本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

タイマー:HTTPリクエストでサーバーを作成する

HTTPのリクエストはニフクラのCLIを利用することで簡単に取得することができるので、CLIの利用準備、HTTPリクエストの取得、タイマー設定の順番で手順をご紹介します。

ステップ1:利用準備

  1. コントロールパネルよりAccessKey、SecretAccesssKeyを取得します。
    取得手順は、下記ページをご覧ください。
    ヘルプ:アカウント管理:認証キー

  2. ニフクラ コマンドラインツールのセットアップを行います。 詳しくは、下記ページをご覧ください。
    API:CLIツール

ステップ2:HTTPリクエスト取得

今回の例では下記を使用します。

KeyName test01
imageID (CentOS7.0) 28255


SSHキーを新規作成する場合は、下記ページをご覧ください。
ヘルプ:コンピューティング:SSHキー

ほかのイメージを利用したい場合は、「nifty-describe-images」コマンドを実行してイメージIDを確認してください。
API:CLI:nifty-describe-images

  1. コマンド「nifty-run-instances」に、オプション「-v」と「–disable-api-termination false」をつけて実行します。

    nifty-run-instances --key test01 --disable-api-termination false -v 28255

    ※コマンドを実行するとサーバーが作成されますので、不要な場合はコントロールパネルから削除してください。
    ※繰り返し作成する場合は、サーバー名を指定しないでください。

  2. 正常に完了すると結果が出力されるので、以下の「https://」ではじまる行をコピーします。

    ------------------------------[ REQUEST ]-------------------------------
    https://jp-east-1.computing.api.nifcloud.com/api/?AccessKeyId=XXXXX&Action=RunInstances&Agreement=false&DisableApiTermination=false&ImageId=28255&KeyName=test01&Signature=XXXXX&SignatureMethod=HmacSHA256&SignatureVersion=2&Timestamp=2020-07-08T05%3A57%3A05.231Z
    ------------------------------------------------------------------------
    ------------------------------[ RESPONSE ]------------------------------

ステップ3:タイマー設定

  1. コントロールパネルから、タイマー作成を作成します。
    タイマー一覧画面の「タイマー作成」をクリックすると作成画面が表示されます。
  2. タイマーの基本情報を入力します。入力が完了したら、「詳細設定へ」をクリックします。

    タイマーの基本情報を入力

    スケジュール タイマーを実行するスケジュールを選択します。
  3. タイマーの詳細設定を入力します。入力が完了したら、「通知設定へ」をクリックします。

    タイマーの詳細設定を入力

    タイプ HTTPリクエスト
    URL ステップ2[2]でコピーしたリクエストを入力
    メソッド GET
  4. タイマーの通知設定を入力します。入力が完了したら、「確認へ」をクリックします。
  5. 内容を確認し「作成する」ボタンをクリックすると、[2]のスケジュールで設定した日時にサーバー作成処理が開始されます。

推奨画面サイズ 1024×768 以上