本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

DevOps(β):クイックスタート

このクイックスタートでは、ニフクラ DevOps(β)でDevOpsサーバーを作成し、管理者ログインする手順を説明します。

ステップ1:申し込み・ログイン

ニフクラ DevOps(β)を利用するには DevOps(β)利用申し込みが必要です。

  1. DevOps(β)利用申し込み

    「ニフクラ仕様・機能 DevOps(β)」をお読みいただき、申し込みを行ってください。

    ニフクラ仕様・機能 DevOps(β)

  2. コントロールパネルにログイン

    「DevOps(β)利用申し込み」後、利用方法のメールが送られます。

    メールに記載のURLからコントロールパネルにログインします。

    コントロールパネルにログイン

ステップ2:ファイアウォールグループ作成

DevOpsサーバーを作成する前に、DevOpsサーバーに適用するファイアウォールグループを作成する必要があります。

  1. 左メニューから「ファイアウォール」を選択します。

  2. 左上の「ファイアウォールグループ作成」を選択します。

    ファイアウォール

  3. ファイアウォールグループの名前とメモを入力し「作成する」をクリックします。

    ファイアウォールグループ作成

  4. 作成したファイアウォールグループの「選択したファイアウォールグループの操作」ドロップダウンメニューから「INルール追加」を選択します。

  5. 追加したい許可ルールの数だけ「+ ルール追加」をクリックし、ルールの設定を行ったのち、右下の「ルール追加」をクリックします。

    ここでは、DevOpsサーバーのWeb画面にブラウザアクセスするために、クライアントのIPアドレスからのTCP:443 のINルールの許可を追加します。

    ※送信元IPアドレスはご自身の環境の値を確認しご入力ください。

    INルール追加

  6. 作成したファイアウォールグループに、ルールが追加されていれば作成成功です。

    INルール追加後

ステップ3:DevOpsサーバー作成

  1. 左メニューから「DevOpsサーバー」を選択します。

  2. 左上の「DevOpsサーバー作成」を選択します。

    DevOpsサーバー

  3. 「01 基本設定」タブでDevOpsサーバーの設定を行い、「確認へ」をクリックします。

    01 基本設定

  4. 「02 確認」タブで設定内容を確認し「作成する」をクリックします。

    02 確認

  5. 作成したDevOpsサーバーのステータスが「作成中」から「正常」になれば、DevOpsサーバーを利用できます。

    ※作成する際の条件等によりDevOpsサーバーが「正常」となるまでに時間のかかる場合があります。

    ※作成時間の目安は15分~30分程度となります。

    ※DevOpsサーバー作成後はステップ4のrootパスワードの初期設定まですぐに実施してください。一定期間が過ぎるとパスワード設定フォームが失効します。

    その際はDevOpsサーバーを一度削除し、ステップ3:DevOpsサーバー作成の最初からやりなおしてください。

    DevOpsサーバー正常

ステップ4:Web画面で管理者ログイン

  1. 作成したDevOpsサーバーの左側の▼ボタンをクリックして、DevOpsサーバーの基本情報を表示します。

    基本情報表示

  2. 表示された基本情報の GitLab URL をコピーし、ブラウザのアドレスバー入力して作成したDevOpsサーバーのWeb画面へアクセスします。

    ※Web画面へのアクセスにはファイアウォールグループのINルールでアクセス元IPアドレスの443/tcpでのアクセスが許可されている必要があります。

    ※上手くアクセスできない場合はアクセス元のIPアドレスが正しく許可されているかなどをご確認ください。

    初回アクセス画面

  3. 初回のみ、ブラウザにGitLabのrootアカウントの初期パスワード設定画面が表示されます。

    パスワードを入力して Change your password をクリックしてください。

    パスワード設定画面

  4. パスワード設定が完了すると、通常のログイン画面が表示されます。

    Usernameに root と入力し、Passwordにさきほど設定したパスワードを入力して Sign in をクリックしてください。

    ログイン画面

  5. 以上で初回の管理者ログイン完了となります。

    ログイン後画面

  6. 管理者ログイン後はGitLabの各機能が利用できます。

    GitLabの各機能についてはGitLab Docsをご参照ください。

    ※GitLab DocsはGitLab開発元のGitLab Incが提供する英語版のドキュメントです。

    DevOps(β)ではインスタンス作成を完了した時点でメール送信の設定が完了しているため、ユーザー追加がすぐに行えます。

    また、Git/GitLabを初めて利用される方はまず、New to git and gitlabを参照することをお勧めします。

ニフクラ サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年9月17日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上