本文へジャンプします。

ニフクラ ヘルプ

NAS:NASの操作

選択したNASの編集、削除などができます。

NASの編集、削除操作画面

設定変更

設定変更画面

基本設定
NAS名 NASの名前を設定します。
NAS容量 NASのディスク容量を選択します。
容量の増加のみ可能で、減少には対応しておりません。
root squash設定 NFSのroot権限での使用を有効(no_root_squash)にするか無効(root_squash)にするかを選択します。
NASファイアウォールグループ名 NASに適用するNASファイアウォールグループを選択します。
プライベートIPのアドレス プライベートIPを設定します。(プライベートLANに所属しているNASの場合のみ)
マスターユーザーパスワード プロトコルがCIFSの場合、NASに接続する際のマスターユーザーのパスワードを設定します。
メモ NASのメモを設定します。

NAS - セッションクリア

NAS削除画面

NASのセッションクリアを行います。
セッションクリアタイプ「強制」は、NASが利用できないなどの異常時にご使用ください(セッションクリアを強制的に行うためデータの破損などが発生する可能性がございます)。

セッションクリアタイプ セッションクリアタイプを選択します。※エラー、認証エラーの場合、セッションクリアが選択できません。
セッションクリアする セッションクリア対象のNASに間違いがなければ、チェックボックスをクリックします。

NAS - 基盤アップグレード

NAS - 基盤アップグレード

NASの基盤アップグレードを行います。

基盤アップグレードする 基盤アップグレード対象のNASに間違いがなければ、チェックボックスをクリックします。

NAS - 削除

NAS - 削除

NASを削除した当月は、使用したディスク容量分の料金がかかります。NASを削除すると元に戻すことはできませんのでご注意ください。

管理者名 ドメインコントローラからNASの情報を設定するためのDirectory Service認証の管理者名を入力します。
管理者パスワード ドメインコントローラからNASの情報を設定するためのDirectory Service認証の管理者パスワードを入力します。
削除する 削除対象のNASが確認できたらチェックボックスをチェックします。
キャンセル 削除をキャンセルし、画面を閉じます。
OK NASの削除を実行します。

NAS - 認証設定変更

NASの一覧から、変更したいNASを選択します。

「選択したNASの操作」のプルダウンから、「認証設定変更」を選択します。

NAS - 認証設定変更

「NAS認証設定変更」のダイアログが表示されます。内容を確認し、各項目を入力します。

ローカル認証の場合

認証設定画面

Directory Service 認証の場合

認証設定画面

管理者名 ドメインコントローラにNASの情報を設定するための管理者名を入力します。
管理者パスワード ドメインコントローラにNASの情報を設定するための管理者パスワードを入力します。
ドメイン名 Directory Service認証でNASに接続するためのドメイン名を表示します。
ドメインコントローラ Directory Service認証のドメイン情報の管理に使用する接続先を指定します。
  • ※ホスト名 はドメインを含めずに入力してください。

「変更する」ボタンをクリックすると、NASの設定変更処理が始まります。

  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2020年11月25日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上