本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

NAS:NAS領域

ニフクラNASの最も基本的な構成要素です。

NAS領域機能一覧

基盤アップグレード NAS領域の基盤アップグレードを行うことができます。

NAS領域仕様

最低利用容量 高速タイプ 1TB/領域
標準タイプ 100GB/領域
最大利用可能容量 高速タイプ 10TB/領域
標準タイプ 1TB/領域
マウント方式 NFS(v4)、CIFS(SMB2.0)

NAS領域のステータス

ステータスを確認することで、そのNAS領域が正常稼働しているかどうかを確認することができます。
NAS領域のステータスを確認するにはコントロールパネルまたはDescribeNASInstances APIをご利用ください。

カテゴリー API 表示 アイコン 説明
正常 available 稼働中 正常 NAS領域は正常に稼働しています。
エラー failed エラー エラー NAS領域がエラーとなり、ニフクラNASが復旧を行うことができませんでした。
処理中 creating 作成中 処理中 NAS領域を作成しています。
処理中 deleting 削除中 処理中 NAS領域を削除しています。
処理中 clearing-session セッションクリア中 処理中 NAS領域のセッションをクリアしています。
処理中 modifying 設定変更中 処理中 NAS領域の設定を変更しています。
処理中 renaming 名前変更中 処理中 NAS領域の名前を変更しています。
処理中 upgrading アップグレード中 処理中 NAS領域の基盤アップグレードをしています。
警告 storage-full ディスク容量逼迫 警告 NAS領域のディスク容量が満杯になっています。NAS領域の設定を変更し、ディスク容量を増やしてください。
警告 incompatible-authentication 認証エラー 警告 Directory Service 認証に失敗しました。ドメインコントローラの状態、およびNAS領域の認証設定情報を確認の上、認証設定変更を行ってください。

ご注意事項

  • 作成したNAS領域の容量について、ディスクの管理領域が必要となるため、実際にご使用いただける容量は、NAS領域作成時に指定した容量よりも少なくなります。管理領域として確保される目安は、全体容量の約2.5%になります。
  • 2019年10月30日以降に新規作成した CIFS のNAS領域について、NTLMv1認証は利用不可となります(NTLMv2認証のみ可)。
  • 基盤アップグレードを実施した CIFS のNAS領域について、NTLMv1認証は利用不可となります(NTLMv2認証のみ可)。
  • 下記クライアントからNAS領域への認証を行う場合、NTLMv1認証が利用される可能性があります。
    • ・Windows NT 4、Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003、もしくはそれ以前の古いWindows
    • ・LAN Manager 認証レベルを変更しているWindows
    上記に該当する場合、下記マイクロソフトのドキュメントを参考に、お客様側でご対応いただく必要があります。
    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2793313/security-guidance-for-ntlmv1-and-lm-network-authentication
  • ニフクラNASのNAS領域については、セキュリティリスク低減・予期せぬ不具合防止を目的とする、定期的な基盤アップグレードが必要となります。
  • 基盤アップグレードの要否は、NASの詳細画面の「基盤アップグレード」をご確認ください。
    ヘルプ:NASの詳細

推奨画面サイズ 1024×768 以上