本文へジャンプします。

ニフクラ ユーザーガイド

ニフクラ DevOps with GitLab:アップグレード

ニフクラ DevOps with GitLabでは作成済みのDevOpsサーバーに対して、GitLabバージョンのアップグレードが定期的に行われます。

アップグレードの仕様

  • アップグレードは毎月第4水曜日 20:00~22:00 に実行開始されます。
  • 毎月のアップグレードでは、GitLab公式が提供する最新版から、2つ後方のマイナーバージョンの最新パッチバージョンを目安として提供します。
    • 例:公式配布の最新版が14.6.3のとき、DevOps with GitLabでは14.4.5を提供

緊急アップグレード

  • DevOps with GitLabで利用可能なバージョンにおいて、GitLabの緊急性の高い脆弱性を修正するバージョンが公開された場合、例外的に緊急アップグレードを実施します。
  • 緊急性の高い脆弱性とはCVSSスコアが9.0以上の脆弱性を指します。
  • 緊急アップグレードではマイナーバージョンの繰り上げを行う可能性があります。
    • 例:DevOps with GitLabでは14.4.Xを提供しているが、14.4.Xのパッチバージョン公開がなかった場合、14.5.Xを提供
  • 緊急アップグレードの際には該当するお客様を対象に通知を行います。

注意事項

  • アップグレード実行中はDevOpsサーバーの停止が発生し、ブラウザやGitなどでのアクセスができなくなります。
  • アップグレードのスケジュールを変更することはできません。
  • アップグレードせず特定バージョンに固定することや、ダウングレードすることはできません。
  • アップグレードの処理時間の目安はDevOpsサーバーの状況やアップグレード内容により異なります。通常、10~30分程度となります。
  • アップグレードによりGitLabの機能の追加・変更・廃止などが発生することがあります。これらの内容はお客様にてGitLabのreleaseノートなどをご確認いただき、ご対応いただく必要があります。
  • 予定されているアップグレードが予期せぬ理由によって正常に完了しなかった場合、DevOps with GitLabサービス側にて改めてアップグレードを行わせていただくことがございます。
  • アップグレードを行ったことにより何らかの問題が発生したとしても、当社は一切の責を負いません。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2023年2月08日時点の情報です。

推奨画面サイズ 1024×768 以上