本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>コンピューティング>追加したディスクの設定方法(マウント手順):Linux系OSの場合

追加したディスクの設定方法(マウント手順):Linux系OSの場合

コントロールパネルより追加したディスクを、OSから認識させる設定の一例を説明します。お客様のご利用に応じて詳細設定を行ってください。

  • 事前にコントロールパネルより、サーバーにディスクを追加する必要があります。
  • 本ページでは、スンダードイメージとして提供している Ubuntu 18.04 に 100 GB の増設ディスク (標準ディスク) をマウントした際の実行結果を例として解説いたします。
  • スンダードイメージとして提供しているRHEL 6.10、CentOS 6.10、 RHEL7.6、 CentOS7.6、 Ubuntu 16.04、Ubuntu 18.04のOSイメージについて、本手順で増設ディスクをext4でフォーマットしディスクを追加できます。
  1. オンラインでディスクを追加する場合は、まずこちらの操作を行います。

    # for i in $(find /sys/class/scsi_host -name 'scan') $(find /sys/devices -name 'scan') ;do echo "- - -" > $i ; done

    ※古いバージョンのOSでは、CPUやメモリを大量に消費したり、ディスクへの書き込みを大量に行っている場合、サーバーが異常な状態に陥る可能性があるため、事前に処理を停止してください。スタンダードイメージから作成したサーバーにつきましては、高負荷時でも正しく動作することを確認しております。

  2. 追加したディスクを確認します。コントロールパネルで追加したディスクが認識できていることを確認します。

    root@ubuntu:~# fdisk -l
    Disk /dev/sda: 30 GiB, 32212254720 bytes, 62914560 sectors
    Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
    Disklabel type: dos
    Disk identifier: 0x0e9305f5
    
    Device     Boot   Start      End  Sectors  Size Id Type
    /dev/sda1  *       2048   999423   997376  487M 83 Linux
    /dev/sda2        999424  5101567  4102144    2G 82 Linux swap / Solaris
    /dev/sda3       5101568 62912511 57810944 27.6G 83 Linux
    
    
    Disk /dev/sdb: 100 GiB, 107374182400 bytes, 209715200 sectors
    Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
    root@ubuntu:~# 

    上記結果の Disk /dev/sdb: 100 GiB 107374182400 bytes, 209715200 sectors が増設ディスクに該当します。

  3. fdiskコマンドを使用し、領域を作成します。
    1. 手順 2 で確認した増設ディスクのパーティション ( /dev/sdb ) を指定して fdisk コマンドを実行します。

      root@ubuntu:~# fdisk /dev/sdb
      
      Welcome to fdisk (util-linux 2.31.1).
      Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
      Be careful before using the write command.
      
      Device does not contain a recognized partition table.
      Created a new DOS disklabel with disk identifier 0x182250b7.
    2. n を入力し新たにパーティションを作成します。

      Command (m for help): n
    3. p を入力し基本領域を選択します。

      Partition type
          p   primary (0 primary, 0 extended, 4 free)
          e   extended (container for logical partitions)
      Select (default p): p
    4. 1 を入力し領域番号を指定します。

      Partition number (1-4, default 1): 1
    5. 始点・終点シリンダを指定します (default 値を入力、今回は始点が 2048 、終点が 209715199 ) 。

      First sector (2048-209715199, default 2048): 2048
      Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (2048-209715199, default 209715199): 209715199
      
      Created a new partition 1 of type 'Linux' and of size 100 GiB.
    6. p を入力しデバイス確認をします (今回は /dev/sdb1 が表示されていればよい) 。

      Command (m for help): p
      Disk /dev/sdb: 100 GiB, 107374182400 bytes, 209715200 sectors
      Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
      Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
      I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
      Disklabel type: dos
      Disk identifier: 0x182250b7
      
      Device     Boot Start       End   Sectors  Size Id Type
      /dev/sdb1        2048 209715199 209713152  100G 83 Linux
    7. w を入力しテーブルをディスクに書き込み終了します。

      Command (m for help): w
      The partition table has been altered.
      Calling ioctl() to re-read partition table.
      Syncing disks.
      
      root@ubuntu:~# 
  4. パーティションの更新情報を認識させます。

    # partprobe
  5. パーティションをフォーマットします。

    上記 fdisk コマンドにて出力した値を入力します (ここでは /dev/sdb1 )。

    root@ubuntu:~# mkfs -t ext4 /dev/sdb1
    mke2fs 1.44.1 (24-Mar-2018)
    Creating filesystem with 26214144 4k blocks and 6553600 inodes
    Filesystem UUID: fdc11bf5-c65b-4e88-b3a4-1288142de082
    Superblock backups stored on blocks: 
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 
        4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872
    
    Allocating group tables: done                            
    Writing inode tables: done                            
    Creating journal (131072 blocks): done
    Writing superblocks and filesystem accounting information: done   
    
    root@ubuntu:~# 
  6. 処理が完了しプロンプトが返ってくるまで、しばらくお待ちください。

  7. マウントするディレクトリを作成します。
    ここでは、「/add_disk1」を作成してマウントします。

    # mkdir /add_disk1
  8. 追加したディスクの UUID を確認します。

    root@ubuntu:~# blkid
    /dev/sda1: UUID="19ff119b-e070-4c35-9957-fe22717f918f" TYPE="ext4" PARTUUID="0e9305f5-01"
    /dev/sda2: UUID="4b395b2b-d0a3-4d92-8a29-d314e1be5867" TYPE="swap" PARTUUID="0e9305f5-02"
    /dev/sda3: UUID="719a740c-1de4-44d8-80f0-d8308091cd00" TYPE="ext4" PARTUUID="0e9305f5-03"
    /dev/sdb1: UUID="fdc11bf5-c65b-4e88-b3a4-1288142de082" TYPE="ext4" PARTUUID="182250b7-01"
    root@ubuntu:~#

    上記結果から、今回の例では増設ディスク ( /dev/sdb1 ) の UUID は fdc11bf5-c65b-4e88-b3a4-1288142de082 であることが分かります。

  9. 自動マウント設定を行ないます。再起動した場合も自動的にマウントするよう設定を行ないます。
    「/etc/fstab」を編集します。

    「/etc/fstab」に増設ディスクのパーティション情報を追記します。

    今回の例では最終行に UUID=fdc11bf5-c65b-4e88-b3a4-1288142de082 /add_disk1 ext4 defaults 1 2 を追加します。

    ※ fstabに記述したままコントロールパネルからディスクをはずすと、起動時にエラーとなり起動しません。ディスクをはずす前に、必ずfstabの記述を削除してください。

    root@ubuntu:~# vi /etc/fstab
    # /etc/fstab: static file system information.
    #
    # Use 'blkid' to print the universally unique identifier for a
    # device; this may be used with UUID= as a more robust way to name devices
    # that works even if disks are added and removed. See fstab(5).
    #
    # <file system> <mount point>   <type>  <options>       <dump>  <pass>
    # / was on /dev/sda3 during installation
    UUID=719a740c-1de4-44d8-80f0-d8308091cd00 /               ext4    errors=remount-ro 0       1
    # /boot was on /dev/sda1 during installation
    UUID=19ff119b-e070-4c35-9957-fe22717f918f /boot           ext4    defaults        0       2
    # swap was on /dev/sda2 during installation
    UUID=4b395b2b-d0a3-4d92-8a29-d314e1be5867 none            swap    sw              0       0
    /dev/fd0        /media/floppy0  auto    rw,user,noauto,exec,utf8 0       0
    UUID=fdc11bf5-c65b-4e88-b3a4-1288142de082 /add_disk1 ext4 defaults 1 2
  10. 作成したディレクトリにマウントします。

    # mount /dev/sdb1 /add_disk1
  11. マウントしたディスクが認識されているか、確認します。

    root@ubuntu:~# df -h
    Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
    udev            209M     0  209M   0% /dev
    tmpfs            48M  800K   47M   2% /run
    /dev/sda3        28G  1.6G   25G   7% /
    tmpfs           236M     0  236M   0% /dev/shm
    tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
    tmpfs           236M     0  236M   0% /sys/fs/cgroup
    /dev/sda1       464M   70M  366M  17% /boot
    tmpfs            48M     0   48M   0% /run/user/0
    /dev/sdb1        98G   61M   93G   1% /add_disk1
    root@ubuntu:~# 

    上記結果から /dev/sdb1 98G 61M 93G 1% /add_disk1 と表示されているので増設ディスクが正しくマウントされていることが確認できます。

ニフティクラウド サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上