本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

ニフクラ SDK

ニフクラ SDKのご利用についてご案内いたします。

共通

認証キーの取得について

SDKの利用には、API認証キーの取得が必要です。
API認証キーは、ニフクラ API の認証、リクエスト元の識別のために利用されます。API 認証キーは、公開キー(AccessKey)と秘密キー(SecretAccessKey)のペアからなります。 認証キーの取得、作成方法は下記ページをご覧ください。

ヘルプ:認証キー

エンドポイントについて

ニフクラ各APIで利用可能なエンドポイントについては、以下のページをご確認ください。

ニフクラ API
ニフクラ ストレージサービス、エンジニアリングパーツ API

ゾーンについて

ゾーンについてはそれぞれ以下のページをご覧ください。

ゾーンの仕様など詳しい紹介
機能・サービス:リージョン/ゾーン

APIを利用したゾーンの確認について
ニフクラ API:ゾーンについて

ニフクラ データ駆動 SDK

ニフクラ データ駆動 SDKはニフクラの複数サービスに対応しているSDKです。
現在対応しているサービスはComputing、RDB、NAS 、スクリプト 、Kubernetes Service Hatoba、DNS、ESSです。

ニフクラ データ駆動 SDKでは、下記のSDKを提供しております。

ニフクラ SDK for Python ニフクラ SDK for Python (GitHub)
ニフクラ SDK for Python (PyPI)
ニフクラ SDK for Python リファレンス(Sphinx)
ニフクラ SDK for Go ニフクラ SDK for Go(GitHub)
ニフクラ SDK for Goリファレンス(GoDoc)

ニフクラ

ニフクラでは、下記のSDKを提供しております。
ニフクラ SDK for Java は、サーバーの作成・起動・停止やステータス参照などの操作を可能にする Java API です。
この SDK を利用して、ニフクラ管理アプリケーションの開発、リソースコントロールの自動化などをより容易に実現することができます。

ニフクラ SDK for Java ご利用の注意

ニフクラ SDK for Java ニフクラ SDK for Java 8.0.2
ニフクラ Java API リファレンス(JavaDoc)

ニフクラ エンジニアリングパーツ(RDB、DNS、ESS(メール配信))

ニフクラ エンジニアリングパーツでは、下記のSDKを提供しております。

ニフクラ エンジニアリングパーツ SDK for Java
(RDB、DNS、ESS(メール配信))
ニフクラ エンジニアリングパーツ SDK for Java(zip)
ニフクラ エンジニアリングパーツ SDK for Java(jar)
ニフクラ エンジニアリングパーツ Java API リファレンス(JavaDoc)
ニフクラ エンジニアリングパーツ SDK for PHP
(RDB、DNS)
ニフクラ エンジニアリングパーツ SDK for PHP(zip)
ニフクラ エンジニアリングパーツ SDK for PHP(phar)
ニフクラ エンジニアリングパーツ PHP API リファレンス(PHPDoc)

ニフクラ オブジェクトストレージ

ニフクラ オブジェクトストレージでは、下記のSDKを提供しております。詳しい利用方法については、下記ページをご覧ください。
ニフクラ ストレージ SDK for Javaについて

ニフクラ ストレージ SDK for Java ニフクラ ストレージ SDK for Java
ニフクラ ストレージ Java API リファレンス(JavaDoc)
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年9月17日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上