本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

DNS:ドメイン転入

事前準備

  1. 必要に応じて現在のドメイン管理元の事業者にて転出手続きを実施してください。
  2. ドメイン転入の技術仕様を基に対象のドメインが転入手続きの条件に満たしているか確認してください。

    ドメイン転入の技術仕様

ドメイン管理事業者の確認

二フクラDNSはJPRSの指定事業者です。そのため転入対象のドメインが同じJPRSの指定事業者で管理されているかによって手続きが異なります。

  1. 「JPRS WHOISの使い方」に従って対象ドメインのWHOIS情報を検索してください。

    JPRS WHOISの使い方

  2. 検索結果は「JPRS WHOIS検索結果の表示例」の「6.該当するデータが無い場合」に該当する場合は、ドメイン管理元はJPRSの指定事業者ではありません。

    JPRS WHOIS検索結果の表示例

管理元がJPRS指定事業者である場合

ドメイン転入申請を二フクラDNSに登録
  1. 左メニューから「ドメイン転入」を選択し、左上の「ドメイン新規転入」ボタンをクリックします。 ドメイン転入新規

  2. 「01 ドメイン選択」タブで対象ドメインを入力し「利用規約へ」ボタンをクリックします。 ドメイン選択

  3. 「02 利用規約確認」タブで利用規約を確認し「利用契約に同意し、メールアドレスの選択へ」ボタンをクリックします。

  4. 「03 メールアドレスの選択」タブでお客様が確認できるメールアドレスを選択し、「情報入力へ」ボタンをクリックします。
    ※確認できるメールアドレスがない場合はWHOIS情報に登録されているメールアドレスを変更していただく必要があります。
    ※選択されたメールアドレス宛にドメイン所有権確認用の認証トークンが送信されます。 メールアドレス選択

  5. 「04 情報入力」タブでWHOIS情報を入力してください。
    「公開連絡窓口情報の内容をコピーする」をクリックすると、登録者情報に同名の項目の内容がコピーされます。
    入力が終わった後「確認へ」ボタンをクリックします。 情報入力

  6. 「05 確認」タブで内容を確認してください。確認が完了した後「登録する」ボタンをクリックします。 入力

  7. 「06 申請受付」タブで転入登録の受付結果と認証トークンが送信されたメールアドレスを確認できます。
    「閉じる」ボタンをクリックしてドメイン転入一覧画面に戻るとドメイン転入手続きの状態を確認していただけます。

ドメイン所有権確認

「ドメイン転入申請の登録」の「4」で選択されたメールアドレスに認証トークンが送信されます。
認証トークンを用いて対象ドメインに対する所有権を証明することができます。

  1. 「ドメイン転入」画面でドメイン転入の状態が「承認待ち」になっていることを確認してください。 転入の状態

  2. 対象ドメインを選択した状態で「選択したドメイン操作」から「認証」をクリックします。 メニュー選択

  3. 「ドメイン転入認証」画面の「認証トークン」欄にメールに記載される「認証トークン」を入力し、「認証する」ボタンをクリックします。 認証

  4. 「02 認証完了」画面でドメイン転入申請が上位組織(JPRS)に連携されたことを確認できます。
    ドメイン転入一覧画面では対象ドメインのステータスが「上位組織申請中」に変更されます。

管理元がJPRS指定事業者でない場合

ドメイン転入手続きの全体はJPRS「レジストラトランスファーに関する方針」にて確認してください。

レジストラトランスファーに関する方針

事前に「レジストラトランスファーに関する方針」の「①認証コード(AuthCode)の取得」と「②Adminコンタクトのメールアドレス確認」を現在のドメイン管理元で完了しておいてください。 以下の説明は「レジストラトランスファーに関する方針」の「③レジストラトランスファー申請」に該当します。

ドメイン転入申請を二フクラDNSに登録
  1. 左メニューから「ドメイン転入」を選択し、左上の「ドメイン新規転入」ボタンをクリックします。 ドメイン新規転入

  2. 「01 ドメイン選択」タブで対象ドメインを入力し「利用規約へ」ボタンをクリックします。 ドメイン選択

  3. 「02 利用規約確認」タブで利用規約を確認して、「情報入力へ」ボタンをクリックします。

  4. 「04 情報入力」タブでAuth CodeとWHOIS情報を入力してください。
    「管理者情報の内容をコピーする」をクリックすると、同名の項目の内容がコピーされます。
    ※「登録者情報」の「登録担当者名」や「登録担当部署名」等は同名の項目ではないためコピーされません。 情報入力

  5. 「05 確認」タブで内容を確認してください。確認が完了した後「登録する」ボタンをクリックします。 確認

  6. 「06 申請受付」タブで転入登録の受付結果と認証トークンが送信されたメールアドレスを確認できます。
    「閉じる」ボタンをクリックしてドメイン転入一覧画面に戻るとドメイン転入手続きの状態を確認していただけます。

[JPRS]レジストラトランスファー承認手続き

「ドメイン転入申請を二フクラDNSに登録」が完了した後、JPRSから「レジストラトランスファー承認手続きのご案内」がWHOIS情報に登録されているAdminコンタクトのメールアドレスに連絡されます。案内に従って承認手続きを完了してください。

結果確認

ドメイン転入申請の結果は「ドメイン転入」画面で確認してください。
正常に完了できた場合は「完了」ステータスになります。

その他の操作

認証トークン再発行

認証トークンの有効期限切れ等の場合は認証トークンを再発行できます。

  1. 「ドメイン転入」画面でドメイン転入の状態が「承認待ち」になっていることを確認してください。
    転入の状態

  2. 対象ドメインを選択した状態で「選択したドメイン操作」から「認証トークン再発行」をクリックします。 メニュー選択

  3. 「01 メールアドレスの選択」タブで「メールアドレス」項目にて申請時に入力したメールアドレスを選択し、「送信する」ボタンをクリックします。 認証トークンの再発行

推奨画面サイズ 1024×768 以上