本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>技術仕様>共通>ニフクラリソースネーム(NRN)

共通:ニフクラリソースネーム(NRN)

ニフクラリソースネーム(NRN)はニフクラ上のリソースを一意に識別する名前です。

NRNの形式

NRNはコロン(:)で区切られた文字列で、下記の形式で表現されます。コロン(:)で区切られた各文字列はセグメントと呼ばれます。${ } で記載されたセグメントの値はリソースによって異なります。

nrn:${partition}:${service}:${region}:${nifcloud_id}:${resource_type}:${resource_id}

たとえば、Kubernetes Service Hatobaのとあるクラスターは、下記のNRNで表現されます。

nrn:nifcloud:hatoba:jp-east-1:BCT*****:cluster:8a97827f-747a-488e-a8d0-6c7b56a9e50c
nrn

NRNは必ず nrn のセグメントで始まります。そのため、下記の値のみが設定可能です。

  • nrn
partition

partition はリソースが配置されたパーティションです。現在は下記の値のみが設定可能です。

  • nifcloud
service

service はリソースが所属するサービスです。現在対応しているサービスは下記のとおりです。

サービス名 serviceセグメント値
プライベートブリッジ private_bridge
Kubernetes Service Hatoba hatoba
region

region はリソースが所属するリージョンです。ただし、常に国を表す接頭字を付与します。たとえば jp-east-1 のように設定します。リージョンの概念のないサービスの場合、空文字となります。

nifcloud_id

nifcloud_id はリソースを保有するニフクラIDです。

resource_type

resource_type はリソースの種別です。たとえば、Kubernetes Service Hatobaのクラスターは cluster となります。

resource_id

resource_id は当該リソースを表す識別子です。サービスによって識別子の形式は変わります。

  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2023年2月08日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上