本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>コンピューティング>OSイメージ:サーバーの時刻管理

OSイメージ:サーバーの時刻管理

サーバーの時刻管理は、ゲストOSの時刻同期ソフトウェアまたはVMware Toolsの時刻同期を利用することが可能です。
複数の時刻同期機能が同時に動作すると、時刻同期が競合するため、どちらか一方が動作するようにする必要があります。

Red Hat Enterprise Linux/CentOS/Ubuntu

スタンダードイメージとして提供しているRed Hat Enterprise Linux/CentOS/UbuntuのOSイメージの時刻の推奨設定は以下の通りです。

項目 設定内容 対象
ゲストOSの時刻同期ソフトウェア 有効 すべて
VMware Toolsの時刻同期 無効 すべて

Windows Server

スタンダードイメージとして提供しているWindows ServerのOSイメージの時刻の推奨設定は以下の通りです。

項目 設定内容 対象
Win32Time 有効 すべて
VMware Toolsの時刻同期 無効 すべて

Win32Timeサービスの推奨設定は、以下のVMware社のサイトをご確認ください。

Windowsの時刻管理のベストプラクティス

VMware Toolsの時刻同期を利用したい場合

システムの構成上、インターネットを経由した時刻同期をせず、正確な時刻同期が必要ではない場合は、VMware Toolsの時刻同期を利用することも可能です。
VMware Toolsの自動同期を利用する場合の時刻の推奨設定は以下の通りです。

項目 設定内容
ゲストOSの時刻同期ソフトウェア 無効
VMware Toolsの時刻同期 有効

スタンダードイメージの時刻設定の変更について

  • スタンダードイメージのうちWindows Serverは、2020/02/19以前はVMware Toolsの時刻同期は有効としておりましたが、2020/02/20以降はVMware Toolsの時刻同期は無効となっております。
  • スタンダードイメージのうちRed Hat Enterprise Linux/CentOS/Ubuntuは、VMware Toolsの時刻同期は無効のままとなります。

VMware Toolsの時刻同期の確認および変更について

VMware Toolsの時刻同期の確認および変更について、下記をご確認ください。

公式FAQ:VMware Toolsの時刻同期はどのように動作確認・有効・無効にすれば良いですか

VMware Toolsの時刻同期について

VMware Toolsの時刻同期は以下の仕様となっております。

  • VMware Toolsは1分に1回ゲストOSの時刻が物理サーバーの時刻と一致しているかを確認します。一致していない場合、ゲストOSの時刻が物理サーバーの時刻と一致するよう同期が行われます。
  • ゲストOSの時刻が物理サーバーの時刻より遅れている場合、VMware ToolsはゲストOSの時刻を進めて物理サーバーの時刻と同じになるようにします。
  • ゲストOSの時刻が物理サーバーの時刻よりも進んでいる場合、VMware Toolsは両方の時刻が同期するまで、ゲストOSの時刻が進む速度を遅くします。
  • LinuxのNTPや、Windows用のWin32TimeなどのゲストOSの時刻同期ソフトウェアは、通常VMware Toolsの定期的な時刻同期よりも正確です。
  • ゲストOSで使用する時刻同期は、時刻同期ソフトウェアかVMware Toolsのどちからのみを利用するようにしてください。
    • ゲストOSの時刻同期ソフトウェアを使用している場合は、VMware Toolsの時刻同期を無効にします。
  • VMware Toolsの時刻同期の有効・無効にかかわらず、以下のVMware仮想化基盤およびゲストOSにおける操作により時刻同期が行われます。
    • vMotionを使用した仮想マシンの移行
    • スナップショットの作成および復旧
    • ゲストOSでの VMware Toolsサービスの再起動(ゲストOSの再起動を含む)

ニフクラ サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上