本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>Liveマイグレーション>Liveマイグレーション:各種プロファイルの作成

Liveマイグレーション:各種プロファイルの作成

ネットワークプロファイル

VMware HCXを使ってVMの移行を実現するには、下記の4つのネットワークが必要になります。

  • 管理ネットワーク
    VMware HCX仮想アプライアンスに設定される管理用のIPアドレスを指定します。
    最低でも2つのIPアドレスが必要です。
  • アップリンクネットワーク
    VMware HCX仮想アプライアンスに設定されるアップリンク用のIPアドレスを指定します。
    ニフクラのマイグレーションHubにデプロイされるに到達できるIPアドレスを指定します。
    最低でも2つのIPアドレスが必要です。
  • vMotionネットワーク
    VMware HCX仮想アプライアンスに設定されるvMotion用のIPアドレスを指定します。
    ESXiホストとVMware HCX仮想アプライアンス間でvMotionの通信を行うIPアドレスを指定します。
    最低でも1つのIPアドレスが必要です。
  • vSphereレプリケーションネットワーク
    レプリケーションサービスのために設定されるIPアドレスを指定します。
    このネットワークプロファイルの作成は省略可能です。
    デフォルトでは、管理ネットワークが使用されます。
ネットワークプロファイルの作成
  1. 左部のInfrastructure内にあるInterconnectを選択し、Network ProfilesタブにあるCREATE NETWORK PROFILEをクリックします。

    NetworkProfile1

  2. 上記4つのネットワークのネットワークプロファイルを作成します。
    作成するネットワークプロファイル毎に、ネットワークプロファイルの名前やIPアドレスの指定を行い、CREATEをクリックします。

    NetworkProfile2

コンピュートプロファイル

サービスメッシュの作成に必要な情報をコンピュートプロファイルで定義します。

コンピュートプロファイルの作成
  1. 左部のInfrastructure内にあるInterconnectを選択し、Compute ProfilesタブにあるCREATE COMPUTE PROFILEをクリックします。

    ComputeProfile1

  2. 任意のComputeProfile名を入力し、CONTINUEをクリックします。

    ComputeProfile2

  3. 有効にするサービスを選択し、CONTINUEをクリックします。
    Hybrid Interconnect, WAN Optimization, Cross-cloud vMotion Migration, Bulk migration, Replication Assited vMotion Migration, Network Extension を有効にします。
    Disaster Recovery, SRM Integration, OS Assited Migration はLiveマイグレーションでは提供していないため、ご利用できません。

    ComputeProfile3

  4. VMware HCXを有効にするリソースを選択し、CONTINUEをクリックします。
    ※指定したリソースに、VMware HCX仮想アプライアンスがデプロイされます。

    ComputeProfile4

  5. データストア、フォルダ(省略可能)を指定し、CONTINUEをクリックします。
    Interconnect Appliance Reservation Settings(CPU Reservation、Memory Reservation)の設定変更は必要ありません。
    ※指定したデータストア、フォルダに、VMware HCX仮想アプライアンスがデプロイされます。

    ComputeProfile5

  6. 管理ネットワークのネットワークプロファイルを選択し、CONTINUEをクリックします。

    ComputeProfile6

  7. アップリンクネットワークのネットワークプロファイルを選択し、CONTINUEをクリックします。

    ComputeProfile7

  8. vMotionネットワークのネットワークプロファイルを選択し、CONTINUEをクリックします。

    ComputeProfile8

  9. vSphereレプリケーションネットワークのネットワークプロファイルを選択し、CONTINUEをクリックします。(デフォルトでは、管理ネットワークで指定したネットワークプロファイルが設定されます。)

    ComputeProfile9

  10. L2延伸を有効にする分散仮想スイッチを選択し、CONTINUEをクリックします。

    ComputeProfile10

  11. コネクションルールを確認し、CONTINUEをクリックします。

    ComputeProfile11

  12. FINISHをクリックし、作成を完了します。

    ComputeProfile12

  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年10月27日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上