本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

OSイメージ:Linux

RHEL/CentOS

提供イメージの設定内容

スタンダードイメージとして提供しているRHEL/CentOSのOSイメージは以下の設定を行っております。

項目 設定内容 対象
パッケージ @Core@Base@Japanese Supportのパッケージグループをインストール すべて
初期ユーザ root すべて
ロケール en_US.UTF-8を指定 すべて
タイムゾーン Asia/Tokyoを指定 すべて
キーボード 日本語キーボードを指定 すべて
NTP ntpdを利用 6.x以前
chronyを利用 7.x以降
ネームサーバー DNSキャッシュサーバとしてbindをインストールし、ローカルのDNSキャッシュサーバを参照 6.x以前
DNSキャッシュサーバとしてunboundをインストールし、ローカルのDNSキャッシュサーバを参照 7.x以降
ファイアウォール ファイアウォールを有効 RHEL 7.x以前
ファイアウォールを無効 RHEL 8.0以降, すべてのCentOS
SELinux Permissiveモードに設定 7.x以前
Enforcingモードに設定 8.0以降
管理 open-vm-toolsをインストール すべて
OS初期化スクリプト(nifcloud_initまたはniftycloud_init)をインストール すべて
RHEL 8.0/CentOS 8.0以降の変更について

RHEL 8.0およびCentOS 8.0以降のイメージから作成したサーバーについて、以下の変更を行っております。

  • パッケージのアップデートを実施すると、カーネルも自動でアップデートされるようになりました。
  • 7.x以前のイメージから作成したサーバーでは、yum.confファイルのexclude行をコメントアウトすることで、カーネルアップデートを行うことは可能です。
/etc/yum.conf
#exclude=kernel* redhat-release*
  • SELinuxを有効化(Enforcingモード)しております。
  • ファイヤウォールは無効化しております。

Ubuntu

提供イメージの設定内容

スタンダードイメージとして提供しているUbuntuのOSイメージは以下の設定を行っております。

項目 設定内容 対象
パッケージ 「Ubuntu Server」でインストール すべて
初期ユーザ root すべて
ロケール en_US.UTF-8を指定 すべて
タイムゾーン Asia/Tokyoを指定 すべて
キーボード 日本語キーボードを指定 すべて
NTP systemd-timesyncdを利用 Ubuntu 16.04
chronyを利用 Ubuntu 18.04
ネームサーバー DNSキャッシュサーバとしてbindをインストールし、ローカルのDNSキャッシュサーバを参照 すべて
ファイアウォール ファイアウォールを有効 すべて
管理 open-vm-toolsをインストール すべて
OS初期化スクリプト(nifcloud_initまたはniftycloud_init)をインストール すべて

カーネルアップデート時の注意事項

  • カーネルアップデートなど、お客様がサーバー環境を変更されたことによる不具合などの問題についてはサポート対象外となり、復旧はいたしかねますのでご注意ください。
  • 本番環境で実施の際には、バックアップのご取得をお勧めします。

ニフティクラウド サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上