本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>技術仕様>ルーター>ルーター:ルーティング

ニフクラ ルーター:ルーティング

ルーターに接続されているネットワークとは異なる宛先ネットワークへのルーティング設定が行えます。

構成の上限

パラメーター名 内容
ルートテーブル数 1個/ルーター
ルート数 router.small: 10ルート/ルートテーブル
router.medium: 30ルート/ルートテーブル
router.large: 80ルート/ルートテーブル
注意事項
  • ルーターのタイプに紐付いているルート数の上限値を超える利用は、動作保証外となります。

ルートテーブルの設定値

パラメーター名 指定可能なパラメーター 必須 内容
デスティネーション 宛先IPアドレス
宛先CIDR
宛先IPアドレスもしくは宛先CIDRを指定します。
「0.0.0.0/0」を指定することでデフォルトゲートウェイの設定ができます。
ターゲット(種別) ネットワーク
IPアドレス
ネクストホップの種別を指定します。
ターゲット(パラメーター) ターゲットに「ネットワーク」を指定した場合:
・共通グローバル
・共通プライベート
・プライベートLAN
ターゲットに「IPアドレス」を指定した場合:
・任意のIPアドレス
ネクストホップのネットワーク/IPアドレスを指定します。
注意事項
  • ターゲットにルーターが接続されていないネットワークを指定している場合、ルートテーブルが設定できません。

機能

ルートテーブル設定

指定したルートテーブルをルーターに設定します。

ルートテーブル設定変更

ルーターに設定しているルートテーブルを変更します。

注意事項

ルートテーブル設定変更を行うと、変更前のルートテーブルのルーティングを参照する通信において、通信断(目安: 5分程度)が発生します。
変更前のルートテーブルのルーティングを参照しない通信については通信断は発生しません。

ルートテーブル設定解除

ルーターに設定されているルートテーブルの設定を解除します。

ルートテーブル設定例

ルートテーブル設定例

パラメーター名 パラメーター
デスティネーション 10.0.0.0/24
ターゲット(種別) IPアドレス
ターゲット(パラメーター) 172.16.0.100

注意事項

  • ターゲットに「共通グローバル」または「共通プライベート」のIPアドレスを指定しているルーティングにマッチするNATされていない通信は、
    「送信元IPアドレス」と「送信元MACアドレス」の組み合わせが、ニフクラが払い出したIPアドレスとMACアドレスの組み合わせと異なるため
    IPアドレス重複防止ルールによって通信が遮断されます。
  • ルーターに接続されているプライベートLANのアドレス帯へのルーティングは自動で追加されます。
  • 別のニフクラIDのプライベートLANとはルーティングできません。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2020年11月25日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上