本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

VMイメージの作成方法

VMインポートで利用するOVFテンプレートを作成するために、以下の順番に設定を行ってください。

仮想マシンの設定

仮想マシンの「設定の編集」により、以下の設定を行ってください。

項目 設定内容 ovfファイルのパラメーター(設定例) 説明
CPU 変更なし - VMインポートする際に修正されるため設定変更は不要です
メモリ 変更なし - VMインポートする際に修正されるため設定変更は不要です
ハードディスク 1 許可されているサイズを指定してください※1 <References>と<DiskSection>の次の値を利用します。
ovf:size=“1314489344”
ovf:capacity=“30”
ovf:capacityAllocationUnits=“byte * 2^30”
許可されているサイズを超える場合、VMインポートに失敗します。ovf:sizeの記載がない場合、VMインポートに失敗します。ovf:sizeは、vmdkファイルのファイルサイズ(単位はbyte)になります。
仮想デバイス ノードはSCSI コントローラにしてください - IDEの場合、VMインポートに失敗します
ハードディスク 2以降 削除してください - 2つ目以降のハードディスクが存在するとVMインポートに失敗します
SCSI コントローラ 1つのみ接続されている必要があります -
ネットワークアダプタ 1 アダプタタイプはVMXNET3またはE1000を設定してください。Windows Server 2012以降ではE1000はサポート対象外です。詳細はVMware社のサイトをご確認ください。 <rasd:ResourceSubType>VmxNet3</rasd:ResourceSubType> VMインポートする際に削除され、再作成されます。再作成によりMACアドレスは変更されます。
ネットワークアダプタ 2 アダプタタイプはVMXNET3またはE1000を設定してください <rasd:ResourceSubType>VmxNet3</rasd:ResourceSubType> VMインポートする際に削除され、ネットワークの指定があれば再作成されます。再作成によりMACアドレスは変更されます。
ネットワークアダプタ 3以降 削除してください - VMインポートする際に削除されます
ビデオカード 「カスタム設定の指定」に設定してください <vmw:Config ovf:required=“false” vmw:key=“useAutoDetect” vmw:value=“false”/> 「設定の自動検出」の場合、VMインポートに失敗する可能性がございます
ビデオ メモリの合計は128MB以下に設定してください <vmw:Config ovf:required=“false” vmw:key=“videoRamSizeInKB” vmw:value=“4096”/> ビデオ メモリの合計が128MB以上の場合、VMインポートに失敗する可能性がございます
CD/DVD ドライブ CD/DVD ドライブは「クライアントデバイス」に設定してください -
デバイス モードは「パススルー CD-ROM」に設定してください -
互換性 仮想マシン バージョンは、7(ESX/ESXi 4.0以降)、8(ESXi 5.0以降)、9(ESXi 5.1以降)、10(ESXi 5.5以降)、11(ESXi 6.0以降)、13(ESXi 6.5以降)の範囲で設定してください <vssd:VirtualSystemType>vmx-13</vssd:VirtualSystemType> 左記以外の仮想マシン バージョンの場合、VMインポートに失敗します

※1 許可されているサイズについては OVFファイルの通過条件をご確認ください。

OSの設定

  • OSの起動をVMwareTools経由にてIPアドレスが取得出来ることで判断しています。
  • そのため、以下の設定を行ってください。
    • ネットワーク設定はDHCPを有効、または静的IPアドレスを設定していること(詳細は下記参照)
    • VMware Toolsをインストールし、VMware Toolsが自動起動となっていること
    • 利用していないインターフェイスがある場合は、VMwareToolsの設定で特定のインターフェイスを除外する
  • 必須バージョンに満たないVMware Tools/open-vm-toolsを利用した場合、コントロールパネルおよびニフクラ APIが正常に動作しない場合があります。VMware Toolsの必須バージョンについては、以下をご確認ください。
  • ニフクラの以下の機能を利用する場合は、OS初期化スクリプトのインストールを行ってください。
  • VMインポートに失敗したサーバー(コントロールパネルにて「インポートエラー」と表示されたサーバー)は、3日で自動削除されます。
    • 3日以内であれば、コンソールにてVMインポートに失敗したサーバーに接続し、OSの設定を修正し、再インポートすることが可能です。
ネットワークの種類とOSの設定について

ネットワークの種類ごとに必要なOSの設定は以下の通りです。

VMインポート>サーバー設定>ネットワーク VMインポート>サーバー設定>ネットワーク>IPアドレス OSの設定 説明
共通グローバル 自動割り当て、または付替IPアドレス DHCPを有効 DHCPによるIPアドレスを取得する設定になっていない場合は、VMインポートに失敗します
共通プライベート 自動割り当て、または付替IPアドレス DHCPを有効 DHCPによるIPアドレスを取得する設定になっていない場合は、VMインポートに失敗します
プライベートLAN 自動割り当て DHCPを有効 DHCPによるIPアドレスを取得する設定になっていない場合は、VMインポートに失敗します
指定する DHCPを有効 DHCPによるIPアドレスを取得する設定になっていない場合は、VMインポートに失敗します
指定しない DHCPを有効、または静的IPアドレスを設定 IPアドレスが設定されていない場合は、インポートは完了しますがサーバーのステータスが異常ありと表示されます
IPアドレスが自動割り当てとなっているネットワークの場合
  • DHCPによりIPアドレスを設定しているネットワークについては、DHCPによるIPアドレス取得ができるようにする必要があります。
  • 以下の設定を行ってください。
    • ネットワーク設定はDHCPを有効にする
    • サーバーに適用するネットワークを2つ指定する場合は、すべてのインターフェイスでDHCPを有効にする
    • DHCPによるIP取得が行えるように、ネットワーク設定でMACアドレスなどの固有設定を削除する
    • DHCP クライアントが自動起動になっていること
    • OSのファイアウォールで外部からのDHCPの通信(UDP67番・68番)が許可されていること
IPアドレスが静的割り当てとなっているネットワークの場合
  • プライベートLANにてIPアドレスを指定しないを選択した場合は、静的IPアドレスを利用することができます。
  • プライベートLANにて利用可能なIPアドレスについては、以下をご確認ください。

機能・サービス:プライベートLAN

  • プライベートLANにてIPアドレスを指定しないを選択し、OSの設定にてDHCPを有効にしたVMをインポートした場合は、インポートに時間がかかり、インポート後はサーバーのステータスが異常ありと表示されます。
  • サーバーに適用するネットワークを2つ指定する場合は、1つ目のインターフェイスはDHCPを有効、2つ目のインターフェイスはDHCPを有効または静的IPアドレスを設定します。
    • ネットワークの順序とOSのインターフェイスのマッピングがずれる可能性があり、自動割り当てのネットワークに静的IPアドレスが設定されると、VMインポートに失敗する可能性があります。
    • コントロールパネルからネットワークのMACアドレスを確認することができるため、コンソールにてサーバーに接続し、ipコマンド等でネットワークの順序とOSのインターフェイスのマッピングの状態を確認することができます。
    • もしネットワークの順序とOSのインターフェイスのマッピングを任意に行いたい場合は、udevを利用することで修正することができます。
ネットワーク設定の削除とDHCPの設定

以下は、IPアドレスが自動割り当てとなっているネットワークを利用時の設定例になります。詳細は対象OSのドキュメントをご確認ください。

Red Hat Enterprise Linux/CentOS 7以降
  • 以下のコマンドを使って、永続的な udev ルールをすべて削除します。
# rm -f /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
  • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth[x] を以下のように編集して、ifcfg スクリプトから固有のネットワーク情報を削除します。
DEVICE=eth[x]
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
#NETWORK=10.0.1.0       <- REMOVE
#NETMASK=255.255.255.0  <- REMOVE
#IPADDR=10.0.1.20       <- REMOVE
#HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx  <- REMOVE
#USERCTL=no             <- REMOVE
# UUIDなど、その他の固有な設定または不要な設定を削除します。
  • HWADDR または固有の情報が削除され、DHCP 設定が維持されていることを確認します。
DEVICE=eth[x]
BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes
  • サーバーに適用するネットワークを2つ指定する場合は、すべてのインターフェイスでDHCPを有効にします。
# /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth[x]
DEVICE=eth[x]
BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes
# /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth[y]
DEVICE=eth[y]
BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes
Ubuntu 18.04以降
  • /etc/netplan/[x].yamlを以下のように編集して、DHCP 設定が維持されていることを確認します。
network:
    version:2
    ethernets:
        ens[x]:
            dhcp4: true
  • サーバーに適用するネットワークを2つ指定する場合は、すべてのインターフェイスでDHCPを有効にします。
network:
    version:2
    ethernets:
        ens[x]:
            dhcp4: true
        ens[y]:
            dhcp4: true
  • DHCPによるIP取得にmachine-idが利用され、IPが取得できない可能性があるため、machine-idを削除します。
echo -n > /etc/machine-id
Windows Server 2016以降
  • コントロールパネルを開き、ネットワークとインターネット>ネットワーク接続からイーサネットを選択します。
  • イーサネットのプロパティを開き、「インターネットプロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」を選択し、プロパティをクリックします。
  • 「IP アドレスを自動的に取得する」と「DNS サーバーのアドレスを自動的に取得する」にチェックを入れ、OKをクリックします。
  • サーバーに適用するネットワークを2つ指定する場合は、すべてのイーサネットで上記の対応を行います。
VMware Toolsの起動の確認
  • VMware Toolsが起動しているかは、以下のFAQをご確認ください。

公式FAQ:VMware Toolsの動作確認・起動はどのようにすれば良いですか。

VMware Toolsから特定のインターフェイスを除外する設定
  • OS内にニフクラのネットワークと接続しないインターフェイスが残っている場合、VMware Tools経由にてIPアドレスが取得出来ない可能性があります。
  • VMware Tools 10.2.0以降では、VMware Toolsの設定で特定のインターフェイスを除外することができます。
  • 以下のVMware社のサイトの「ネットワーク インターフェイス情報の構成」の手順をご確認ください。

VMware Docs

  • 設定例になりますが、/etc/vmware-tools/tools.confに以下の内容を追加します。
[guestinfo]
exclude-nics=docker*,veth*
OS初期化スクリプトのインストール
  • OS初期化スクリプトのインストールについては、以下をご確認ください。

ユーザーガイド:OS初期化スクリプトのご利用設定

OVFテンプレートの作成

VMインポートで利用するOVFテンプレートの作成は、以下のVMware社のサイトの「OVF テンプレートのエクスポート」の手順をご確認ください。

VMware Docs

ovftoolによるエクスポートを行う場合
  • Open Virtualization Format Tool (ovftool)を利用してOVFテンプレートを作成することも可能です。
  • 以下のVMware社のサイトの「Open Virtualization Format Tool (ovftool)」の手順をご確認ください。

VMware {code}

  • 以下はコマンドの実行例になります。
$ ovftool vi://username:pass@my_vcenter/my_datacenter/vm/path/to/my_vmname my_vmname.ovf
vSphere 6.7以降の環境からエクスポートする場合の注意事項
  • OVFテンプレートの作成後、ovfファイルをエディタで開き、以下のラインを削除してください。
<File ovf:id="file3" ovf:href="<VM Name>.nvram" ovf:size="8684"/>
<vmw:ExtraConfig ovf:required="false" vmw:key="nvram" vmw:value="ovf:/file/file3"/>

ニフクラ サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年10月20日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上