本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

DNS:DNSゾーン登録

DNSゾーン登録手順

  1. 左メニューから「DNSゾーン管理」を選択します。
  2. 左上の「DNSゾーン登録」をクリックします。

    DNS:DNSゾーン管理

  3. DNSゾーン名に設定するドメイン名を入力し、「登録する」をクリックします。

    DNS:DNSゾーン管理 DNSゾーン登録ダイアログ

  4. 登録対象の所有権を確認する必要がある場合は認証画面に移ります。
    ※認証画面がない場合は前ステップで完了になります。

DNSゾーン認証

新規に取得したドメインの場合

whois認証

  1. 認証画面の「Whois認証を利用する場合」の説明に従って設定してください。
    ※ネームサーバーの設定方法はドメインを取得した事業者によって異なります。
    ※Whois情報にネームサーバーが反映されるまでに時間がかかる場合があります。
    ※verify文字が含まれる、認証用の1番目のホストは有効期限はありません。

  2. 対象ドメインのWhois情報が反映されたことを確認し、「認証処理を実行する」をクリックしてください。
    この段階でインターネットから登録したドメインの名前解決がニフクラDNSのネームサーバーに到達するようになります。

  3. ゾーン登録が完了したことが確認できた後、認証用の1番目のホストを削除してください。

DNSゾーンが設定されているドメインの場合

TXTレコード認証

  1. 認証画面の「TXTレコード認証を利用する場合」の説明に従って設定してください。

  2. 認証用の設定変更が反映されたことを確認し、「認証処理を実行する」をクリックしてください。

  3. 登録したゾーン配下にレコードがある場合は全て二フクラDNSに登録してください。
    これでDNSゾーン登録は完了です。
    ※ネームサーバー変更後の名前解決は二フクラDNSに登録されたレコードが使われるため、登録漏れ等に慎重にご確認ください。

  4. 対象のゾーンが二フクラDNS管理でない場合は、下記の説明に従ってネームサーバーをニフクラDNSに向けてください。
    ※この段階でインターネットから対象ドメインに対する名前解決がニフクラDNSのネームサーバーに到達するようになります。

    ネームサーバーの変更

  5. ゾーン登録が完了したことが確認できた後、認証用のTXTレコードを削除してください。

サブドメインの場合

ここでは、ドメインのDNSゾーンを「親ゾーン」、サブドメインのDNSゾーンを「子ゾーン」として説明します。

TXTレコード認証

  1. 認証画面の「TXTレコード認証を利用する場合」の説明に従って親ゾーンにて設定してください。

  2. 認証用の設定変更が反映されたことを確認し、「認証処理を実行する」をクリックしてください。

  3. 登録した子ゾーン配下にレコードがある場合は全て二フクラDNSに登録してください。
    これでDNSゾーン登録は完了です。

  4. 親ゾーンが二フクラDNS管理でない場合は、下記の説明に記載されたネームサーバーで子ゾーンのNSレコードを親ゾーンに登録してください。
    ※この段階でインターネットから対象サブドメインに対する名前解決がニフクラDNSのネームサーバーに到達するようになります。

    ネームサーバーの変更

  5. ゾーン登録が完了したことが確認できた後、認証用のTXTレコードを削除してください。

推奨画面サイズ 1024×768 以上