本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

監視:ルールの作成

お客様のサーバーを自動監視する仕組みです。監視項目を複数組み合わせることによって、より細かい監視条件の設定を行うことが可能です。

※サーバー監視を行うには、事前に対象サーバーに対しSNMPの利用設定が必要です。
設定方法については「サーバー監視・パフォーマンスチャート・オートスケールのご利用設定」をご覧ください。

  1. 左メニューの「監視」をクリックします。

    監視:ルールの作成

  2. 表示された「監視ルール作成」ボタンをクリックすると、「監視ルール - 作成」のダイアログが表示されます。

    「監視ルール作成」ダイアログ

  3. 監視ルールの基本設定を行います。「監視内容設定へ」ボタンをクリックします。

    監視ルールを設定

    監視ルール名 監視ルールの名前を入力します。
    監視対象種別 監視対象をサーバー、ロードバランサー、マルチロードバランサー、パーティションから選択します。
    通知先メールアドレス 監視条件に一致した場合に通知メールを送信するメールアドレスを指定します。
    通知先メールアドレスは5件まで設定することができます。
    メモ メモを入力します。
  4. 監視ルールの監視内容設定を行います。「監視対象選択へ」ボタンをクリックします。

    監視内容設定

    監視ルール 監視ルールを設定します。
    監視項目 監視する項目を選択します。
    閾値 異常となる閾値を入力します。
    条件 異常となる条件を入力します。
    長さ 閾値を超えてからの長さを選択します。
    監視通知の条件 監視通知を行う条件を設定します。
    条件に一致した場合、通知先メールアドレス宛に通知メールが送信されます。
  5. 監視対象のリソースを選択します。「確認へ」ボタンをクリックします。

    確認

    ゾーン 監視対象が属するゾーンを選択します(監視対象種別がサーバー、パーティションの場合のみ)。


    選択した監視対象種別、ゾーンから監視対象一覧が表示されます。
    一覧の中から、監視したい対象のチェックボックスを選択します。

  6. 内容を確認し、「作成する」ボタンをクリックすると、監視ルールの作成処理が始まります。

    確認

  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年7月27日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上