本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>コンピューティング>コンソール接続する:Linux系OSの場合

コンソール接続する:Linux系OSの場合

Linuxサーバーへのコンソール接続について説明します。

2011年8月22日以降に作成されたサーバーの場合

ログインユーザ名として「root」と入力してログインします。 コンソールの中にカーソルを入れるときは、コンソール画面をクリックします。 コンソールの外にカーソルを戻すときは、キーボードでCtrl + Altキーを押します。

Login root
Password rootのパスワード

コンソール画面

rootユーザでのログインについて
  • スタンダードイメージとして提供しているOSイメージから作成したサーバーは、rootユーザーはパスワードが未設定(ロックされた状態)となっています。
  • コンソールにてrootユーザーでログインするには、シングルユーザーモードでログインするか、rootユーザーのパスワードを設定する必要があります。
  • シングルユーザーモードの設定については、下記をご確認ください。
  • rootユーザーのパスワードを設定するには、サーバーに一度ログインしpasswdコマンドを実行します。

    # passwd root

2011年8月22日以前に作成されたサーバーの場合

コンソールを起動したら、サーバー作成時に設定した「管理者アカウント」および「管理者パスワード」を入力してログインします。 コンソールの中にカーソルを入れるときはコンソール画面をクリックします。コンソールの外にカーソルを戻すときは、キーボードでCtrl + Altキーを押します。

Login 管理者アカウント
Password 管理者パスワード


コンソール画面

クラッシュダンプの取得方法について

  • クラッシュダンプの取得は、一般的に以下の方法で取得することができます。
    • NMIをサーバーに送付する
    • キーボード操作による意図的なカーネルクラッシュを実行する
  • キーボード操作による意図的なカーネルクラッシュを実行することでクラッシュダンプを取得することができます。
    • ニフクラではNMIをサーバーに送付する機能は提供しておりません。
  • クラッシュダンプを取得にするには、事前にkdumpの設定が必要となります。
  • kdumpの設定については、お客様の契約するOSベンダーのサポート担当の指示のもと実行してください。
  • キーボード操作により意図的なカーネルクラッシュを実行した結果、想定外の不具合が生じるなどの問題が発生した場合でも弊社での責任は負いかねますのでご了承ください。
  • キーボード操作により意図的なカーネルクラッシュを実行する一例を説明します。詳細は対象OSのドキュメントをご確認ください。
  1. SysRqキーを有効にします。

    # sysctl -w kernel.sysrq=1
  2. 永続的に有効にするには、/etc/sysctl.confのkernel.sysrqに1を設定します。再起動時により有効になります。

    # vi /etc/sysctl.conf
    以下の行を追加
    kernel.sysrq = 1
  3. SysRqを使ってカーネルクラッシュを実行します。

    コマンドから実行する場合は以下を実行します。

    # echo c > /proc/sysrq-trigger

    コンソールはPrint Screenキーの入力に対応していないため、次のキーの組み合わせは実行できません。

    Alt + PrintScreen + cキー

ニフクラ サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2022年11月17日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上