能を利用し、データベースサーバーの可用性を向上させるパターンです。

解決したい課題/要求事項

  • データベースサーバーを冗長化し、可用性を高めたい
  • データベースサーバーの冗長化の高い要求スキル、複雑な作業工程、また運用面の負担を軽減したい

ニフクラでの解決パターン

以下によって、解決したい課題の解決や要求事項を実現します。

  • ニフクラのRDBサービスを利用することで、容易に冗長構成が構築できるため、利用者の運用負担を軽減できる

ニフクラでの解決パターン

実装
  • ニフクラRDBは、データベースサーバーの冗長化と障害時のフェイルオーバーをサポートしている
  • 冗長化のタイプは、データ優先 / 性能優先 の2つから選択することができる
    1.RDB作成時、または作成後のRDB設定変更にて、冗長化構成(データ優先 / 性能優先)を有効にするかどうかを指定する
補足
  • 冗長化をニフクラのコントロールパネルから実装できる
  • 冗長構成とすると、2台のDBサーバーは異なるホストへ配置され、アクティブスタンバイ構成となる
  • アクティブDBサーバーのホストに障害が起きた場合、アクティブDBサーバーが停止または利用不可になった場合でもスタンバイのDBサーバーが自動昇格し、DBサービスを継続することが可能
  • データベースサーバーの冗長化に必要なスキル、設計にかかる手間を削減することができる
  • 運用に必要な機能は一通り揃っているため、運用面でも負荷軽減の期待ができる
注意点

デザインパターンをeBookで無料提供中

ニフクラ Cloud Design Pattern

ニフクラでは、本ページ掲載のデザインパターンをまとめたeBookを無料で提供しています。以下のページより、ダウンロードください。

料金は見積もりシミュレーターで確認可能

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能