本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>RDB>クエリー情報出力(PostgreSQL)

RDB:クエリー情報出力(PostgreSQL)

PostgreSQLログにクエリー情報を出力するには、DBパラメーターグループでlog_statementとlog_min_duration_statementの2つのパラメーターを設定します。

log_statementパラメーター

どのSQLステートメントがログ出力されるかを制御します。

all すべてのステートメントをログ出力します。
ddl データ定義用のステートメント(CREATE、ALTER、DROPなど)をログ出力します。
mod データ定義用およびデータ修正用のステートメント(INSERT、UPDATE、DELETEなど)をログ出力します。

log_min_duration_statementパラメーター

ログ出力に関するしきい値を、ステートメントの実行時間(ミリ秒)で設定します。
設定した値よりも長く実行に時間のかかったすべてのステートメントがログに出力されます。

デフォルトでは無効化されており、-1に設定されています。
有効にすると、最適化されていないクエリーを見つけるのに役立ちます。

ニフクラ サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフクラ公式フェイスブックページ
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2021年10月20日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上