本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ニフクラAPI>ニフクラ SDK>ニフクラ SDK for Java ご利用の注意

ニフクラ SDK for Java ご利用の注意

ニフクラ SDK for Java は、サーバーの作成・起動・停止やステータス参照などの操作を可能にする Java API です。
この SDK を利用して、ニフクラ管理アプリケーションの開発、リソースコントロールの自動化などをより容易に実現することができます。

ニフクラ SDK for Java 8.0.2
ニフクラ Java API リファレンス(JavaDoc)

ニフクラ SDK for Java に含まれているもの

  • ニフクラ Java ライブラリ
    ニフクラ API(REST)との通信、処理を実装した Java API です。
    REST の知識が無くても、お使いの Java IDE を利用してアプリケーションの開発をすることが可能です。
  • サンプルコード
    アプリケーション開発のためのライブラリ使用例を内包しています。

動作環境

  • ニフクラ SDK for Java 8.0.2
    Java SE 8 Update 191 以降
  • Apache Commons、XStream サードパーティライブラリ
    (SDK の third-party ディレクトリに内包されています。)

認証キーの取得について

SDKの利用には、API認証キーの取得が必要です。
API認証キーは、ニフクラ API の認証、リクエスト元の識別のために利用されます。API 認証キーは、公開キー(AccessKey)と秘密キー(SecretAccessKey)のペアからなります。
認証キーの取得、作成方法は下記ページをご覧ください。

ヘルプ:認証キー

利用方法

サンプルの実行を例に、簡単な利用方法を紹介します。

  1. サンプルコードの以下の部分に取得した API 認証キーを埋め込みます。

    String accessKeyId = "<Your Access Key ID>";
    String secretAccessKey = "<Your Secret Access Key>";
  2. サンプルコードをコンパイルして実行します。

SDKでのエンドポイントの切替方法

  1. 設定ファイル上の変数「nifty_cloud.sdk.url」に設定して利用いただくことで、リクエスト先を切り替えることが可能です。
    設定ファイル:nifty_cloud-sdk.properties
    例:

    nifty_cloud.sdk.url=https://jp-east-1.computing.api.nifcloud.com/api/
  2. クラス変数に設定して利用いただくことで、リクエスト先を切り替えることが可能です。
    クラス変数への設定方法:
    com.nifty.cloud.sdk.ClientConfiguration#setEndpoint()
    例:

    ClientConfiguration config = new ClientConfiguration();
    config.setEndpoint("https://jp-east-1.computing.api.nifcloud.com/api/");
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年5月25日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上