本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>DevOps with GitLab>クイックスタート【Runner】
本ページは2023/9/5をもって、新ページhttps://docs.nifcloud.com/devops/guide/runner.htmへ移行しました。 今後は新ページをご参照ください。

DevOps with GitLab:クイックスタート【Runner】

このクイックスタートでは、DevOps with GitLabでRunnerを作成し、GitLabに登録する方法を説明します。

この手順で作成するRunnerはShared Runnerとして登録されるため、GitLab内の全てのプロジェクトで利用できるようになります。

同様の手順でRunnerをGroup runnerやProject runner (Specific runner) として登録することも可能です。

ステップ1:Runnerの作成

  1. DevOps with GitLabの左メニューから「Runner」を選択します。

  2. 左上の「Runner作成」を選択します。 01 基本設定

  3. Runner名、ゾーン、サーバータイプなどを入力し、モーダル右下の「確認へ」を選択する

  4. 「02 確認」タブで設定内容を確認し「作成する」を選択します。 02 確認

  5. 作成したRunnerの「ステータス」が「処理中」から「正常」になれば、Runnerが利用できます。

※作成する際の条件等によりRunnerが「正常」となるまでに時間のかかる場合があります。

※作成時間の目安は10分~20分程度となります。

ステップ2:DevOpsサーバーの作成

当手順では、DevOps with GitLabで作成したDevOpsサーバーにRunnerを登録する場合を例に説明します。

DevOps with GitLabでDevOpsサーバーを作成する方法はクイックスタート【DevOpsサーバー】を参考にしてください。

DevOps with GitLab以外で作成したGitLabインスタンスにRunnerを登録したい場合は適宜URLや設定方法を読み変えてください。

ステップ3:GitLabインスタンスとRunnerの疎通を行うためのファイアウォール設定変更

  1. 後ほど利用するため、Runnerの「グローバルIPアドレス」を控えます。 グローバルIPアドレス

  2. 左メニューから「ファイアウォール」を選択します。

  3. Runnerを登録したいDevOpsサーバーに紐づくファイアウォールグループを選択します。

  4. 選択したファイアウォールグループの「選択したファイアウォールグループの操作」ドロップダウンメニューから「INルール設定の追加」を選択します。

  5. 緑色の「+ ルール追加」を選択し、RunnerのグローバルIPアドレスからのTCP:443のINルールの許可を入力後、右下の「ルール追加」を選択します。 INルール設定の追加

ステップ4:Runner登録トークン(Registration token)の取得

  1. 今回はShared Runnerとして登録するため、https://${DevOpsサーバー名}.${リージョン}.gitlab.devops.nifcloud.com/admin/runnersにアクセスします。
    ※1.Group runner として登録する場合は、https:///${DevOpsサーバー名}.${リージョン}/groups/${Runnerを登録したいグループ名}/-/runnersにアクセスします。
    ※2.Project runner (Specific runner)として登録する場合は、https://${DevOpsサーバー名}.${リージョン}.gitlab.devops.nifcloud.com/${グループ名}/${Runnerを登録したいプロジェクト名}/-/settings/ci_cdのRunnersからRegistration tokenを取得できます。

  2. Register an instance runnerボタンをクリックします。

  3. 上記ボタンのクリックで現れるドロップダウンからRegistration tokenを確認します。このトークンはRunner登録トークンとして後ほど使いますので控えておいてください。 Registration token

ステップ5:Runnerを登録する

  1. 左メニューから「Runner」を選択します。

  2. 登録したいRunnerを選択し、「選択したRunnerの操作」ドロップダウンメニューから「Runner登録」を選択します。

  3. 「Gitlabインスタンス種別」のドロップダウンメニューから「DevOpsサーバー」を選択します。
    今回はDevOps with GitLabで作成した同一リージョンのDevOpsサーバーを利用するために「DevOpsサーバー」を選択しています。
    その他のGitLabインスタンス(https://gitlab.com/、他リージョンのDevOpsサーバー、DevOps with GitLabを利用せずに作成したGitLabインスタンス等)を利用する場合は「外部GitLabインスタンス」を選択した後に、「GitLab URL」を入力します。

  4. GitLab URLのドロップダウンメニューから登録先のDevOpsサーバーのURLを選択します。 GitLab URL

  5. Runner登録トークンにRegistration tokenを入力します。

  6. デフォルトDockerイメージを入力します。

  7. 右下の「オプション選択へ」を選択します。 01基本設定

  8. オプションを変更する場合は「02オプション設定」で変更します。今回はデフォルトの設定で登録するため、そのまま右下の「確認へ」を選択します。 02オプション設定

    ※プライベートLAN経由でGiLabインスタンスに接続する場合は「Extra Hosts」を設定します。
    ホスト名にhttps://${DevOpsサーバー名}.${リージョン}.gitlab.devops.nifcloud.com、IPアドレスにDevOpsサーバーのプライベートIPアドレスを入力します。
    また、Container Registryを利用する場合は追加でホスト名にregistry-${DevOpsサーバー名}.${リージョン}.gitlab.devops.nifcloud.com、IPアドレスにDevOpsサーバーのプライベートIPアドレスを入力します。 ExtraHosts

  9. 「03 確認」タブで設定内容を確認し、右下の「登録する」を選択します。 03確認

  10. 登録したRunnerの「ステータス」が「処理中」から「正常」になれば、Runnerが利用できます。

  11. https://${DevOpsサーバー名}.${リージョン}.gitlab.devops.nifcloud.com/admin/runnersにアクセスし、Runnerが登録されていることを確認します。 Runner

  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2023年9月05日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上