本文へジャンプします。

TOP

ニフクラクラウドデザインパターン

クラウド トップ>クラウドデザインパターン>【アプリレイヤー編】Sorry Pageパターン

【アプリレイヤー編】Sorry Pageパターン

サーバー異常時に、負荷分散機能の設定で Sorry Pageを表示または、代替コンテンツを表示させるパターンです。

解決したい課題/要求事項

  • 以下のような事象が発生した場合を想定し、利用者に対して Sorry Pageや代替のコンテンツを表示させたい
    • アプリケーションやプログラムコードの不具合や、サーバー/ネットワークの過負荷/障害などが原因で、Webサイトにアクセスできない
    • システム改修時や障害発生時に、一時的にWebサイトを閉鎖したい

ニフクラでの解決パターン

以下によって、解決したい課題の解決や要求事項を実現します。

  • ロードバランサー(L4, L7,IPCOM VE2シリーズ)の Sorry Pageを利用する
  • マルチロードバランサーはSorry Pageへのリダイレクトとなるため、リダイレクト先コンテンツをオブジェクトストレージなどに配置する
    ※L7ロードバランサー、IPCOM VE2シリーズでも、リダイレクト機能は利用可能

ニフクラでの解決パターン

  • ※Sorry Pageへのリダイレクト先コンテンツは、オブジェクトストレージ以外も利用可能(http/httpsアクセス)

ニフクラでの解決パターン

  • ※Sorry Pageへのリダイレクト先コンテンツは、オブジェクトストレージ以外も利用可能(http/httpsアクセス)
実装
  • ニフクラでは4種類のロードバランサーを提供しており、各ロードバランサーでSorry Pageを構成できる
  • これによりWebシステムで、アプリケーションやプログラムコードの不具合、サーバー/ネットワークの過負荷/障害などが原因でWebサイトにアクセスできない場合にSorry Pageを表示させることが可能となる
  • システム改修時に一時的にWebサイトを閉鎖したい場合にSorry Pageを表示させることが可能となる
補足

各ロードバランサーのSorry Pageの仕様は以下の通りです。

【ロードバランサー(L4)】

  • デザイン固定(変更不可)、待ち受けポートが80番のHTTPのみ利用可能
  • レスポンスコードは200か503を選択可能

【マルチロードバランサー】

  • リダイレクトでのみ対応、HTTP/HTTPSでポートごとに利用可能
  • レスポンスコードは302(リダイレクト)

【L7ロードバランサー(Pulse Secure Virtual Traffic Manager)】※1

  • ページのカスタマイズ可能、Virtual Server設定ごとにHTTP/HTTPS/他プロトコルで利用可
  • レスポンスコードは500(FIN送信も可能)
  • HTTP/HTTPS以外はFIN送信
  • リダイレクト設定によりSorryページを表示させることも可能

【統合ネットワークサービス(IPCOM VE2シリーズ)】※2

  • HTTPエラーメッセージ転送 装置内に登録したSorryページ(HTMLファイル)を応答可能
  • URLリダイレクト/HTTPリダイレクト応答でSorryページを表示する別URLへ誘導可能
注意点
  • ※1 L7ロードバランサー(Pulse Secure Virtual Traffic Manager)は、ニフクラパートナー「図研ネットウエイブ株式会社」が提供するソリューションサービスです。
  • ※2 統合ネットワークサービス(IPCOM VE2シリーズ)は、二フクラパートナー「富士通株式会社」が提供する仮想アプライアンスソフトウェアサービスです。

デザインパターンをeBookで無料提供中

ニフクラ Cloud Design Pattern

ニフクラでは、本ページ掲載のデザインパターンをまとめたeBookを無料で提供しています。以下のページより、ダウンロードください。

料金は見積もりシミュレーターで確認可能

見積もりシミュレーター

ニフクラの概算の利用料金は、Web上から見積もりシミュレーターで簡単に算出いただけます。

導入のご相談はお電話でも受け付けております。

0120-22-1200

0120-22-1200

受付時間:9:00~17:45(土日祝・当社指定の休業日を除く)
※携帯電話・PHSからもご利用可能