本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>技術仕様>ルーター>ルーター:Webプロキシ

ニフクラ ルーター:Webプロキシ

ルーターをWebプロキシとして動作させるための設定です。
Webプロキシ機能によって、グローバルIPアドレスを持っていないサーバーでもインターネットへ接続することが可能となります。

構成の上限

パラメーター名 内容
Webプロキシ数 1個/ルーター

Webプロキシの設定値

パラメーター 指定可能なパラメーター 必須 内容
受け側ネットワーク 共通グローバル
共通プライベート
プライベートLAN
ルーターのWebプロキシが待ち受けるネットワークを指定します。
受け側ポート 0~1024 以外の任意のポート番号 ルーターのWebプロキシが待ち受けるポート番号を指定します。
迂回側ネットワーク 共通グローバル
共通プライベート
プライベートLAN
ルーターのWebプロキシ経由で出ていく先のネットワークを指定します。
DNS 任意のIPアドレス WebプロキシのDNSを指定します。
指定しない場合、ニフクラで利用されるインターネット上のDNSを参照します。

Webプロキシ経由で通信可能な宛先ポート番号

プロトコル 通信可能な宛先ポート番号
HTTP
FTP over HTTP
80, 443, 21, 70, 210, 280, 488, 591, 777, 873, 1025-65535
HTTPS(CONNECTメソッド) 443
注意事項
  • CONNECTメソッドは443ポートのみ許可されています。
  • WebプロキシにFTPプロトコルで接続し、FTPサーバーへ接続するネイティブFTPプロキシは利用出来ません。

機能

Webプロキシ設定

ルーターにWebプロキシを設定します。

Webプロキシ設定変更

ルーターのWebプロキシ設定を変更します。
変更可能な設定は以下です。

  • 受け側ネットワーク
  • 受け側ポート
  • 迂回側ネットワーク
  • DNS
Webプロキシ設定解除

ルーターのWebプロキシ設定を解除します。

Webプロキシのキャッシュ動作

Webプロキシはクライアントのリクエスト、サーバーのレスポンスのHTTPヘッダーに基づき、キャッシュ応答動作を制御します。

リクエストのAuthorizationヘッダー指定 リクエストのCache-Controlヘッダー指定 レスポンスのCache-Controlヘッダー指定 Webプロキシがキャッシュを行うか Webプロキシのキャッシュ応答動作
Authorizationヘッダーなし Cache-Controlヘッダー指定なし Cache-Controlヘッダー指定なし キャッシュします キャッシュ応答します
no-cache キャッシュします オリジンからコンテンツを取得し再検証した上で、キャッシュ応答します
no-store キャッシュしません キャッシュ応答しません
private キャッシュしません キャッシュ応答しません
public キャッシュします オリジンからコンテンツを取得し再検証した上で、キャッシュ応答します
no-cache Cache-Controlヘッダー指定なし キャッシュしません キャッシュ応答しません
no-cache キャッシュしません キャッシュ応答しません
no-store キャッシュしません キャッシュ応答しません
private キャッシュしません キャッシュ応答しません
public キャッシュしません キャッシュ応答しません
no-store Cache-Controlヘッダー指定なし キャッシュします キャッシュ応答します
no-cache キャッシュします オリジンからコンテンツを取得し再検証した上で、キャッシュ応答します
no-store キャッシュしません キャッシュ応答しません
private キャッシュしません キャッシュ応答しません
public キャッシュします オリジンからコンテンツを取得し再検証した上で、キャッシュ応答します
Authorizationヘッダーあり Cache-Controlヘッダー指定なし Cache-Controlヘッダー指定なし キャッシュしません キャッシュ応答しません
no-cache キャッシュします オリジンからコンテンツを取得し再検証した上で、キャッシュ応答します
no-store キャッシュしません キャッシュ応答しません
private キャッシュしません キャッシュ応答しません
public キャッシュします オリジンからコンテンツを取得し再検証した上で、キャッシュ応答します
no-cache Cache-Controlヘッダー指定なし キャッシュしません キャッシュ応答しません
no-cache キャッシュしません キャッシュ応答しません
no-store キャッシュしません キャッシュ応答しません
private キャッシュしません キャッシュ応答しません
public キャッシュしません キャッシュ応答しません
no-store Cache-Controlヘッダー指定なし キャッシュしません キャッシュ応答しません
no-cache キャッシュします オリジンからコンテンツを取得し再検証した上で、キャッシュ応答します
no-store キャッシュしません キャッシュ応答しません
private キャッシュしません キャッシュ応答しません
public キャッシュします オリジンからコンテンツを取得し再検証した上で、キャッシュ応答します
  • Webプロキシがキャッシュ応答しない場合には、キャッシュ有無に関わらずオリジンから取得したコンテンツを応答します。
注意事項
  • 複数のクライアントが同一URLで動的なコンテンツを取得する場合、クライアントのCache-Controlヘッダーの指定によってはWebプロキシがキャッシュし、キャッシュ応答する場合があります。
    クライアント側でWebプロキシのキャッシュ応答を望まない場合、Cache-Controlヘッダーに no-cache を指定してください。
  • レスポンスのCache-Contorolヘッダーが no-cachepublic の場合にWebプロキシがキャッシュし、オリジンにコンテンツを取得し再検証を行う際に、別のリクエストによるDateヘッダーが最新のキャッシュが存在した場合にはキャッシュ応答します
  • リクエストのAuthorizationヘッダーの有無に関わらず、レスポンスにCache-Controlヘッダーが含まれる場合には指定された値を元にWebプロキシはキャッシュ制御を行います。
  • サーバー側でWebプロキシのキャッシュ応答を望まない場合、Cache-Controlヘッダーに private または no-store を指定してください。

Webプロキシ設定例

Webプロキシ設定例

パラメーター名 パラメーター
受け側ネットワーク プライベートLAN
受け側ポート 8080
迂回側ネットワーク 共通グローバル
DNS

注意事項

  • v2.6以前のバージョンを利用している場合、ルーターのWebプロキシは「明示プロキシ」および「透過プロキシ」として動作する仕様となっております。
    • v3.0以降は「明示プロキシ」としてのみ動作します。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2022年11月17日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上