本文へジャンプします。

ニフティクラウド 技術仕様

クラウド トップ>技術仕様>拠点間VPNゲートウェイ>拠点間VPNゲートウェイ:カスタマーゲートウェイ

ニフクラ 拠点間VPNゲートウェイ:カスタマーゲートウェイ

VPN接続先の対向拠点情報を指定するものです。
VPNコネクションでカスタマーゲートウェイと拠点間VPNゲートウェイを紐付けることによって、VPN接続が開始されます。

カスタマーゲートウェイの設定値

カスタマーゲートウェイの作成時、対向拠点のグローバルIPアドレスやネットワーク帯を指定します。
設定可能値は以下の通りです。

パラメータ名 指定可能なパラメータ 必須 内容
カスタマーゲートウェイ名 半角英数字1~15文字 カスタマーゲートウェイの名前を設定します。
対向機器IPアドレス IPアドレス、ドメイン 対向拠点のIPアドレス、またはドメインを設定します。
接続方式 IPsec
IPsec VTI
L2TPv3 / IPsec
VPN接続方式を指定します。
対向機器LAN側IPアドレス帯 ネットワーク帯
例) 192.168.0.0/24

接続方式IPsec , IPsec VTIの場合のみ
対向拠点のネットワーク帯を指定します。
対向機器LAN側IPアドレス IPアドレス 拠点間VPNゲートウェイのRemote IKE IDを指定します。
対向機器がIKE IDをグローバルIPアドレスではなく、LAN側IPアドレスを利用する機器や、上位ルータでNATする構成の場合に設定が必要です。
何も指定しない場合、対向機器IPアドレスのグローバルIPアドレスがRemote IKE IDとして設定されます。
動的IP

対向機器IPアドレスに0.0.0.0と指定する事で、固定IPアドレスではないインターネット接続でもVPN接続が可能となります。MainモードですべてのIPアドレスからの通信を許可し、事前共有鍵のみで認証を行う動作になるため、セキュリティは低下します。
動的IPの場合、接続方式IPsec VTI , L2TPv3 / IPsecの設定は出来ません。
動的IPで複数のVPNコネクションを作成する事は出来ません。1つの拠点間VPNゲートウェイに対して、1つの動的IPのVPNコネクションが作成出来ます。

Dynamic DNS(DDNS)を使ったドメインでのVPN接続

対向機器IPアドレスにドメインを指定する事で、固定IPアドレスではないインターネット接続でもVPN接続が可能となります。 対向機器IPアドレスとドメインを紐付けるDDNSを利用する事で、IPアドレスが変更された場合でもVPN接続が可能です。
動的IPでは構成出来ない L2TPv3 / IPsec の接続方式についても、ドメインであれば動的IPアドレス環境でVPN接続が可能になります。

注意事項
  • DDNSを使ったVPN接続の場合、IPアドレスの変更時に拠点間VPNゲートウェイの名前解決に反映されるまで時間がかかることがあります。

推奨画面サイズ 1024×768 以上