本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

Kubernetes Service Hatoba:クイックスタート

このクイックスタートでは、ニフクラ Kubernetes Service HatobaでKubernetesクラスタを作成し、クラスタに接続する方法を説明します。

ステップ1:申し込み・ログイン

ニフクラ Kubernetes Service Hatobaを利用するにはニフクラの申し込みが必要です。

  1. ニフクラへのお申し込み

    「ニフクラお申し込み」より、申し込みを行います。

    ニフクラお申し込みページ

  2. コントロールパネルにログイン

    ニフクラのコントロールパネルにログインします。

    コントロールパネルにログイン

ステップ2:ファイアウォールグループ作成

クラスターを作成する前に、クラスターに適用するファイアウォールグループを作成する必要があります。

  1. 左メニューから「ファイアウォール」を選択します。

  2. 左上の「ファイアウォールグループ作成」を選択します。

    ファイアウォール

  3. ファイアウォールグループの名前とメモを入力し「作成する」をクリックします。

    ファイアウォールグループ作成

  4. 作成したファイアウォールグループの「選択したファイアウォールグループの操作」ドロップダウンメニューから「INルール追加」または「OUTルール追加」を選択します。

  5. 追加したい許可ルールの数だけ「+ ルール追加」をクリックし、ルールの設定を行ったのち、右下の「ルール追加」をクリックします。

    ここでは、クラスタにkubectlで接続するために、クライアントのIPアドレスからの TCP:6443 のINルールの許可を追加します。

    INルール追加

  6. 作成したファイアウォールグループに、ルールが追加されていれば作成成功です。

    INルール追加後

ステップ3:クラスター作成

  1. 左メニューから「クラスター」を選択します。

  2. 左上の「クラスター作成」を選択します。

    クラスター

  3. 「01 基本設定」タブでクラスター全体の設定を行い、「ノードプール設定へ」をクリックします。

    01 基本設定

  4. 「02 ノードプール設定」タブでノードプールの設定を行い、「確認へ」をクリックします。

    02 ノードプール設定

  5. 「03 確認」タブで設定内容を確認し「作成する」をクリックします。

    03 確認

  6. 作成したクラスターのステータスが「作成中」から「稼働中」になれば、クラスターを利用することができます。 作成するノード数やサーバータイプによって、クラスターが「稼働中」となるまでに時間のかかる場合があります。

    クラスター稼働中

ステップ4:クラスター接続

  1. 作成したクラスターを選択し、「選択したクラスターの操作」から「クレデンシャル表示」を選択します。

    クレデンシャル表示

  2. 表示されたクレデンシャルをコピーし、INルールで許可したクライアント環境の ~/.kube/config 等に保存します。

  3. クライアント環境から kubectl 等で作成したクラスターに接続することができます。

    $ kubectl get nodes
    NAME             STATUS   ROLES    AGE   VERSION
    pool001-5ypcy    Ready    <none>   11m   v1.20.1
    pool001-e7x6w    Ready    <none>   11m   v1.20.1
    pool001-hntoi    Ready    <none>   11m   v1.20.1
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年10月27日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上